« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

ドイツ 2号戦車

P1010005 大昔に造ったタミヤ の35分の1MMシリーズの2号戦車です。 超いい加減な造りです。^^; 何年も置きっぱなしだと何も気になりませんが、画像で見ると、砲身に穴が開いてないのが、とても気になりますね。 今更やる気もありませんが・・・。^^; なんせ20年以上は経っているはずですので。

P1010003_2 武装も20ミリ機関砲と、大したことはなく、塗装も多分いい加減ですので、つっこまないで下さい。^^; さほど好きでもない車両なのですが、当時家に有ったプラモなので、造ろう!とただそれだけだったような気がします。電撃戦当初はこのような車両がメインだったのは、航空機や、無線技術の発達おかげが大きかったようです。

P1010004_3 ただ、デザイン的には、ティーガーⅠにも通ずる、エッジの効いた面構成でとても無骨で良い感じです。^^ WWⅠ敗戦国としては、強力な戦車を造るのは禁止されていたので、トラクター等と誤魔化して生産するのでは仕方ないでしょうか。T34の出現がなければ、ドイツもパンター、ティガーⅡのような車体は無かったようにも思いますので、この先の重戦車も、またドイツらしい正常進化したであろうと考えると、ちと面白いです。

2007年5月25日 (金)

MADMAX インターセプター プラモデル

P1010007_6 買ったまま造っていないアオシマ、インターセプターのプラモです。最近またスポット生産されたようです。

造らないで取って置いてる訳でもないんですが、このままでは造らないで残る感じです。^^: なので、どんな出来なのか今のところさっぱり分かりません。車の模型では一般的な24分の1サイズです。

しかし箱だけ見ててもカッコイイデザインですな。^^

この過給機がなんといっても肝ですが、迫力は他を寄せ付けませんが、多分そうとう前が見づらそう・・・。^^;

車両については、説明書に詳しく書かれているので、資料的な面でも楽しいです。ノーマルパトカーや、グースのバイクも出ないかなぁ~^^

2007年5月17日 (木)

ジャガーバックス ドイツ機甲師団

P1010002 古くは学研の、ひみつシリーズ?でしたか、不思議なことや、理科、科学、歴史などを子供にも分かり易くマンガ、イラスト、写真などと一緒に解説されてる本に夢中になりました。主に好きだったのは、虫、恐竜、怪奇現象などでしたが、その後低学年向けが多かったので、必然的に読まなくなりましたが、その後、立風書房より、ジャガーバックスとして、学研があまり扱っていなかった分野の、戦記、妖怪、UFOなどなど当時斬新な分野で人気を博したジャガーバックスですが、この「ドイツ機甲師団」は衝撃を受けました。

P1010003 ’70年代当時、タミヤのMMシリーズにハマっておりましたが、ただプラモを色もたいして塗らずに造って満足していた程度で、タミヤの解説書を読んでみても、文字だけで難解なイメージもありましたが、この本は、他の似たような文庫と比較しても、内容、イラストともとても分かり易く、当時は正確で、タミヤの独軍戦車はほとんど、英語表記だったのが、独語表記で書かれていたり、あの小林源文先生のデビュー作があったり、それまで知らなかったことが、分かり易く載っていていました。

P1010004_2 特に源文先生のリアルな兵器、人物のマンガは、とても印象に残り、今でも好きです。

・・・とは言え、この本の存在を知ったのは、近所に住んでいた、同級生が持っていたのを借りて、夢中になって何度も繰り返し読んだ記憶だけでして、この本を手に入れたのは、近年、専門店で手に入れました。あらためて読んで見ても、時代公証など変わった部分もありますが、漢字に読み仮名が付いている程度で、大人でも十分、読み応えのある物だと思います。

2007年5月10日 (木)

ホンダ・ゴールドウィングGL1500、その3

P1010004_1 これは?。GL1500のフロントフェンダーです。GL位のサイズになると、フェンダーも大きく、2分割になっていて、アンダー側です。

大分前ですが、駐車後に、発進する時になって、太いワイヤータイプのロックをフロントホイールに付けたまま発進しまして、画像のパーツが一部割れてしまったので、パーツを注文したところ、当方所有の色で仕上げたパーツは廃盤になってまして、仕方なく、白を購入しまして、以前塗装を頼んだ知人の自動車修理工場にて、無料!で仕上げてもらいました。^^

いやぁ、純正パーツと言える位の仕上がりでとても感謝です。^^この輝きを大切にしたくなりますね。GLの場合、フロントフェンダーと言えども、かなりのネジ部や、パーツの分割、ブレーキディスクカバーなどなど、干渉しているので、素人の作業では、組み込めるのか、分かりませんが、暇な時にでも、チャレンジしてみようと思ってます。

2007年5月 7日 (月)

H-Dローライダー、モデル

P1010007_5 フランクリンミント製の24分の1サイズのダイカスト・モデル・コレクションのハーレーダビッドソンのローライダーです。 小さなサイズながら、細部まで良く出来ています。 12種の中の1台で、ハンドル、ホイール、サイドスタンド等は、可動します。

P1010008_2 ローライダーには、個人的に思い入れがありまして、原付免許しか持ってない当時(’80頃~)、国産二輪車では、ありえないデザインにとても惹かれました。ハンドル、ヘッドライト、タンク、メーター、エアクリーナー、マフラー、シート、テールライトどれをとっても、新鮮でした。

P1010009_2 ライターと比較すれば、かなり小さいのが分かると思います。手のひらサイズです。エヴォリューション、TC88と今も脈々と造られていますが、この初代ショベルエンジンのローライダーは、自分にとって思い出の1台ですね。

2007年5月 4日 (金)

「俺は、君のためにこそ死ににいく」実寸大・隼

P1010234_1  新聞を何気に読んでると、大きな、映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」の広告が。公開が近いので、イベントの予定が載っていて、読んでみると、なんと実寸大の「隼」のモデルが展示されるとか。場所は木場駅近く。そんなに遠くないし、天気も良さそうだし、展示会場の「深川ギャザリア」の隣がイトーヨカドーで、バイクで行っても(電車じゃ行きませんが)、駐輪場にも困らん、と本日行ってきました。P1010231

深川ギャザリア自体は閉まっていて、さてどこに隼が・・・。と不安になって周りを見ると、あったあった有りました!。あたり前ですが、動きはしませんが、名前程度しか知らない自分にとっては、とても大きく良く出来ていて迫力がありました。^^良く、公園などに展示されてたりする機関車のように、外の広場に警備員のいる中、堂々と展示されています。P1010230_2

隼というと、中島飛行機の一式戦闘機で、軽量な空戦重視の機体と言うメイージが有り、米軍がF6F、P38、サンダーボルト、マスタングなどと大馬力、重武装の戦闘機を送り出してきず苦戦を余儀なくされていて、末期意は特攻機として多数使用されていたようですが、デザインとしては、個人的にカラーリング、形とも旧日本軍機らしい、非常に美しい機体だと思います。P1010233_1

特に特徴的な、その極限までに、細い胴部は、上からの撮影が出来なかったので、確認は出来ませんでしたが、か細い飛行機ってイメージで思ってましたが、やはりそれなりの大きさはあります(他機種はもっと大きいでしょうが)。コクピットも撮影出来ない角度なのですが、どんなもんか見てみたかったです。P1010235_2

展示期間は短いですが、マニアと思しきカメラマンと、家族連れがちらほらいる感じで、ゆっくり鑑賞するのも可能です。機体は、おそらく劇中の物と思われますが、今後、解体されてしまうかもしれませんね。P1010236_1

パネル展もあるようですが、ヨーカドー1Fの中に何枚がありましたたが、展示場が映画館とか、別に展示されているかもしれません。P1010232_2

2007年5月 2日 (水)

木更津キャッツアイ、その16

P1010232_1 ついに発売になりました!。木更津キャッツアイ・ワールドシリーズDVD。「さよならキャッツ限定版」を買いましたので、特典が多数入っております。^^/ 特典はおいおい記事にしてみます。

画像は、DVDの入れ物なんですが、本編DVD一枚のケースにしては、大きく、中には特典が入っていましたが、これ自体が、テレビ版、日本、ワールドシリーズ(ナビゲートも?)が一括で入れられるようになっています。テレビ版は販売用のDVDを持っておりませんので、今のところ、そのままです。^^

映画公開依頼見ましたので、再度あらためて見てみて、細部まで見られて楽しみました。こまかなやりとり、掛け合いは絶妙です。特典ディスクの映像もキャッツファンなら、必見です。撮影合間のキャッツメンバーのやりとりなんか、そのままキャッツですね。^^

これでキャッツは永遠となると思いますが、テレビドラマ、日本、ワールドと作品が繋がり、いつでもテレビで会うことが出来るようになりました。

また今は、TBS系で放送中の「特急田中3号」で、キャッツの乗りに近感じを楽しんでます。演出、プロデューサー、そして一部出演者がキャッツの縁のある方なのですが、毎週楽しみに見ています。^^

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ