« ターミネーター2、ハーレーFATBOY | トップページ | ホビーフィックス、メガウエイト、ガバメントナショナルマッチ »

2007年1月14日 (日)

ハーレーダビッドソンFLSTF1997FATBOY、その2

P1010176 昨年秋ごろのFATBOYです。どこが違うかと言うと、フロントフェンダーが有りません。9年も乗っていると、塗装傷や、錆も出てきて、知り合いの自動車整備工場で直してもらえることになり、フェンダーレスもカッコイイので、このまま乗っていましたが、雨の日に全部、水が体に襲い掛かってくるのや、そのためのガムテープや、普段の走行で、砂利跳ねによる、傷も予想されるので、修理も終わったので、そろそろ元に戻そうと思ってます。

取り付け、取り外しは、簡単ですが、付けたら多分もう、外さないでしょうね~。ワイルド感も良かったですが。

写真のバイクの後方が、「木更津キャッツアイ」でお馴染みの、「赤い橋」になります。

写真のバイクの向こう側は、海で、釣り人がいたり、散歩している人がいたり、のんびりした良い雰囲気の場所です。

« ターミネーター2、ハーレーFATBOY | トップページ | ホビーフィックス、メガウエイト、ガバメントナショナルマッチ »

コメント

そーすさま、こんばんは。^^
チョコバットは、当時それほど、食べたわけではありませんが、全国展開されていたかは謎です。
小学校の2~4年生位までは、京都に住んでいましたがそこで食べた記憶は不明ですね~。
この頃は、そこれそ仮面ライダースナックを買い捲っていましっけ。
こちらでは、コンビニや、普通のスーパーで、チョコバットは今、買えますね~。
多くの駄菓子やさんは、残念ながら、姿を消しましたが、今はコンビニで主力商品?のようです。
今、修理しているのは、TOP・MP40ですね。
先日、機関部のみ発送したので、電話で調整があるので、本体ごと送ってほしいと言われ、今日送ったので、まだ直っていませんが。
送料は個人負担ですが、TOPは良心的メーカーで、前回も無料で直していただけました。
本体を送れば改良部品も直してもらえるようです。^^
日本のガバメントの本は、正式名は、「ガバメントの本」でした。
HFのガバを5丁も所有されていれば、一度見て頂きたいですね。^^
お持ちのHFガバも大切に保管されているようで、いいですね。
やはり、もろい亜鉛なので、酸化防止が一番ですね。
亜鉛は20位で、崩壊が始まるようで、自分も使い方も酷かったものは、年数が経つと、作動で割れたり、知らぬ間にヒビが入ってたりショックでしたっけ。
自分も金スプレーを掛けて塗装にチャレンジしたことが、ありますが、同じく分厚くなり、難しいですよね~。
離して薄く何回か、掛けるか、エアブラシなど使えばいいかと思いますよ。
Gun誌のガバも、最メッキより、塗装を上手くかけているようですね。
そうですね~、付録のDVDがMG42のレポートだったので、考えましたが、今のところ買っていません。^^;
SWで購入したのは、M59は確か、MGC、M39はマルシンのキットだったかな。
M39のキットは、お手ごろな値段だったので、奮発して、アメ横でMGCではランダルカスタムを買い、一日で2丁買うと言う贅沢をしたので、妙に記憶に残っています。
そうそう、銃の知識がないまま、ボルトアクション張りに、サイトに顔を近づけて、ハンドガン類のBLK系を撃つと、危ないですよね~。
知識はあっても、M16なんかは、ボルトとボルトを引くハンドルが別になっていて、その部分は顔に近いので、このハンドルをレシーバーに止めているロック部分が外れやしないかと、これもちと気になるパーツでしたっけ。
ルガーはその点、OKですね。^^
店に冷やかしで覗いたら、マルシンのモーゼルは売り切れでしたね~。
姿だけでも見たかった。
クリント1をお持ちですか。^^
国際のも良かったですが、仕上げで美しさが増しますね。
やはり、同じく金属オートは永遠の憧れです。
なんと、マルイのRC戦車を手に入れましたか。^^
良品な中古を買える馴染みの店がありうらやましいです。^^
CZも美しそうですね。
店頭でブルーフィニッシュされた限定物がありましたが、目を引きます。^^
それでは、またお立ち寄り下さい。
ありがとうございます。^^


fatboyさん。おはようございます。^^
このハーレーダビッドソンFLSTF1997FATBOYはピカピカで、重厚感に圧倒されますね~。^^
フェンダーが装着されていませんと、結構ワイルドな感じがしますね。^^;
美しい背景とピカピカのハーレーの車体がマッチしていて、とても綺麗な写真ですね~。^^

なるほど~。チョコバットはコンビニか、スーパーにあるかもしれないのですね。^^
情報をありがとうございます~。探してみます。^^
それで、入院しているのはTOPのMP40だったのですか。^^
何だか、とても良心的なメーカーさんの様で、きちんと直してもらえるという安心感の様なものがこちらまで伝わって来る様です。^^
早く退院してくるといいですね。^^
おお。あのガバメントのムックのタイトルは「ガバメントの本」だったのですか~。
僕が最近、立ち寄った書店には置いてありませんでしたので、書店で在庫を確認して取り寄せていただかなくてはいけませんね・・これは・・ ^^;
それで、HFのガバメントは考えられる最良の方法はまあこんなものかな~。という感じで保管しておりますが、亜鉛合金ですので、どうしても、モデルガンの大きさやパーツの形状なども複雑に影響するのでありましょうが、僕が以前、持っていたマルシンのCOLT SAA 45のアーティラリーモデルは、なぜだか、ハンマーとトリガーに、金メッキがかけられておりませんでして、早撃ち競技に「ファニング」という、トリガーを引いたままで、ハンマーを起して撃つというのがありますが、あれを真似してハンマーを起したところ、ポッキリ!とハンマーが折れてしまった事がありまして、やはり、無理な力を加える事は避けるべし。(T-T)という事は、金属製のモデルガン全般に言える事ではないか?と思いました。^^;
でも、子供の頃は遊ぶのが楽しくて、マルシンが発売していたワルサーPPKなどは、カートリッジに火薬を詰めて、タニオアクションでガシャガシャ!とトリガーをひいて、発火させて遊んでいましたし、最近の自分のモデルガンの遊び方は随分、以前とは変ったな~と思う様になりました。^^;
まず、おもむろに取り出してきたHFの箱から、そ~っとガバメントを取り出しまして、ガバの外観をじっくりと観賞して、次にグリップを握って、重量感と金属の質感を楽しみ、おもむろにスライドを引いて、スライドストップをかけて、ひとしきりバレルのシルバーの輝きを楽しみまして、片手でスライドのセレーションを持って、もう一方の手でスライドストップをそっと外して、スライドをじわりと元へ戻し、テーブルの上へガバメントの重みを感じながら、そっと置きまして、お気に入りのzippoでピースに火を点けて2006年もののボジョレーヌーボーを飲みながら、月刊Gun誌を読む.. ^^;
と、ここまでやる事はあまりありませんが、結構、これに近い取り扱いをしております。それも、作動用の一挺だけであります。^^;
マークⅣシリーズ'70なんか、一挺しか持っていませんので、保管して以来一体? 実際に作動させたのは片方の指で足りる程の回数しかありませんし・・ ^^;
それで、むか~し、むかしのモデルガンもあるにはあるのでありますが(ハドソンの南部十四年式です)先日書いた様に、自動車の板金塗装よろしく塗装をしましたら、見事に失敗を致しまして、現在、バラバラの部品の状態で保管されております。^^;
なるほど~エアブラシですか。そうですね、あの月刊Gun誌のモデルガン名鑑に掲載されているMGCのガバメントも塗装ですよね。^^;グリップセフティの辺りに下地が少し見えますが、後は本当に綺麗に塗装されていますし、部品も何挺分を組み合わせたのか? それとも、このモデルガンの部品のみをリフレッシュしたのか? は謎でありますが、非常に状態が良好ですよね~。^^
それで、話は変りまして、なるほど~。fatboyさんはM59はMGCで、M39はマルシンの製品を買われたのですね~。^^
それで、M39のキットを買った時にはMGCのランダムカスタムも購入されたのですね~。
何故だか、二挺を一度に購入しますと僕も同じ様な心境になるのですが、やはり、「贅沢をして買ってしまった~。^^;」という、嬉しさと、「お小遣いが減ってしまった~!」という感情からでしょうかね.. ^^; あれって、何とも言い表せない感情ですよね。。^^;
それと、エアーガンやガスガンのBLKモデルにはfatboyさんがおっしゃられている様に、後退してくるスライドやボルトには結構、気を抜いていますと思わぬ怪我をしますので要注意!ですよね。^^
たとえ、頭では理解しているつもりではあっても、最近の様に、緻密なレイルドシステムの様なパーツが付いていますと、つい、そちらの具合を確かめる方に気が行ってしまいまして、思わぬ怪我などを致しかねませんので注意~。であります。^^;
それで、又々、話は変りますが、今回マルシンが発売した、フル・セミ切り替え式のモーゼルM712でありますが、僕も是非一度!はShopに入荷でもしましたら、実物を手にとって見たいものであります。^^
オートマグは全て、金属製ですが、国際産業製のハイスタンダード社製の刻印が入った物が一挺と、マルシン工業のバレルが通常の長さで、黒い樹脂グリップが付いた前期型のBLKモデルが一挺と、木製ケースではなく、ペーパーボックスにウレタンを敷いて、型どりをしたスポンジに挟まれている、クリント1の三挺があります。^^
最後に、今回、行きつけのHobby Shopで非常に状態の良い、中古委託品を買う事ができましたが、やはり、中古品は実物を手に取っていじくる事が出来るShopで購入しませんと、通販やオークションでありますと、製品の状態がよほど酷いものでない限り、価格が高いわりに、気に入った状態の製品は、非常に少ない様に感じますので、そこら辺りに注意が必要だと痛感しております。^^;
特に「高かろう・悪かろう」な製品を送ってくるShopは信用が出来ませんので、中古品に付いては特に注意が必要であります。
fatboyさん。KSCのCZ75は味わい深い、ディープブルーが美しくて、感動ものでありますし、僕の趣味の範中でありますが、マルイのレオパルド2A6は、何せ、ラジコンですので、こういった物を操作した機会があまりありませんので、只今、説明書を何度も読んでおります。^^;
うわぁ!単三電池が8本も入る~。^^;プロポも操作難しいです・・ ^^;

では、毎度、話が長くなり申し訳ありません。m(_ _)m
また、時々遊びに寄らせて頂きますのでどうぞよろしくです。^^


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/13491764

この記事へのトラックバック一覧です: ハーレーダビッドソンFLSTF1997FATBOY、その2:

» シーサイドばいばい キャッツアイ [シーサイドばいばい]
「シーサイドばいばい」を口ずさんでると 目に浮かんできませんか・・・ 木更津キャッツアイでのいろんな場面が・・  【 いつものたまり場 やっさいもっさい 】 →木更津東映 ! 第3話「僕の息子が死ぬ!?」で、キャッツのメンバーが 尊敬する哀川翔主演の「ヤクザ球団」を見た映画館だよね〜 ... [続きを読む]

« ターミネーター2、ハーレーFATBOY | トップページ | ホビーフィックス、メガウエイト、ガバメントナショナルマッチ »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ