« 松本零士OVA版戦場まんがシリーズ | トップページ | ホンダ軽自動車初代トゥデイJW1 »

2006年4月14日 (金)

ホンダ モトコンポ 

P1010006_1   ホンダのモトコンポです。車の初代シティと同じ頃のデビューだと思うので、80年代初頭の頃の車ですかね。古いです!。フェラーリのシールはお遊びです。もう10年以上前に購入した物ですが、無くなると持てはやされる物で、いまでも人気あるみたいです。ですが、はっきり言って日常の足で、スクーターのように使用するのは、辛いです。今でも割と快調に動きますが、MAX40キロちょい、通常30キロちょい位のスピードで走るのが、いいとこです。が、実用メリットも有ります。夜、飲んで車を置いて帰って、翌日モトコンポで取りに行って、乗せて帰って来るとか、軽でも積めるので、元は取った!?。新車出荷時は、新車で買ったことのある知り合いに聞いたらダンボール箱に入っていたらしいです。長らくほっといて不調の時期もあったけど、千葉県の某ISO取得のバイク屋さんに修理を依頼した所、運良く新品パーツが組めたりで、快調にしてもらい2,3ヶ月乗らなくてもキック1~3発でかかります!。しかし、雪の日に乗ると、あまりの寒さか、雪が付着するのか、スローダウンして、そのうち止まります。何でだろ!?。どなたか解りませんか?。ホンダも今風な形で、モトコンポのようなコンセプトの折り畳みバイクをまた、発売してくれないかなと思う今日この頃。

« 松本零士OVA版戦場まんがシリーズ | トップページ | ホンダ軽自動車初代トゥデイJW1 »

コメント

あぁっ♪懐かしい!あっ、今、下の記事にもコメントを書いて来ましたHN「そーす」と申します。m(_ _)m

赤い「モトコンポ」のボディに「フェラーリ」の黄色いシールが意外と似合っていますね♪

僕は現在「ホンダゴリラ・リミテッド」を持っていますが、「再販前のモデル」なので、バッテリーが、「6ボルト仕様」(再販モデルは12ボルト仕様)ですので、一旦、バッテリーがあがっちゃいますと乗れませんので、時々、乗る様にしていますが、こちらは燃料タンクには9リットル入りますし、最高は時速60km弱まで出ますので、マンホールの蓋などを越えた時のゴツゴツ感さえなければ、結構遠くまで出かけられます... ^^;

しかし、モトコンポのコンセプトはクルマに載せられるという発想なので、ゴリラと比較する方がおかしいですよね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/9590541

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ モトコンポ :

« 松本零士OVA版戦場まんがシリーズ | トップページ | ホンダ軽自動車初代トゥデイJW1 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ