« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

ガシャポン 音声サンプリング・キーホルダー

P1010007 バンダイ製の、いわゆるガチャガチャのオモチャです(正式名が分からないので、このタイトルですが)。一個200円で、これは最近のウルトラマンのシリーズのゼットンですが、去年あたりから、周りの人が、スーパーマリオのシリーズのダブリをくれるようになって知った物で、音がサンプリングで本物で、面白いので、ボタンを押して音が出ると、周りでも割とうけます(何度も押すとまた効果有り!?)。^^ 型は一緒で、色と絵柄と、音声が違うだけですが、手軽でうけますね。 画像の物は「ゼット~ン、プルルルル・・・」といった感じです。 自分はほとんど買ったことがないので、マリオ、エバンゲリオン、ガンダム、働く女性、ルパン三世と言ったバリエーションしか知りませんが、数多く出てると思います(1シリーズで数種有り)。 定番になってきた気もします(秋葉では普通?)。 飲み屋で、ボトルキープの肩掛けに使っても評判が良く、その場で、もってかれちゃうし(物によりますが)、知り合いに教えても、次回会った時には、買ってたりします。^^ 自分で買うと、買いすぎてあきちゃいそうなので、時々、新作のダブリを貰っている位が楽しめる感じです。

2007年7月26日 (木)

ユンカースJu87スツーカ

P1010007 ユンカースJu87スツーカ、ドイツ空軍、ルフトヴァッフェの有名どころの急降下爆撃機です。ドラゴンのマイクロアーマーで、G型、第3地上襲撃航空団第10中隊、リトアニア1944年7月・・・と、この辺になると、私にはなんだか分かりにくくなりますが、末期近くでも活躍していたとうか、使用していたと言うのか、44年まで生産されていたようです。

P1010008 電撃戦や、初期には有効だったでしょうが、引き込み脚でなく、速度も遅く、米英の大型爆撃機や、その後、登場してくるヤーボ等と比べると、旧式でしたが、長く使われていたようです。自分は単純に、この形が好きでして、サイレンを鳴らして急降下する爆撃機、なんて所も、独特ですね。

P1010009 この逆ガルのウイング、古い機体の割には、洗練されてる、と勝手に思うデザイン、特にこの37ミリ機関砲を搭載した機体は、いいですね。対戦車型ですが、当時の映像なんか見ても、戦車の上面は装甲が薄いので、こういった、機体は有効だったようです。

昔、自分で造ったプラモのスツーカも、現存してますが、出来も悪く、MAに登場してもらいましたが、他の種類もあるので、機会があれば、また登場させたいと、思います。

2007年7月17日 (火)

SUZUKI ワゴンR CT21S

P1010008_8 エポック社のミニチュアカーコレクションMTECHの43分の1スケールのワゴンRです。実車は現在の愛車でもあります。^^2年落ちで手に入れて、早い物で、もう10年乗っています。^^ 今日は、急な修理に出して、またまた愛着が湧きましたが、軽ながら、この狭くない空間は、この車の珠玉だと思ってます。

P1010009_4 ドアーのみ開きます。^^ ワゴンRが出た当時、自分の求めていたスタイルで、衝撃を受けました。と、言うのは、スタイル的に、シボレーアストロのようなタイプが個人的に好きで、当時の軽だと、アルト、ミラなどが主流で、ボンネット長を取りすぎていて、天井が低く、結果、室内が狭く、と言って1BOXタイプは、当時は、ボンネットが全く無く、デザインが個人的に今ひとつでして、ボンネットがチョコンとあってイケテル、ホンダのスッテプバンのような車が出ないかなぁ~と思っていたのが、ワゴンRでした。いまでは、安全基準もあり、1BOXタイプもボンネットを持ち、個人的に、 普通車も含めてイケテルと思ってます。^^

P1010010_1

ワゴンRが出る前、M車のトールデザインの乗用ベースの軽が、隙間的なヒットでしたが、この辺もヒントにしたのではないかと、常々思っていましたが、どうでしょうか?。この後、この手のタイプは爆発的ヒットを得ますが、今後も、バイクも所有してますし、4人以上の乗車需要が無ければ、ワゴンR系か、1BOXを愛用したいと思っています。^^ 画像かなり荒く見えますが、実寸が小さいので、見た目はそれほど荒くないです。

2007年7月11日 (水)

マッドマックス、フィギュア その2

P1010007_12 N2TOYS製のMAD MAX2のフィギュアです。劇中では、かなりインパクトのある役でした。 重要な役でもあるんですが、当時から、日本の俳優のR・Yさんに似てるなぁ~と、言うことでも印象に残ってます。中身は空けていませんが、とても力強く立体化されております。

P1010008_7 顔立ちが、綺麗な感じなので、若々しく見えますが、このサイズででは、叫んだ感じが、良く似ています。よく北斗の拳に出てくるような・・・と言う言われ方がありますが、この出で立ちは、こっちが先で、国内に映画、アニメと、その世界観が与えた影響は大きかったです。

2007年7月 5日 (木)

ハーレーダビッドソンFLSTF1997FATBOY、その6

P1010007_11クリアキンのテールライトのレンズカバーが売っていたので、アクセントに付けてみました。ドレスアップはあまりしないほうですが、バイク用品店の割り引き券を利用して、取り付けは、簡単で、テールレンズを外して間にかます程度です。

P1010008_6 クリアキンのパーツを購入したのは、初めてですが、店頭に並んだ一部パーツや、カタログを見ると優れたデザインの物が多く、、欲しいパーツが出たら参考にしたいです。味気なかったテール周りが、イメージ、鎧を覆ったような感じに思えます。^^ このタイプのテールの殆どのハーレーに付く汎用のようで、上部にナンバーを持つ、FATBOYなどのため、上面がくり貫かれたデザインもいいです。

買った時は、ビニールパッケージングされていて、分からなかったのですが、薄い金属製かと、思いきや、意外とプラメッキで、この点が値段と比して、ちと残念でした。 あと、簡単な構造では、あるんですが、説明書も無いため、付属のスペーサーをどう使えばいいのか、???でした。 パーツ購入時は、逸る気持ちを抑え、良くみてみましょ~。^^/

2007年7月 3日 (火)

フラクリンミント、H-D、FLSTF、FATBOY

P1010007_8 フランクリンミント製の24分の1サイズのダイカスト・モデル・コレクションの紹介の2番目のハーレーダビッドソン、1990年登場のFATBOYです。画像拡大していますので、フロントフェンダーの+ネジ部が目立ちますが、サイズが小さいので、実際はさほど気になる物でもありません。

P1010008_5 現在の愛車でもあるので、格別ですが、17年経過した現在でも、エンジンやカラー、グラフィックは変わっていますが、基本の形は変わらずに、今も受け継がれています。この後、ターミネーター2にて、全世界で?、その姿を目にするようになりましたっけ。

P1010009_3 拡大すると、荒く映ってしまいますが、細部まで良く出来ています。初代は、エンジンのヘッドカバー部のイエローのラインが有名です。自分のもビニールテープで再現しようかなとも思いましたが、熱でとれてしまうと思い、やらず仕舞です。

実車では、最近は可動式マフラーとも言えるマフラーを見つけ、興味を持ってますが、購入、取り付け、まで考えると悩んでしまいます。でも気になる・・・。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ