« 讃岐うどん あじな味 | トップページ | ザームラント1945 小林源文 »

2007年4月 2日 (月)

水木しげる ヒットラー

P1010219_6 最近コンビニで見かけた廉価版タイプのコミックスの世界文化社・終戦60年記念作品・水木しげる著・ヒットラーです。購入したのは、ちょっと前ですが、読むのが遅いので今頃の感想になりました。2005年が初版ですが、今回の再版で初めて読みました。

この作品自体は、漫画サンデーの初出が昭和46年となっていて、物心ついた時にはコミックスが有りましたが、当時はヒトラーと言う人物自体には、興味は有りませんでしたし、水木しげると言えば、妖怪マンガであり、当時少ない小遣いでヒトラーのマンガ買うなら、多分他を買っていましたね。^^:

大分前に、豪華版のような大判のヒットラーを見かけましたが、購入までには、至らずでした。

第二次世界大戦に突入するまでの話しがメインで、今まで知らなかった人物像が解り易く出ていました。

巻末には、ドイツの開発した現代兵器の始祖とも言える兵器が紹介されていたりします。

この作品の題名に違和感があるとかではありませんが、ヒットラーという「言い方」ですが、昔はこの言い方が通常に使われていたような気がしますが、いつ頃からかヒトラーと言う言い方に変化してきたように感じます。ヒトラーの方が、言い方としては、変な言い方ですが、通っぽい感じがありますが、記録映画なんかを見ると発音としては、ヒットラーと言っているように聞こえますね。

このマンガがあった頃だったか、藤子不二夫の「ヒットラー叔父さん」なんてのも短編でありました。一度読んだっきりで内容はブラックユーモアな感じだった位で、覚えていませんが、制帽を被ったちょび髭のあのイメージで、制帽の影になっている目が睨んでいる?コマが今でも印象に残っていますね。

« 讃岐うどん あじな味 | トップページ | ザームラント1945 小林源文 »

コメント

そーすさま、こんばんは。^^
昨日、また「あじな味」でぶっかけを食してきました。グッドです。^^
アマゾネスもかなりのインパクトが有りましたが、一度も見たことがなく、ブラジルが生産国でしたでしょうか、国内に入って来たのかも不明ですが、写真で見る限り巨大なバイク?でした。
シボレーのは、ボスホスって言うんですが、正規に売られているので、実走してるのが一度、イベント会場の駐車場に止まっていたのを、一度見たことが、あります。
まぁ、ひと目でそれとわかります。^^
1速オートマとかで、加速は、恐ろしいようです。
8ミリBBは、まさにフルオートのピッチングマシーン状態と言う表現が似合いそうですね。^^
撃ちつくした後、ボルトがストップしないのは、不良なんでしょうかね~。@@
カラ撃ちを楽しめるようにしてあえて、そうしてあるのかもしれませんしね。^^
重量バランスも良さそうで、いざ精密射撃なんかの時も、安定してそうですね。^^
サバゲは、自分もやりませんが、最近県内をバイクでブラブラ走っておりますと、意外と専用フィールドが有ったりして、ちと覗いてみたくもなりますが・・・。^^;
スタームルガーMk.Ⅰは、いわくつきと書いたものの、はるか30年も前のことで、他のモデルガンと間違えていたような気もします。正確な記憶も無くすみません。m(--)m
あっ、最近、ちと残念なことが、有りましてたまに寄っていたホビーショップが久しぶりに行ったら閉店してまして、もし移転とかでなければ二度目の閉店な感じなんですが、モデルガンも扱っていたりしたのでプチショックだったんですが、そういいながらも行ってもウインドウショッピングばかりで、モデルガン全盛の頃は、大分貢献したんですが、近年は大した貢献もしてませんでしが・・・。^^;
それでは、また。ありがとうごうざいます。


fatboyさん。こんばんは。^^
先日は当方のジオログにコメントを頂きありがとうございました。
こちらへのコメントが遅くなってしまい申し訳ありませんm(_ _)m

僕は、この水木しげる先生の著書に、ヒットラーに関する著書があるとは思いもしませんでした。^^;
水木しげる先生の目から見た「ヒットラー」の人物像には、その内容に非常に興味がありますよね。^^;
コンビニに廉価板のものがあれば買ってみたいですが、多分、こちらの店には置いていないでしょうから、そのうち「ブッ○オ○」とかに出ていましたら買ってみます。^^
それから「ヒットラー」という人物像の奥深いところまでは解りませんが、いつも終戦記念日前の8月15日前頃になると、よくNHKや民放の特集番組等で放映される、ヒットラーがどの様に権力を握って行ったか?とか、WWⅡの時代に、どういう政策を行っていたか?などは大体でありますが、観ていますが、漫画家の先生としてからの目で見た「ヒットラー」と、素の一人の人間として見た「ヒットラー」とは・・謎・・とか色々と考えさせられます。
話しは変りまして、例の「あじな味」で「ぶっかけ」を食べてこられましたか。^^
fatboyさんは、以前、一回行くと「男の子の標準仕様」で、^^;「小さい一玉」を、「四玉は食べる。」との事でありましたが、うどんって、消化が良い為でしょうか、お腹いっぱい食べた様な気がしましても、結構、苦にならないですよね~。^^
それで「アマゾネス」でありますが、当然、僕も雑誌でしか見た事はありませんが、確か、赤い色をした巨大なバイクだったと記憶に残っています。でも、1300ccならば、ビッグ・バイクが沢山ある現在では小排気量な方だとさえ言えそうですね~。@@;
え。シボレーの8000ccのエンジン搭載のバイクは「ボスホス」という名前で、一速だけのオートマ..@@;
それって、恐らく、インターネットで検索をかけると出てきそうですね~。^^;
それから、モーゼルM712は、8mmBB弾が真っ白い色ですので、暗い所でフル・オートで撃ちますと、丁度、その様に見えます。^^;
なお、全弾を撃ち尽くしてもボルトがBLKを続けるのは、説明書には書いてなかった様に思いますので、恐らく、そういう仕様になっているものだと思われます..でも..んん~?普通は、全弾打ち尽くしますと、ストッパーか、或いは、マガジンにボルトが引っ掛かって、ホールド・オープンの状態でボルトがストップしますよね~。^^;
それで、そうですね、ロング・マガジンですので、重量のバランスは良いですね~。^^
ロングバレルと、木製ストックを使えば、結構精密射撃が出来るかもしれませんね~。^^
僕は、サバゲのフィールドは魅力的でありますが、実際のゲームは、雑誌等で、レポートを読むだけで御勘弁を・・という感じです・・ ^^;
それから、Mk.1は・・そうでしたか・・いや・・記憶違いなら仕方ありませんよね。^^;
fatboyさん、あらら・・たまにでも通っていたお店が閉店になると僕なら「プチ・ショック」じゃすまないかもです.. (;O;)
でも、僕が今、県内にあるショップというか、玩具店で、かなり遠いので、最近全然行っていなくて、客足から考えますと、もう潰れそうなトコロが一軒ありまして、そこのおっちゃんには随分よくして頂いたものですから、そういうお店が閉店してしまうと、寂しいですよね..(ToT)
それと、先日、インターネットで日本の玩具の市場規模を調べていましたら、どうやら最近は、ゲーム機器やゲームソフトが、玩具業界を牽引しているのは事実な様でありますが、詳しいデータを示して、「4000億円規模である。」、というHPもあれば、同じく、データは示しているのでありますが、「400億円規模である。」というHPもありますが、どちらが本当なのか?は分りませんが、とにかく、技術的には素晴らしいメカニズムを考案したり、外国のメーカーと正式に契約して、商標表示の許諾料を支払ったうえで、本当に芸術的とも思える程のトイガンを製作しているメーカーさん達には、いざとなった時には、M&Aなどの合併や統合をして頂いてでも、生き残って貰いたいと思いますね~。^^;

それではまた、時々遊びに来ますのでこれからもどうぞ宜しくm(_ _)mです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/14493792

この記事へのトラックバック一覧です: 水木しげる ヒットラー:

« 讃岐うどん あじな味 | トップページ | ザームラント1945 小林源文 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ