« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

ナチスの発明

P1010090  しかしこの表紙はインパクトあります。coldsweats01たまにしか乗らない電車で読んでみたものの、さすがに表紙は手でカバーする感じで読んでました。字も大きいし、見やすいです。coldsweats01

仕事帰りに、コンビニ行って、廉価版書籍のコーナーで、なんとなく手に取り、前に見たことあると思う本が、コンビニ売りになったようで、パラパラ見て帰ろうかと思ってましたが、安いしつい買ってしまいました。内容の冒頭にもあるように、ナチを擁護、崇拝する物でもなく、自分も第三帝国の発明の数々が現代までに多大な影響があるのは、漠然と知ってはいたものの、詳細は知らないので、どんな物達が、そうなのかという興味でしたが、正直、ドイツの科学者、技術者達は、後世の影響などはどうとか、戦争に使えるとかもありますが、発明を完成進化させたいという、自分の夢も大きかったようです。技術屋ってとこでしょうか。

V2ロケットなんか、ドイツでの、この時期、大陸間弾道ミサイル以外の使い道なんてなかったでしょうが、隠れて月まで飛ばすモデルの設計を考えていて、逮捕されたなんて、下りは、内部でも技術者としての悲劇が伺えます。

コンサート技術、高速道路、ジェット、ロケット、テレビ放送、テレビ電話、ラジオ放送、合成石油、テープレコーダー、合成ゴム、リニア、税制、教育、UFO?などなど現代でも課題になっているような事柄まで、ありとあらゆる面で、なんらかの影響はあるようです。戦後の、米露で技術を奪い合い、成功させてます。

僅か短い期間で、これほどの技術が育ったのはやはり、桁外れの天才秀才揃いだったのと、皮肉にも、戦争でしかありませんが、もし当時平穏で、せいぜい複葉機から人が爆弾を地上に落下させるような時代が、もっと長く続けば、現代と同じように進化していくのは、間違いないとしても、携帯電話、パソコンなどを一般の人が気軽に扱えるのは、もっともっと先だったかもしれないと思えます。

2008年4月27日 (日)

デアゴスティーニ・週刊ハーレーダビッドソン

P1010086 最初に、30,000アクセスを越えて久しくたってます。お立ち寄りありがとうございます。happy01 さて、一時期、テレビCM等で良く、デアゴスティーニから、週刊ハーレーダビッドソンという、ファットボーイのパーツが毎号付いていて、組み立てていくと言う雑誌が紹介されていましたが、悩んだ末、定期購読しております。confident なにせD社の付録雑誌?は、色々出ていて、書店でも目に付き易い所にあり、認知度はありましたが、初回は安くあとあと定期購読すると最終的に高いんだろうなぁ、などと漠然と考える位のもので、まさかハーレー関係の雑誌が出てくるとは思わなく、しかも、完成すると、初代モデルの4分の1サイズのファットボーイが、完成すると言うことで、取りあえず購入してみたものの、やはり高いとは思いつつ、今現在24号まで、買っております。coldsweats01 一冊単価も、雑誌としては高額ですが、一年くらいで、終了かと思いきや、そうではないしで、完成までの総額にすると、とてつもない額になります。gawk なんですが、はたして完成モデルをこれより高額になると思われる額で、買うか?と問われると、一括での支払い購入は恐らく有り得ないと思うし、組み立てキットで、いくらか安かったとしても、パーツを一度に貰って挫折するより、週一ペースで、くみ上げていくなら楽しめるし、負担感も少なく、頑張って続けてます。

P1010087 完成すると、7キロ位の重量があるようで、相当重いので、期待しちゃいますね。毎号のパーツ一つでも、金属パーツも多く、かなりの重量感があります。初めはF社に依頼してモデル化してるのでは?、なんて考えもありましたが、F社で最大サイズは6分の1サイズで、特に表記もないし、自社製作なのでしょうか。画像は、途中まで組みあがったタンクと、メーターパネルですが、現在一部組みあがっているのは、この他、ハンドルなどで、毎回組み立て作業があるわけでもなく、部品のみを眺める、なんて号の雑誌の時も多いのですが、これだけ見ても、サイズも大きく、塗装作業もなく、メーターも細かく出来てるし(これも組み立て)、メインキースイッチの、カバーもカッチリと可動するわで(愛車とは開き方が違うので、勉強になります)、パーツの組み立てが進んで、形になってくると楽しいもんです。happy01 難点として、売れ行きが悪いと、打ち切りなんてこともあるようで、多少の不安もあることと、家にありそうな工具がパーツに付いていたり、ネジトレイ、合金製メットなどの付属は、好みにもよりますが、省けそうな気もします。往年のモデルや、ヒストリーなどが、紹介されている雑誌も楽しみなんですが、輸送のダメージがあり、購入時に、本体の折れや、シワの多い物が多く、交換に出すのも億劫なほどです。パーツに不具合はありませんが、この辺を課題にしてほしいところです。 また時々、組みあがったパーツなど紹介したいと思います。

2008年4月19日 (土)

POWERAGEゴアテックスジーンズ&マルチテック・ピンロックの効果、その後

P1010096 雨天走行での、POWERAGEのゴアテックス素材貼りのジーンズの効果が体感出来たので、私見ですが、レポートです。

画像は、走行途中から、一時的ではありますが、かなりの雨にあい、その後普通に降り続く位で、走行し帰宅した直後のものです。 大分小雨で乾いてきている状態で、表面上は分かり難いですが、ゴア素材は内張りなので、雨の侵入については、驚きで全くありませんでした。

その時は、高速道路走行中で、雨が降り出したので、合羽を着るのが面倒でして、少々の雨では普段、合羽は着用しない人なのですが、かなりの雨ながら、走行しても、ジーンズは全く水が進入してこないので、そのまま50キロほど走り帰宅しましたが、いままでは、ズボンに水が入ると、気分がdownwardrightしてしまって、それだけで滅入ってしまいましたが、雨でも快適に走れるのが凄いです。happy01

雨風には、相当な威力を感じられますが、上着とブーツが、今後の課題でしょうか。上着、ブーツとも、割と厚い素材なので、ずぶ濡れにはならなかったので、合羽を羽織る位で、行けそうな雰囲気でした。

ただ、雨天でジーンズで走行してるのを、他のドライバーなんかが見たら、かわいそうにと思われるかもしれませんね。coldsweats01

そのときの、ヘルメットのSHOEIマルチテックのピンロックを付けたシールドの効果ですが、一部ですが、シールドが曇りだすと、内側から、その曇りを拭いてみても、改善することはなく、多少シールドを開けて、風や、外気にあてて改善するしかなかったので、考えるとピンロック取り付け時に、シールドととの圧着部分に、難があったかもしれないので、再度、キレイにして取り付けを試みてみたいと思ってますが、それほどの難もなく、使用できるので、今のところやる予定はありませんので、いつになるかはわかりません。coldsweats02

余談ですが、画像の愛車は、この時は快調に走っていたのですが、最近、吸排気系不調になり、修理を依頼した所、簡単な修理では、無理なようで、ヘタすると、腰上オーバーホールなんて宣告を受けまして、点検中です。think

もう11年も乗っているので、ちょっと休む時期なのかもしれませんが、早く帰ってきてほし~い。 なんで、ここ最近はGLの走行が延びてます。

2008年4月 7日 (月)

ラーメン、梅の家

P1010086 千葉の館山道が館山まで繋がったので、大分近くなった感があります、竹岡インターからだと、割と近い、ラーメン店「梅の家」です。 noodle

知り合いに昔、連れて行ったもらった口ですが、それいらい時折訪れています。看板が分かり難いきもしますので、久しぶりに行った時等は、通り過ぎてしまいました。coldsweats01 周りでも存在を知ってる人が多いお店ですね。

今回行った時は、昨今の事情で、値上げを余儀なくされたことが、張り紙がしてありましたが、それでもリーズナブルな気はします。

古い佇まいのお店は、大体行列が出来ているので、行く時は比較的空いてる平日に行ってます。 

ここは、乾麺を使っていて、味は醤油味でして、パッと見、インスタントの袋麺を想像しますが、やくみを注文して足して、普通のラーメンを注文しても、分厚いチャーシューがかなり入っていて、おいしいです。happy01

ラーメンを運んでもらって、いつもスープが器から、実際こぼれてしまう位、並々としたラーメンを見て、お盆にこぼれた状態を見て、コップ酒を想像してしまうのは、自分だけでしょうか?。coldsweats01 

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ