2022年1月16日 (日)

サンダーバード55 鑑賞

Kimg8954今の自分のぺースで記事にすると今回の記事も半年先位になってしまいそうなので、たまには新作を記事に。 7日に公開になって上映中のサンダーバード55観てきました。 ネタバレ多少有りますので、ご注意下さい。 公開を知ったのは、昨年劇場へ行った時にチラシを見つけて前売り券が売っているのを知って購入した程度で映画館に行ってなければ気づかなかったかもしれません。 テレビで紹介されたり、東京MXテレビではベストセレクションと言う形で公開記念に、今も時折放送されてます。 V3も放送してくれている局で、嬉しいですね。 ついにデストロンに長らく不在だった「仮面ラーイダV3」の宿敵の幹部も登場しました。 話戻って、今時のサンダーバードならCGも有かななんて思っていたら、なんと当時と変わらない手法とのこと。 完全新作としながらも制作は2015年にイギリスで制作された作品を再編集となっていて、年数が経ってますが、日本では未公開作品だったため、完全新作と言うことでしょうか。 画像はムビチケ、特典キーホルダー、一週目来場者プレゼント、チラシです。  

Kimg8955冒頭で制作の元になった当時のオリジナルドラマの入ったレコードのエピソードからのストーリーである紹介がある。 日本でもソノシートなんかにオリジナルドラマなんか短編で入っていることがよくあったので、個人的には、あるあるですね(新聞の記事にはラジオ用ドラマの脚本を基にとなってます)。 その為、それが触れられてなかったら、若干異質な作品に感じます。 最初の「サンダーバード登場」は、ペネロープをトレーシー・アイランドに招待して、何も起きてないのに発進する各メカを見て頂くという豪華なおもてなし。 ビデオも一般的でない時代、レコードを聴いて1号から5号まで短編で全てを堪能出来るエピソードになっているのが特徴なので映像で観ると不思議な感覚もあります。 「雪男の恐怖」は、普通にエピソードとして有りそうな作品。 「大豪邸、襲撃」はレディ・ペネロープが活躍する話。 ロールスロイスはFAB-1と言うよりペネロープ号と言った方がしっくりする。w これは国際救助隊が活躍しないと言う意味で、また変わったエピソードになってます。 人形の糸も、見えるそのままですし、当時の作品と言っても全く違和感ないです。 気になったのは、スクリーンのサイズがブラウン管時代のテレビの4:3位のサイズで劇場で観るとかなり狭く感じます。 オリジナルへの徹底したオマージュでしょうか、横長になるセットの予算もかかるでしょうし、2015年の事情も分かりませんが、シネマスコープサイズも観てみたいですね。 

Kimg8956手足のアップシーンは実際の手だったり、この辺も当時のままで思い出しますね。 サンダーバードと言えば本編のサスが動いたり、車両からのリアルな噴射、噴煙シーンなんかが只のミニチュアではなく衝撃的でしたが、ウルトラセブンやマイティジャック等、円谷プロに影響を与えたのも頷けますね。 サンダーバードも無理でしたが、円谷英二が確か言われたと思う、水と火だけはミニチュアサイズに出来ないと言うエピソードを思い出します。 車両も大小多種造られたようで、FAB-1でパーカーとペネロープが会話している時のFAB-1のミニチュアがイメージ、ゴーカート位はあったのはビックリでした。 

Kimg8957また、サンダーバードと言えば再放送に恵まれたので、長きに渡っておもちゃが販売されていて、電池で動くメカを買ってもらったり、イマイのプラモデルは買いましたね。 秘密基地はとても買えないので、人形付きミニモデルや、ミニ車両付きコンテナとか良く買いましたね。 地味ながらも意外に好きだったのが、高速エレベーターカーでした。 全国で観る事は出来ますが、観られる劇場がやや限られているので、そのためか配信もされているようなので、行けない方も鑑賞出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

2022年1月 9日 (日)

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ 鑑賞

Kimg8887新年あけまして、落ち着いてきましたので、今年も再開いたしますので、よろしくお願いいたします。 落ち着いてきたと言いながら、先日4年ぶりの降雪と言うことで、まだ日陰にはアイスバーンになっている所があるので注意です。 最近は映画ネタが多くなっていまして、昨年は結構劇場に通ったのが理由ですが、今回の007のように時が過ぎると、内容の記憶も薄らいできます。 今週も特撮を一本観る予定です。 007はずっと見続けている訳ではなく、劇場で予告を見て単にバイクのアクションシーンが面白そうだと思って前売り券を購入。 画像のムビチケには、2020年4月10日公開となってますが、コロナの関係でそれから、約1年半後位の公開、去年の秋ごろに観ました。 国内ではそれよりも前から映画鑑賞は出来てましたが、ネタバレ等出てくるので、全世界か、主要国で公開が可能になってからとの策なんでしょう。  

Kimg8888 過去の007を劇場で観たような観ないような、あるいはテレビで見た記憶があるのは、「私を愛したスパイ」で、随分古い作品になります。 ジェームズ・ボンドで言えばロジャー・ムーアになります。 リチャード・キールが演じるキャラはとてもインパクトが有って印象に残ってますね。 もともとスパイ、FBIの映画とかあまり好きではなく、それ以来は劇場では観てません。 ジェームズ・ボンドと言えばリアルタイムではありませんが、ショーン・コネリーがイメージされる世代です。 それは毎日のようにどこかの放送局で午後9時辺りから放送される映画で時折放送されていたので、見ていたからでしょう。 今と違い、配信やレンタルはおろか、ビデオデッキすらも無い時代だったので、その時間に真剣に見るしかなかったのです。 そのショーン・コネリーのイメージが強すぎて、その後の007はほとんど観ることがなく、今回観たのがダニエル・クレイグ最後の007でした。 楽しみしていたバイクのスタントシーンは割と冒頭のシーンで終了していまいますが、さすがに最新の映像だけに最後まで凄いことになってます。 最後の007と言うことで終盤はあんなことになってしまいますが、そうなる前になんとかならんか~とか思いながらも、初ダニエル・クレイグの結構ショッキングな作品でした。 良かったので、過去作品もレンタル等で見ようかと思います。 

2021年12月19日 (日)

隠し砦の三悪人 鑑賞

Kimg6202午前十時の映画祭で鑑賞。 黒澤作品でスターウォーズに参考にされた位のイメージ位で、今まで観る機会もなく、今回が初でした。 スクリーンでの迫力はもちろんですが、最初の方の城を物凄い数の人が駆け下りてくるシーンは圧巻。 怪我人はでなっかのか気になる位。 砦は、ここって日本なの?って思う位見たことない地形で、石が蟻地獄のように、滑るシーンも印象に残る。 地形を知る者には、そうでもない所も面白い。 絶体絶命で、このあとどうなるかというストーリーも絶妙でした。 リメイク作品もあるので、いずれ観たいと思います。 姫は、今の時代にも通じるような、きりっとした顔立ちの女優さんながら、あまり他の映画とかで拝見したことがないので、誰なんだろう??と、調べてみたら早い段階で引退されていたんですね。 あと、個人的朗報。 午前十時の映画祭が来年度も決定!。 まだラインナップは決まっていませんが、楽しみです。 さて、今年も早くも終わりが近くなってきましたので、暫くお休みして年明けして落ち着いたらまた再開いたします。 今年も立ち寄ってご覧頂いた方々、ありがとうございました。 良いお年をお迎えください。

2021年12月12日 (日)

「復讐者たち」 「ホロコーストの罪人」 鑑賞

Kimg82522作品とも夏ごろに公開されていた映画です。 共に、公開されてた劇場も少なかった作品。 Kimg5134 復讐者たちは、主に大戦中の話ではなく、戦後にドイツ人を軍人、民間人関係なく一気に復讐しようとする計画。 感情的にはセリフの「600万には600万を」の気持ちはわかる気がする。 史実とのこと。 最近は史実にのっとった作品が多い気がします。 ホロコーストの罪人も実話。 収容所での残虐な行為が、恐ろしい。 両作とも、知った俳優が出ていたりすることはないですが、安っぽい映画ではなく見応えがありました。

2021年12月 5日 (日)

ジャン=ポール・ベルモント

Kimg8064画像は特にタイトルと関係はなく、最近レンタルした氏、出演の作品に刑事役が多かったので、何かないかとただ、思いついた画像です。 以前記事にしたかも、ですが、ハンドカフは200円のダイソー製の物ながら、エアーガンと並べるとそれっぽく見えますか。w ちなみにメタル製で、キー有り無し、どちらでも開錠出来、意外に良く出来てます。 残念ながら、お亡くなりになりましたが、夏ごろにレンタルDVD店に、旧作が生産されて新作扱いで、ジャン=ポール・ベルモント出演作品が5作品ほど、並んでいたので、これまで殆ど、観たことがなかったので、幾つか観てみました。 自分が観たアクション映画では世代がちょっと上だったので、ほとんど観ることがなかったのですが、名前の響きや、顔立ちとか、印象に残る俳優さんでした。 個人的にはMGCのチラシとかにガンを持った数々の俳優に似た人のイラストなんかの幾つかのイメージが強く残っていたりします。 で、レンタル店で、ずらりと新作として並んだケースの、銃をかまえた姿や昔の映画ポスターのようなタイトルケースにひかれるものの、昔の映画なので過度な期待はしませんでしたが、ガンアクションもちろん有り、カーアクションなんかも結構見応えがある。 特に「恐怖に襲われた街」では、ビルや屋根伝い、ヘリなんかのシーンとか、本人が演じているようで、これどうやって撮っているんだろうと緊迫感あります。 撮り方の工夫や、見えない所に安全な場所を設けてあるのかもわからない位、ワイヤーなんかも無い時代でしょうし、特に窓から落ちそうになったり、屋根伝いに飛んだりするシーンは、マジで股間がヒヤヒヤしました。 他の作品も観てみたくなりました。 自分が観たいくつかにZ1が出ている作品がありました。 Z1,Z2好きな方なら現役時代に動く姿が拝見出来ます。

2021年11月28日 (日)

ポンデリング

Kimg7879甘い物は嫌いではないのですが、特に食べたくなるようなこともないので、ミスドとかはほとんど利用がないのですが、無料チケットが手に入ったので、食べた事なくても、名前だけは耳に入ってくる独特な形状をしたポンデリングを食べてみようとミスドに行ってみる。 ホットドッグなんかもあるので、甘い物苦手な人もOK。 テイクアウトで冷めた事もありますが、パン生地が、個人的なイメージですが、フランスパンのように固い感じで、歯に自信がない自分には、ちと食べにくい。w 

Kimg7881甘くないパイもあります。 サクサクとおいしい。 難点は、仕方ないのですが、生地がポロポロ落ちまくるところ。 テイクアウトで周りを気にする事がないので、最後は集めて食べましたが。w 店舗に依っては、パスタや麺類を選べるお店もありました。 

Kimg7880初ポンデリング。 お味は粉砂糖がかかった、どこかで食べたことのあるような味でしたが、食感がモチモチ!。 これはうまい。 くびれになってるところを区切りにして食べていく。 生地に秘密があったんですね。 値段もこなれてるし、人気でしょう。 他の種類のポンデリング食べてみたくなった。

2021年11月21日 (日)

アラビヤン 焼きそば

Kimg7309テレビでアラビヤン焼きそばが紹介されていて、千葉県の一部地域で絶大な人気があるけど、千葉県でも知らない人がいる地域も。 自分は店頭で見かけたことはある位で、ほとんど食べた記憶はないけど、袋のイメージからローカルっぽい商品だなぁとは思ってましたが、食べるとおいしそうなイメージはあった位。 ちなみにアラビアンではなく、アラビヤンです。 テレビ見て、どこが違うのか、食べてみたくなり、スーパーに。 やっぱり普通にありました。^^: サンヨー食品のサッポロ一番ブランド。 メジャー製品ですね。 製造所になっている所が大人気になっている地域なので、その辺が関係してそうです。 どの焼きそばもそうだと思いますが、やっぱり付属のソースが決め手ですね。 ローカル商品かと思いきや、全国販売しているので、知らない人は行くスーパーで取り扱いがないだけかと思われます。 スーパーでは袋麺の取り扱いが減ってきているので、生き残ってほしいですね。

2021年11月14日 (日)

アウシュビッツ・レポート 鑑賞

Kimg7484もう、夏ごろの鑑賞になります。 どこでも上映されてる作品ではなく、なんとなく見つけて鑑賞。 冒頭の門のシーンでギョッとさせられる。 実話を基にしていて、ホントにこんな恐ろしい所から、どうやって逃げ出すのって位。 隠れ方が意表をつきますが、そこからどうやって外に出るのか。 大作ではないけれど、過酷な状況が伝わってくる作品。

2021年11月 7日 (日)

元祖 紅ショウガ天 柿ノ種揚 

Kimg7257紅ショウガ天って、どこでも食べられるイメージはないので、初めて食べた時、あまりのうまさでした。 天ぷらって魚や野菜を揚げるような思い込みでしたが、これを最初に始めた人のアイデアが凄いです。 スーパーでこんなお菓子を発見。 あまり見かけないので、お試しに購入。 値段は少々高めです。  

Kimg7258柿の種形で、色味もいいです。 お菓子なので、食感は違いますが、味は紅生姜パウダーを使っているので、それらしいです。 メーカーは大阪だけど、意外に千葉で造られてました。

2021年10月31日 (日)

天下一品 こってり カップラーメン

Kimg7032西日本先行発売でしたが、10月25日、全国発売と告知されていたので、待ちました。 予定通り購入。 カップめんとして、手軽に食べられたらなぁ~、なんて漠然と思ったりしてましたが、ついに現実に。 

Kimg7033中身はこんな感じ。 スープの入れ方や、待ち時間なんか、普段あまり気にせず、作ってますが、今回は、スープ類の入れるタイミングや、出来上がり時間もスマホのストップウォッチで正確に計る。 それも楽しく感じる。 スープ類が3種もあるせいか、少々値は張ります。 でも、カップラーメン自体、最近はほとんど食べてませんでした。

Kimg7034待ち時間終了して、出来上がりはこんな感じです。 スープの色とか、いい感じです。 で、実食。 味は、そのものズバリではないです。 それは、先行販売で食された方の話を見ていたので、分かっていたので全然問題なかったです。 でも、全然違うとかではなく、感覚的な話になってしまいますが、悪くない味です。 とろみはありますが、ゼラチンが入っており、お店のとろみ感とは違う感じです。 麺が一般的なカップ麵のノンフライ麺なので、お店とも違いますが、お店とは価格が全然違いますので、この価格で手軽に食べられるのは有難いです。 ちなみに持ち帰り出来る家麺は、お店で食べる物と変わりなく、スープは確か、なるべく冷蔵庫保管して下さい・・・のようなことが書いてあったので、ある程度日持ちしそうなので、このスープがそのままカップラーメンに同封されれば一番ですが、カップラーメンは天下一品で製造ではないので、ちょっと無理ですか。 食べたことはないですが、レンチンラーメンなんかもありますが、これをコンビニで取り扱ってくれれば一番ですが。

 

 

 

«珍しい光景

最近のトラックバック

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ