« 合掌 実相寺昭雄監督 | トップページ | ホンダVT250F »

2006年12月25日 (月)

ルソーの見た夢、ルソーに見る夢

絵心という物は全くないのですが、ルソーの熱帯樹林の作品には強く惹かれる物が昔からあり、実際に行ったわけではないようで、むしろそのイメージだけの熱帯樹木の毒々しさ、厚み。描かれる動物の配置。人を襲う豹が、その当時の雑誌の模写なんて裏話にも、興味を持ち、樹林の向こうの夕日や、広大なその向こうを想像させる空間などがお気に入りです。熱帯樹林物は何点かありますが、どれも見入ってしまいます。

録画した番組を見ていて、CMで世田谷美術館で、なんとルソーの美術展が開催されていると知り、開催は長かったのですが、気づいた時は、残り後わずか、実物が見れるなら行かねばとばかりに、行ってきました。

平日に行ったので、空いてるかと思いきや、かなりの盛況で、実物はかなりの大きさだった、「熱帯風景、オレンジの森の猿たち」もそうじっくりは見れませんでしたが、実物が見られたので満足です。

帰り、ショップでこれをモチーフにしたグッズを買ってバイクで帰ってきました。首都高、用賀の直ぐ近くで分かり易くて、GOODでした。砧公園に位置し、砧と言えば、円谷プロと縁の深い場所などと、関係ないことを考えながら走ってました。

P1010220 P1010219 P1010217_2

« 合掌 実相寺昭雄監督 | トップページ | ホンダVT250F »

コメント

そーすさま。コメントを頂きながら、12月に入り忙しくなり、ご無沙汰しておりました。
実相寺作品のウルトラシリーズは、特に一風変わった作品が多いので、好きなんです。遺作を見る機会があれば楽しみです。
怪獣ソフビもオリジナルが高価なので、復刻版が数多く出されて今は、大分落ち着いたようです。
すき焼きの残り汁は、旨みが付いていて、麺類や、ご飯を玉子でとじたりと、活用出来て、二度おいしい!ですね。

レジスタンスにパラシュートで落とした簡易ピストル有りましたね~。
リバレーターだか、リベレーターとかって名前で中身を開けると、誰が見ても解るように、イラストの説明書が有って、水道管と、鉄板の切れ端を溶接しただけのような、簡単な造りで、これを使って敵の銃を奪い取れ、みたいな用途だったと思います。
確か、アドベンが、キャスト製で、販売してました。
口径がそうそう、45ACPで、バレルの長さを考えると当たれば、マンストッピングパワーで一撃必殺でしょうが、ライフリングも無いでしょうし、キックバックを考えると怖いですね~。

JACは、昔懐かしいカリフォルニアハイウェイパトロールのTV番組、CHIPS(だったかな?)が流行っていた頃、米バイク警官の衣装を販売して、各州の衣装などで、一時代を築いていました。
その当時は、バイクも乗れない年だったので、購入までにはいたりませんでしたが。
お金もないし、衣装買うなら、多分、モデルガン本体を買っていたでしょうが・・・。

モーゼルM712は、8ミリBBだと実際の口径超えてますが、バレルの出来はいいと書いて有りましたね。
そろそろ、Gun誌類が発売になる時期なので、またまた立ち読みでチェック!?です。
それでは、また。
いつも楽しいコメント頂きありがとうございます。^^


fatboyさん。こんにちは。お久しぶりです。 ^^
実相寺監督がお亡くなりになられた事もそうでありますが、モデルガン界の大御所であった六人部氏も昨年でしたか? 今年でしたか? お亡くなりになられましたよね・・・(_ _。)・・シュン

何か、2006年は、僕達が幼い頃に活躍しておられた、芸能人の方達から、俳優さんまで、各界の大御所の人達も大勢、お亡くなりになりましたよね・・

そういう才能がある方達が逝ってしまうという事は、その人が持っていた、技術や才能のすべてが無に帰してしまうのと同様でありまして、その後を継ぐ人材に、その才能のすべてが伝えらていれば良いのでありますが・・

話は変りますが、僕は、こういう絵画と接する機会はほとんど皆無ですので、fatboyさんの様に、こういう絵画展を博覧してくる事も、何か一つでも、自分の感性を刺激してくれる事がある様な気がしまして、有意義な事だと思います。^^

それから、僕は丼物も大好きですが、あのダシの良く出た「鍋物の残り汁」っていうのに色々と放り込んで食べるのが大好きなのです。^^

そうでしたか~!あのレジスタンス用に連合国軍が空からばら撒いたリベレーターとかいうハンドガンはアドベンからキャストモデルとして発売されていたのですね~・・ 全然知りませんでした.. ^^;
それで、そうそう!「相手の銃を奪い取れ!」みたいな使われ方だったという事をfatboyさんが書いてくれたので、思い出しました。^^;
あれを実際に撃ちますと、fatboyさん御指摘の通り、バレル長も無きに等しいですし、BLKというメカニズムさえも組み込まれていない様な構造だった様ですので、さぞや、手が痛かったと思われますよね.. ^^;

ああ!そう言えば、テレビ番組で「CHIPS」っていう、カリフォルニアのハイウエイパトロールのバイクで活躍する二人の隊員を元にした番組をやってましたよね♪
なるほど~!JACはそういう衣装まで取り扱っていたのですか~。

確か、その頃、イギリスの警察官2人組が活躍する「スタスキーandハッチ」っていう番組もテレビで放送されていた様な気が致しますが、僕はあのアメリカのテレビ番組のハイウェイの景色とは少し風景が違う、イギリス?が舞台のTVドラマも食い入る様にして観ていました。^^;
なぜだか?ドラマの中の風景の中に、兄が当時乗っていた、昭和48年頃に販売されていた、トヨタの通称「ダルマ・セリカ」が写っていたりしまして、イギリスじゃ日本のスポーツカーって結構人気があるんだな~って、嬉しく観ていた記憶があります♪ ^^

又々、話題は変りますがマルシンさんのモーゼルM712は、発売されましたら、是非とも押えておきたい一つですよね♪
そうですよね、8ミリのBB弾ですと、実物のブレッドのサイズより大きいですよね.. ^^;

おお、そうですね。もう、書店には2007年2月号が並んでいる筈ですよね。僕も書店でチェックして来なければ.. ^^

それと、以前、僕の馴染みのショップのオーナーさんに、僕が「モデルガンとか、ガスガンって、夏が一番売れるのですかね?^^」って聴きましたら、オーナーさん曰く、「いや、お年玉を貰った子供達が、普段、欲しかった品物を、お正月前後に沢山、買ってくれるから、ガスガンみたく、冬はパワーが充分出ないものでも、やっぱり、一番売れ行きが良いのは、お正月前後ですよ♪」という話を聴いた事がありますから、今頃の時期からが、地方でShopを経営しておられるオーナーさんや、店員さんも「頑張らねば!」ですよね.. ^^;

いよいよ今年・2006年も残すところ、後、数時間となって参りましたが、この「fatboy 趣味の館」を見つける事が出来て、本当に良かったと感じています。^^
fatboy様、2006年を楽しい話題で盛り上がらせて頂きまして本当にありがとうございました。m(_ _)m

引き続き、2007年も宜しくお願い致します。m(_ _)m

それでは、又、来年も今年同様に遊びに寄らせて頂きますので、どうぞ宜しくです。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/13195703

この記事へのトラックバック一覧です: ルソーの見た夢、ルソーに見る夢:

« 合掌 実相寺昭雄監督 | トップページ | ホンダVT250F »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ