« 木更津キャッツアイ、その15 | トップページ | 讃岐うどん あじな味 »

2007年3月18日 (日)

ホンダ・ゴールドウィングGL1500、その2

超久しぶりのGLネタです。  と言っても大したネタは有りません。^^;

距離は伸びないながらも、週に1~2度位、定期的に乗っております。く^^

今回の画像はメーター付近ですが、スピードメーターは外周が、マイル表示、その内側にキロメーター表示があります(良く見えませんが)。

国内物だと、キロ表示のみかもしれません(見たことがないので?です)。P1010007_4

オドメーターが、マイルなので、燃費を計算する時は、キロに直してから、計算するので、ちと面倒です。

燃費は長距離を走らないので、近場のみですが、リッター約9~11キロと、あまり良くはありません。燃料計もあるんですが、結構おおざっぱで、慣れるまでは、大変でしたが、個体差があるのか分かりませんが、エンプティーの指針を振り切っても、満タン21リッターで、まだ5リットルも残っている状態です。   ですので、振り切って暫くしてからガソリンを入れるようにしています。^^

液晶時計なんかも付いてたりしますが、出た当時は最新装備だったのでしょうけど、今はもっと進化しているんでしょうね~。

« 木更津キャッツアイ、その15 | トップページ | 讃岐うどん あじな味 »

コメント

そーすさま、いつもありがとうございます^^
WWⅡ記録DVDは、アメリカに都合良く作られた記録映画のようですね~。
おしゃるとおり米軍の士気を高めるのが狙いだったようですね。
アメリカ側に都合良く見えるのは、古い時代に造られた記録作品をそのまま販売したからでしょうね~。
ドイツ週間ニュースと言うプロパガンタ映画など、ビデオ版から、DVD化されたのを、見かけますが、ドイツ軍の士気を高めるため、連合軍はテロ扱いですが、実車が見れるので、面白かったです。
高いので、何本かしか見ていませんが。
以前テレビ番組で、原爆を投下したB29の搭乗員が来日した時、当時の広島に住んでらっしゃった方が、一言誤ってほしいと訴えたものの、悪いことは、していないので、誤る気はないと言っていたのが、忘れられません。
シグですが、あれからグリップなど外して見ましたが、グリップウエイトなど、入っていないので、ヘビーウェイト素材だけで重量を稼いでいるようです。
綺麗に見えるのは、いじってないので、ほったらかしだからでしょ~。^^;
ゴーストライダーは、格闘シーンで銃器も幾らか出てきます。^^
フランクリンミントのハーレーは、そう、縮尺を書くつもりでいて、やっぱり忘れていましたね。^^;
約10分の1位でして、おおよそ20センチを超えるサイズです。
フランクリンミントの装飾銃ありますよね~。
最初は、ハーレーのミニモデルを買ったのですが、出来が良かったので暫く購入してましたが、エングレーブモデルは実物を見たことが有りませんが、おそらく良く造りこまれていると思います。
5年位前に購入した物だったと思います。
いろいろ買って飽きてしまうと、そのままなので、多分保存状態もいいのかもしれません。^^;
実際は、そのまま置いてあるだけなんですけどね。
それでは、また。^^


追伸です。
SIGのグリップは、これ自体も重さがあるので、グリップもヘビーウェイトのようです。^^

fatboyさん。こんばんは。^^
ホンダ・ゴールドウイングGL1500って、車両総重量はどれくらいの重量なのでしょう.. ^^;
最近の自動車のコンパクトカーなんか、1500cc以下のエンジンを搭載していましても、結構、軽快に走る事が出来ますが、バイクに1500ccエンジン搭載とゎ..ヽ(*'0'*)ツ!!ゎお! ^^;
ところで、話題は変りますが、全13巻からなる、この記録映像フィルムから製作されたWWⅡのドキュメンタリーDVDは、確かに、そういう戦勝国側の米国が使用した非人道的兵器である「原子爆弾」が炸裂しているシーンなどは削除されておりまして、このDVDに写っている映像は、原爆投下後、恐らく、しばらく経った後に撮影されたフィルムであると思われます。
ですから、広島市内の道路を歩いている人達の様子は、普通に歩いている様に見えますし、「通常の爆撃」を受けて、がれきと化した街並みの様にしか見えません。
ですから、fatboyさんが書いておられる様に、アメリカ軍側に都合が悪い部分は、公開する気はなかったのでありましょう..
確か、原爆開発に加わった、ユダヤ人天才科学者のアインシュタイン博士は、この原爆の威力のすさまじさを充分に理解していたらしく、仲間の原子爆弾の開発に携わった科学者達と連名で、「原子爆弾は非人道的兵器であり、人類に対して使用しない事を要望する。」という様な内容の書類を、上層部へ提出したらしいです。
まあ、それにはそれで、アメリカ軍側にも、本土決戦の前哨戦と捉えていた、沖縄戦においてでさえ、菊水作戦の特攻機や、陸軍の抵抗などによって、多大な損害を被っていたという事実や、それまでにも、フィリピンや、硫黄島などでも、既に、非常に多数の死傷者を出していましたので、原爆を投下した理由の一つに、「この戦争を早く終結させる為だった。」という理由が上げられていますが、僕は、こういう言い訳が全く理解出来ない程、馬鹿ではないつもりでありますが、がっ、しかし!もっと深く思考すれば、あくまでも、旧・日本軍が、完全に無条件降伏して、武装解除に応じるまでは、まだまだ、日本各地に原子爆弾を投下する予定だったそうであります。
例えば、広島では呉基地に投下したのではなく、あくまでも「市民が生活をしている広島市の上空へと原爆を投下した。」という事は..いわゆる「無差別大量虐殺であった。」という事ですよね..@@
そして、次は長崎市の上空から、これも一般市民の頭上から原子爆弾を投下しましたよね・・これも佐世保市の様な軍港がある場所ではありませんよね..@@
勿論、軍関係の施設があった場所には、それ以前に空爆が行われていましたので、もはや「軍施設」への「原爆投下」より、旧・日本軍にとっては「ショックが大きいだろう。」という読みがあったのではないかとも思われますが・・
それと、B-29による原爆投下は、いきなり行われたのではなく、何と! 米軍はB-29に4.5トン!の超・大型の「通常爆弾」を搭載しまして、予め、日本各地へと投下をしておりまして、これは、広島市と長崎市へ、原子爆弾を投下する為の、シュミレーションであったという事が、先日のNHKのドキュメンタリー番組で放映されておりました。@@
ええっ!? あの原爆を投下したB-29の搭乗員って、いくら「戦争だったから」と言っても、10万人からの人命を一瞬にして奪い去っておいて、謝罪しなかったのですか~!? @@・・ひどい・・
僕は、中学校の時に、修学旅行で、長崎・広島のそれぞれの平和記念公園や、原爆資料館へ行きまして、広島市の原爆資料館の展示物を見て、物凄くショックを受けましたし、入口に、この原爆資料館を訪れた人達が自分の感じたままの感想を書く分厚いノートが置いてありましたので、感想を書いた際に、以前書かれたページをめくりましたら、英語でも「ひどい」という様な事が書かれてありましたよ~@@;
まあ、責めを負わなければいけないか? 或いは、無罪放免か?は、その人がお亡くなりになった後に、神様が決められる事でありましょう。
あ。それと、SIG P210はHWだったのですね~。^^
僕が持っていたのは最初期のABSモデルらしく、先日のコメントにTOKYO MARUIのエア・コッキングのP38のグリップの様にまだらだった・・と、書きましたが、あれから後に、HOBBY SHOPで、P38のグリップを改めてじっくりと見ましたが、一番最初のABSモデルであるMGCのSIG P210のグリップよりもきちんとした色をしていまして、あのMGC SIG P210の赤茶色と黒色のまだら模様のグリップは未だに忘れられませんが、BLKは快調でした。^^;
それと、昨日、トイザらスへ行って来ましたら、ガイコツが皮ジャンを着て溶けた様になって、前輪も車体もガイコツも火ダルマになっている「ゴーストライダー」の全長が大体ですが、60cm位あるハーレーダビッドソンが6999円で販売されていました。^^;
なるほど~。あのハーレーは1/10スケールのモデルだったのですね。^^
それから、フランクリンミントは「ワイアットアープ」の銃や「坂本竜馬の銃」とか、他にも、色々あるらしいですが、とにかく、カートリッジの装填スペースは全然ありませんが、装飾銃としては物凄く出来映えがいいですよね。(友人がワイアット・アープの愛銃を買ったのであります。)^^
fatboyさん。そのまま置いておくのが一番、品物の状態が劣化しない方法なのは分ります~。^^
最後に、僕はこの前、行きつけのHOBBY SHOPに、「マルシンのガスBLKで8ミリBB弾仕様のモーゼルM712がありましたが買うまでには至りませんでした。」と書きましたが、ついに買ってしまいました~! ^^;
定価19800円のモデルを17500円で購入致しました~。
実銃の口径が7.63ミリですので、それより直径が大きい8ミリBB弾を発射する為に、同社の固定スライドのM712マキシよりも、アウターバレルが若干、太く感じられますし、マズルはインナーバレルがギリギリまで占領しています。^^;
それで、重量は、材質がABSか? HW材なのか?はよく分りませんが、あの13連発のガスタンク兼用の大きなマガジンのせいで、計測しましたら、1160g位ありました。@@
マガジンを取っ払いますと780g位ですが、とにかく結構重いです。^^;
モデルガンの様に、カートリッジは弾き出されませんが、セレクターをフルオート(Rの位置)にして、一気にトリガーを引きますと、でっかいBB弾が激しいBLKと同時にダダダダダッ!という感じで、猛烈なスピードで直線に連なった弾丸の帯が伸びて行く様な弾道が見えますし、反動もかなりあります。^^
fatboyさん。これは買いですよ~。是非!買いましょう~! ^^

それでは随分長いコメントになってしまいましたが、又、遊びに寄らせて頂きます。m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/14299698

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ・ゴールドウィングGL1500、その2:

» マイガレージスタイル [車とバイクの情報館]
クルマ、バイク、アウトドア、賃貸など、さまざまな高機能ガレージ24実例を紹介しています!マイガレージスタイルではその他にも、プロイチオシ工具から知る人ぞ知るレアモノまで取りそろえた逸品工具カタログや、ガレージの基礎用語集なども収録 ... [続きを読む]

« 木更津キャッツアイ、その15 | トップページ | 讃岐うどん あじな味 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ