2021年10月17日 (日)

真昼の決闘 鑑賞

Kimg5870こちらも午前十時の映画祭11で鑑賞。 Gun好きではありますが、西部劇とかはあまり観てこなかったので、タイトルも聞いたことあるような、無いような位のイメージでした。 やはり、こんな機会じゃないと観ることもないのと、映画の中で経過していく時間が映画を観ている時間と同じ位の感覚で進んでいくことが面白そう。 モノクロ作品で、出だしは牧歌的な感じの音楽で始まり、なんとものんびりした感じで進んでいきますが、タイトルのように決闘の話が出てくると時計がチラチラ映るように演出され、これがそうなんだな、と。 ワンシーンが長いとかではなく、場面は良く変わるので、緊張感もあって面白い演出。 古い作品なので、決闘には勝って終わりなんだろうな、位のイメージはあったものの、多人数相手に誰も味方についてくれず、意外なきっかけがあって話が進んでいき単純な話では終わらなかった。

2021年10月10日 (日)

三代目 豚ラーメン 

Kimg6633テレビのCMで二郎系を思わせるラーメンが出てたので、食べたくなり購入。 セブンイレブンの中華蕎麦 とみ田監修の三代目 豚ラーメン。 コンビニは滅多にいかず、まして食品もほとんど買いませんが、どうにも一度は食してみたく、そそられてしまいます。 とみ田は、つけ麺と煮干し系のラーメンを食べたことがありますが、このようなラーメンがあるのかは不明です。 

Kimg6636レンチンして、これで素の状態です。 何かとお供にして食べるなら、かなりボリューミーです。 暫く食べて卵をいれました。 書かれている、ワシワシ麺はその通りでした。 これがいいですね。  二郎の豚とは違いますが、煮豚は色も味もいいです。 もっと食べたいと感じます。 野菜はモヤシが画像のように入っていますが、てんこ盛りを希望される方は追加で自分で足すのが良いかと思います。 背脂は二郎で入っているようなゼリー状のようなのは入ってないので、物足りなく感じるかもしれません。 ニンニクも食後、臭くならないので入ってるのかいな?位のイメージでした。 個人的感想ですが、お味のほうは、二郎とはまた違う味わいでしたが、全然いけるお味でした。 これは、このラーメンとして、また食べたくなるラーメンでした。

 

2021年10月 3日 (日)

座頭市物語 鑑賞

Kimg5492子供の頃は時代劇とか、全く興味が無かったものの、なんとなく内容は知っていた有名な座頭市ですが、初めて午前十時の映画祭で鑑賞。 テレビ番組ってイメージでしたが、まず映画があったんですね。 観てみて、なんか思ってたイメージと違う重厚な作品で、ストーリーも面白い。 こんな機会がないと、まず観なかったでしょう。 モノクロ作品です。 ちょうど公開された頃から、テレビ神奈川にてテレビ放送版の座頭市物語を今も放送中。 現在有名どころの俳優陣がいっぱい出てきます。 テレビ版は歌があったり、映画のような重厚なイメージとは違うBGMで、娯楽性のある作品になってる感じがします。 冨田勲が楽曲を担当されてたのが初知りでした。 映画や、テレビでも時折出てくる博打で最終的にかっさらってくシーンは楽しくて好きですね。

2021年9月26日 (日)

ターミネーター ターミネーター2 鑑賞

 

Kimg5421 午前十時の映画祭で鑑賞。 有名な娯楽作品なので夏休み時期に合わせて公開?。 ターミネーター2は上映方法うが違うタイプを観に行ったり、テレビで放送する機会に恵まれている方なので、幾度となく観てますが、ターミネーターはCGの無い時代だったせいか、近年テレビで放送とかもなく、最近は観た記憶もありません。 何となく大筋が分かる程度。 T-800のエンドスケルトンの動いてるシーンがコマ撮りだったのは記憶に残りますね。 

Kimg5156今回2週続けて順に上映されたので、久しぶりに鑑賞。 覚えてないシーンや思い出すシーンがあり、何よりストーリーが面白い。 エンドスケルトンが動いてるシーンも体が破壊されていったりで動きが鈍くなったので、遅い動きでも違和感も無くUPでのシーンを多用したりで、良く考えられてますね。 ターミネーター2も観ましたが、テレビで見慣れていると、カットされてるシーンもあるので、全長版を観るのも面白いです。

2021年9月19日 (日)

メーター一式交換

Kimg6126ハーレーダビッドソン FLSTF FATBOYの1997年モデル。 以前エキゾーストに穴があいて交換にいたった記事を書きましたが、他にも随分前からですが、スピードメーターの距離計の液晶に支障が出てきてて、とても見辛くなっていて、これもいずれは直さないといけないことになっていて、純正のメーターは既に廃盤なっていて在庫無しとの事だったので、オークションで探すと、丁度合いそうなのがあったので、購入。 メーター、ダッシュパネル、イグニッション、キー、これを一式で買うと純正新品なら10数万!とのことなので、格安でわずか4千キロ程度の使用で程度も良かったのでラッキーでした。 手に入れて数か月持った状態で積算距離数が22万キロに近くなってきたので、メーターの距離数を変更してもらえる業者さんに22万キロ丁度で依頼。 25年目ともなると色々と不具合も出てきますが、今も快調に乗れてるのが有難い。 画像は24年以上、距離を刻んでくれた元のメーター。  

Kimg6127これが入れ替えてもらったメーター一式。 距離がなるべく合うようにディーラーさんに到着して22万1キロメートルで到着。 全ての機能に不具合は無いだろうか心配もありましたが、無事装着。 元はこんなに見やすかったんだ!と狂喜。 ウインカー、オイル、ニュートラルのインジケーターなんかも、以前は曇ってしまっていたようで、これも綺麗で、びっくり。 イグニッション周りの塗装も、以前のは全部剥げちゃってましたが、まるで新車。 イグニッションの保護カバーも、バイクを購入して割と早い段階でロックが効かなくなってしまったので、修理依頼をしたものの、これだけを直すことは出来ないとのことで、長らくそのままでしたが、もちろんロックも効くようになって、まるで新車気分で大満足。

 

2021年9月12日 (日)

2001年宇宙の旅 鑑賞

Kimg4943これも午前十時の映画祭11で鑑賞。 映画祭で選ばれたから観たようなもんで、レンタルとかだったら、永遠に観なかったかも。過去一度観た位で、なんとなく有名なシーンとかが、うろ覚えなだけで、ほとんど記憶もなく、なんとなく難解な映画位のイメージだけだった。 今回スクリーンで観てみて、子供の頃から刷り込まれた特撮番組の宇宙空間とは明らかに違う宇宙の色。 宇宙の暗く広大な宇宙空間の再現が凄い。 どの位の大きさのスタジオなのか見当もつきませんが、これはたぶん細部まで精巧に造られた宇宙船とかが、脳が本物と認識されてしまう位の再現度のなので圧倒的な空間を感じてしまう…と勝手に想像。 以前、池袋の海洋堂展に行った時にエンド近くに模型が置いてありましたが、それは2メートル位でしたか。 それも良く出来てた。 スターウォーズよりもずっと前にこんな映画があったのをあらためて実感。 宇宙の無重力のシーンとか、宇宙船内の無重量シーンとか、ちょっと脱線しますが、ドリフでもカメラを固定させて舞台が回転するコントは不思議でいつも楽しみでした。 CGもVFXもない時代にアイデアが凄いな。 AIや宇宙旅行も公開当時や自分が観たころは、まだとても信じられない時代で、今観ると、AIも宇宙旅行もしかり、実感出来る位の時代になってたりしている。 ストーリーも、良くわからんと思うシーンもありましたが、意外と流れがが分かり易いです。 一時期、話題になってたモノリスを思い出しました。

2021年9月 5日 (日)

シャイニング 北米公開版 デジタル・リマスター版 鑑賞

Kimg4530シャイニングは、大分知れ渡っていて以降に観た口ですが、午前十時の映画祭11で北米公開版を劇場公開初と言うことで、楽しみに拝見。 二時間半近い。 一回観たっきりだったので、うろ覚えな部分もあるでしょうが、確にに観たことないようなシーンがある。 ホテルに向かう景色や広大なホテルのイメージはやはりスクリーンで観ると違う。 家族を追い詰めるシーンも手に汗握るけど、幽霊のシーンもやっぱり怖い。 引き込まれる。 北米公開版でのシーンは、違う内容な印象になってしまったり、不要なシーンがあるとか賛否があるようですが、それはそれで、そのまま観るしかないので、それも面白いです。 最初にこれを観た人には、これが「シャイニング」になるでしょう。 どのジャンルの映画作品にも傑作を出せる監督ってとこが偉大な人だと思います。

2021年8月29日 (日)

イージーライダー  鑑賞

Kimg4101復活した午前十時の映画祭11で鑑賞。 DVDも持ってましたけど、やはり観たくなる。 午前十時の…と言う文句は正しからずで、自分の観た映画館では9時15分開始と早い。 10で良く行ってた映画館は概ね10時開始位だったのですタイトル通りの開始時間だと思ってましたが、今回の場所は上映開始時間が作品によって様々。 丁度上映されてた時期にイージーライダーを今の若者が観たら意味不明みたいなネットニュースが出てて、確かにドキュメンタリ-みたいな部分があるし、ラストの衝撃は別として、ストーリーとしては特に面白い展開でもないかもしれないけど、手に入れた大金を運ぶことや、若者やよそ物を快く思わない人達とか、単純明快な展開だと思ってたんですが、そうでもないようです。 ラりってるシーンも長いこともあるからですかね。 この映画で一番有名なのが、おそらくアメリカの国旗がタンクに描かれたパンヘッドのチョッパーだと思いますが、ほぼイメージにもなってしまっているステッペンウルフのワイルドで行こう!で走ってるシーンで、バイクで有名な映画位の先入観で観ると、違う印象を受けてしまうのでしょうか。 ちなみに劇中で造られたピーターフォンダの乗るキャプテンアメリカのパンチョッパーの何台かのうちのラストで破壊された物を再生された物が現存して日本にあるようです。 一時期雑誌等を席巻していたような時代もあったバイクパーツのイージーライダースは今は活動していないようです。 スティードなんかそこらで見かけるようになった時代、日本の中型アメリカンタイプここまでカッコいいデザインで出せるようになったのかと、感動したりもしましたが、乗ることはありまぜんでした。 イージーライダースって名前は明らかに映画の影響ありますよね。 バルカンあたりになると、ほとんどデザインはハーレーじゃないかと思える車体もあったりしましたが、400ccのエンジンではハーレーのような音まではマネ出来ないと思ったので、SRとかに乗ってましたね。 ついにナニコレと思うデザインにつられて初代のドラッグスターは限定解除する前の1年間だけ乗ってました。 話が脱線しました。^^:

2021年8月22日 (日)

BMW R18

Kimg2910発売前から、気になっていたBMW R18。 名前自体は、当初は、どうも違う印象の方を感じていましたが、もう慣れました。 自車のFATBOYにも繋がるようなデザインは、最近のハーレーには見なくなったようなデザインが気になってました。 最近のハーレーは、電動車、アドベンチャー、水冷化、DOHCと自分の興味とは違う方向に行ってしまっていますが、これはもう時代の流れで、会社の存続を第一に考えれば、どうしようもないことなので理解しています。 ならば、身体的なことや、旧車として、あと何年楽しめるか分かりませんが、今のハーレーを乗っていきたいです。 多分、電動車が普通になってくると、ガソリンスタンドも減り続け、旧車は高い税金がかけられるか、で乗り辛くなっていくんでしょう。 しかし、デザインは自由なので、R18ようなモデルは好物です。 発売時から落ち着いた頃、近所のBMWモトラッドで試乗車があったので、見に行きました。 今、新車を選ぶなら、これかな、とは思う車ではありますが、買う気は全くないので、試乗はせず、音だけは聞かせてもらいました。 さすがに伝統のボクサーエンジンのシリンダーの張り出しはすごい。 放熱フィンが無いので、エンジン自体は何かツルンとした物体みたいなイメージ。 サイレンサーの形状だけはどうにも気に入らないデザインでしたので、これだけは交換したいなと思う部分です。 また別エディションも置いてあったので、選べる余地はありそうです。 価格はそれなりにUPしてしまいますが。

2021年8月15日 (日)

東京マルイ タイプ M92F ミリタリーモデル

Kimg5362オート9の記事を書いた時に、ベレッタは今まで購入した事がなかった…というような事を載せましたが、ちょっと前に東京マルイのM92F ミリタリーモデルを購入。 なんで今まで買わなかったモデルを急に買ったのは、単に理由は安く買えたというだけですが、オート9とは違いオリジナル型という点では、ベレッタの名前は入ってませんが初購入ですね。 

Kimg5363 東京マルイのハンドガンのガスブロを買うのもグロック18C以来位ですか。 どれも良く出来てるんでしょうけど、なんか優等生的なイメージで卒なく出来ているような、そんな勝手なイメージがあってあまり目が行きませんでした。 一番売れているのでしょうから、価格にも反映されてるし、この価格で、やはり良く出来てます。 

Kimg5364米軍に採用テストなんかされてる頃、コンバットマガジンとかで、ベレッタの耐久性能なんか誌上でレポートしていたような気がしますが、泥の中に入れて発射耐久実験とかやってましたが、よく考えたらガバメントとかと違って、まぁベレッタのM1934のシルエットを崩さず継承していると言える大きくえぐったスライド。 これだけバレルがむき出しなのに、精度が凄いんでしょうか、異物が詰まり難かったのもあるでしょう、正式採用になったのは今更ですが優れていたんでしようね。  

Kimg5365今までまともに手にしたことがなかった(知り合いの物とかはありましたが)ので、ガバメントと同じ位のサイズとは聞いたりした記憶はありましたが、あらためて手にして考えると、ガバと単純にサイズを比較すると、なるほど同じ位。 しかし、グリップが複列弾倉になっているので、握り易さは全然違ってM92Fの方が分厚く握り難い。 今のポリマーフレームタイプなんかは多弾数でも握り易いですが、二つを比べるとGMの方が握り心地がいいです。  

Kimg5366_20210815110801 マルイにはもう一つベレッタ型で、U.S. M9ピストルがあって、そちらはハンマーデコッキング機能があって、HOPも調整出来るので、これは廉価版って感じなんでしょうか。 手持ちのスライドの刻印見ると、U.S. 9㎜ M9と刻印されていて、なんか良く解らん…。まぁ自分はガスブロで遊んでるだけなので、あまり気にはしないいですが。^^ さすが、ガスタンクが大きいのか、結構バシバシ作動します。 やっぱり、優等生だな。

 

 

 

«空手バカ一代

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ