« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月23日 (日)

マルシン、Cz75、ガスオペレーション

P1010006_3 マルシン製、ガスガン、Cz75、ガスオペレーションタイプです。今は、消滅しましたが、一時代を築いた?、ライブカートリッジで、排莢を楽しめるモデルです。最初に出たガバメントも良かったですが、ガスタンクの容量の確保もあるので、カートリッジが45ACPには程遠いサイズで、リアル感が今ひとつでしたが、このモデルは9ミリカートなので、概ねリアルです。只、マガジン後部にあるフレームハウジング内のガスタンクが大きいので、実銃サイズより,部分的に大きい所もあるようですが、他メーカーのモデルガンなどを手にした事が無いので、特に不満は無かったですね。P1010007_2ただ排莢を楽しむために購入したようなもので、モデルガンのような不発、面倒なメンテナンスをせず、バラバラとカートが飛んで、ブローバックする姿は良いですね。ただ、一発毎のガス消費量が物凄く、ガスの宿命で、冷えると、普通のガスガンよりも、数発でへたってしまいます。外気の高い時で、1マガジン位がいいとこでしょうか?。撃った後は、快感ですが。そこで当時は、エアータンクや、グリーンガスといった物に、挑戦しましたが、これらは相性が悪いらしく、壊れてしまいメーカー送りになってしまったので、今は時折ガスで楽しんでます。もう古いモデルになってしまいメーカー対応も終わってしまったので、大事に使いたいと思います。マガジンキャッチも弱いらしく、そのままぶち込むのは避けてますね。ハドソンが火薬無しで排莢を楽しめるM1や、M14を発売しているので、ちと興味ありです(音が寂しい・・・)。なんとか、連発に対応したモデルで、外部ソースでも構わないので、マルシンさん、技術を生かして、NEWモデル出して下さい。^^

2006年4月21日 (金)

ホンダ軽自動車初代トゥデイJW1

360cc時代全盛の軽から、暫く新型を出していなかったホンダが、久しぶりに出した軽自動車、初代のトゥデイGタイプ(JW1)です(当時は今とサイズも違い、550cc)。タミヤのプラモですが^^;。まぁタミヤがプラモで出す位ですから、割と市場での実車の人気も感じ取れます。P1010006_2 しかし、スナップキットで、本格プラモでは、有りませんが、タミヤなので、出来は良いです。まぁ作り手が、悪いので、画像の通りですが・・・。この角度は好きですね。モトコンポも有りますが、同時期に所有した事はなく、逮捕しちゃうぞ、の大ファンと言う訳ではなく、デザイン、コンセプト好きが高じただけです。’87~5年間乗りましたが、良い所は、かわいい、カッコイイ、目が丸目で、奥目なとこ。ワンハンドのFワイパー。軽の割りに中が広~い。超低い車高。などなど乗ってて楽しかったですね。長~いドアも軽らしくなく、周りの評判も高く良い相棒でした。デメリットもある訳で、兎に角エンジンが非力。OHC2気筒で、エンジンのグレードが無かったので、これのみ。27馬力位でしたっけ。この当時のホンダの理念?で、ターボ付き等は望めず、特に加速の悪さは、エアコン付けて、人乗せると、遅かったですね~。社外で、ターボキットなんて有りましたね。しかし、いじったりせず、この後はカプチーノに乗り換えますが、このデザインで、現代に甦らせて欲しい位、好きな車です。

2006年4月14日 (金)

ホンダ モトコンポ 

P1010006_1   ホンダのモトコンポです。車の初代シティと同じ頃のデビューだと思うので、80年代初頭の頃の車ですかね。古いです!。フェラーリのシールはお遊びです。もう10年以上前に購入した物ですが、無くなると持てはやされる物で、いまでも人気あるみたいです。ですが、はっきり言って日常の足で、スクーターのように使用するのは、辛いです。今でも割と快調に動きますが、MAX40キロちょい、通常30キロちょい位のスピードで走るのが、いいとこです。が、実用メリットも有ります。夜、飲んで車を置いて帰って、翌日モトコンポで取りに行って、乗せて帰って来るとか、軽でも積めるので、元は取った!?。新車出荷時は、新車で買ったことのある知り合いに聞いたらダンボール箱に入っていたらしいです。長らくほっといて不調の時期もあったけど、千葉県の某ISO取得のバイク屋さんに修理を依頼した所、運良く新品パーツが組めたりで、快調にしてもらい2,3ヶ月乗らなくてもキック1~3発でかかります!。しかし、雪の日に乗ると、あまりの寒さか、雪が付着するのか、スローダウンして、そのうち止まります。何でだろ!?。どなたか解りませんか?。ホンダも今風な形で、モトコンポのようなコンセプトの折り畳みバイクをまた、発売してくれないかなと思う今日この頃。

2006年4月 9日 (日)

松本零士OVA版戦場まんがシリーズ

P1010009 松本零士のOVAの戦場まんがシリーズをアニメ化した作品です。小学生位の時に、当時のどことなくいい加減なメカ描写の多いマンガの中で、メカの書き込みの凄さは圧倒的でした。他では、望月三紀也は好きです。OVAでこういった作品が見られたのは、良かったです。成層圏気流、音速雷撃隊、鉄の竜騎兵がアニメ化されましたが、10年以上前の作品となり、その後は続編など出ていないと思いますが、まだアニメで見てみたい作品もあるので、また復活して欲しいです。深夜アニメでもいいですね。ストーリーもさることながら、アニメでしか感じられない、レシプロエンジン最速、Ta152のノーズの長いカッコよさ、桜花のスピード感、一式陸攻のやぼったい美しさ、国産ハーレー、陸王のエンジン音、などなど、時折、引っ張りだして見ています。しかし、死ぬのが、分かっていて戦闘しなければならない悲しさ、男の友情は、涙なくしては見れませんね。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ