« 那須戦争博物館・その1 | トップページ | マッドマックス2、インターセプターモデルカー »

2008年1月24日 (木)

那須戦争博物館・その2

P1010064_2 那須戦争博物館、その2です。 屋外展示物を見終わり中央部位の位置から中の展示場に入ると、左右に分かれていて左側入り口がこのような感じです。 膨大な展示物を予感します。 左右に長く、入った所には灰皿も置いてあり、お焼香をする所もあったりします。

P1010065 小野田さんの展示物のコーナーがありました。 小野田さんや横井さんが日本に帰還された時は、自分は、まだ小学生で、その意味合いがいまいちでしたが、今思うと、戦後平和になった時代で過ごしていた時に、何年もサバイバルをしていたと考えると脅威です。

P1010066 機関銃は台に、軽機関銃や、小銃類はケースにと、とにかくいたる所に置いてありあります。 日本の銃は14年式を除けば、モデルガン等でも高価だったりで所有したこともなく、個人的に馴染みのある物はないですが、ボルトアクションの銃は味わい深いです。

P1010069 ケースにあるのは、武器の他にも多数あり、新聞やら、本、雑誌の書籍類、勲章、軍刀、マネキンを利用した軍装類、帽子、装備品、紙物等など、ありとあらゆる物が置かれています。ちなみにこの日は、この時間は一人で貸切状態でした。^^

P1010070 百式短機関銃がありました。 日本も対戦中必要にせまられて造ったような銃だと思いますが、性能はともかく、このバレルの冷却フィンの感じと、バナナマガジンが横に付いた状態で曲がったデザインが好きです。マンガ「鉄の墓標」でのイメージが忘れられませんね、

P1010072 戦闘機などのプロペラがあります。 木製のプロペラ、隼のプロペラ、零戦のプロペラ等も展示されています。 この辺は実体がないとイメージが湧き難いですが、隼なんか、あまりに貧弱なイメージですが、軽量で軽快なイメージもします。

P1010073 別館があって、その入り口前のケースに置かれていた独軍ヘルメットです。無造作に置かれていてレプリカと思われますが、この耳を隠す段差というのか、フリッツのこのデザインはいいですね。米軍にも影響をもたらした完成されたデザインと思います。

P1010075 米軍のM1カービンや、英軍のステンガンなど旧軍に限らず、この別館には色々展示されてました。 モデルガンと思われますが、米軍は手動単発銃はあまり利用していなかったので、小火器でも優れてますね。 でも独軍兵器の方が、好みです。^^

P1010076_3 ロシアのマンドリン、PPsh、ドイツMP40なども展示されいます。 ハドソンでもモデル化されていますが、なかなかのデザインだと思います。MP40は、「シーマイザー」と書かれているのが、ご愛嬌です。^^; ボルトが引かれた状態でした。

P1010078 この他にも、トンプソンやガーランド、ワルサーP38などなど も展示されいますので、火器類ファンが見ても堪能出来る物量になっていると思います。 他にもこういったアンティークの電話器なんかも置かれいます。 しかしこの有名な電話器はいつも顔に見えてしまします。

P1010079 戦艦大和の巨大プラモデル。となっていますがこのサイズのプラ模型はあったのでしょうか?。呉市の大和ミュージアムのモデルは20メートル位あったので、サイズ的には負けますが、こちらもデカイです。 個人的には戦艦より、空母の方が、そそられます。

P1010080 模型メーカー共同企画のウォーターラインシリーズが無数に置かれていました。 艦隊な雰囲気です。 中学位にまわりで、一時期はやりまして、色も塗らずに、造りましたが、お目当ては空母や、他の艦の水上機などのミニ航空機だったりしました。^^

そんなこんなで、慌しく見てきましたが、長年のモヤモヤが晴れて良い博物館巡りになったと思います。

« 那須戦争博物館・その1 | トップページ | マッドマックス2、インターセプターモデルカー »

コメント

那須戦争博物館の巨大モデルは、どう見ても以前船の科学館にあったものではないでしょうか?。船の科学館の玄関脇で屋外展示されていた、映画「連合艦隊」の撮影で使用された1/20モデルそっくりです。2004年の台風で横倒しになり上部艦橋を大破。経営の合理化の考えに押されて、結局廃棄処分されたと噂されたあの大和ではありませんか?。何で艦橋が壊れて展示されているのか?船の科学館のですよ!絶対に。高速道路一律1000円になったら是非見に行って確認したいです。

船の博物館マニアさま、コメントありがとうございます。^^
当方、船の科学館へは行ったことがないので詳しくは分かりませんが、このモデルが、そうだとすれば、どのような経緯の物なのか、気になる所ですね。
館長はご高齢のようで、各種関連物を収集されているとのことで、機会があれば確認してみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/17822934

この記事へのトラックバック一覧です: 那須戦争博物館・その2:

« 那須戦争博物館・その1 | トップページ | マッドマックス2、インターセプターモデルカー »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ