« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月21日 (土)

ちばてつや原画展 旭市

P1010087_2   千葉県は旭市で開催されている「ちばてつや原画展」に行ってきました。 新聞で知って機会があればと思って、やっと行けましたが、明日22日で終わりです。興味のある方はお急ぎ下さい。^^;左の画像は、貰ったチラシで、会場は撮影不可でした。

P1010088 左の画像は、スタンプラリーをやってまして、クリアすると、認証書と、ストラップが貰えるというので、会場ではジョーのスタンプのみですが、旭市の商店や、観光地などで、スタンプを押せるのですが、歩いて行けるような範囲ではないので、当日は断念しました。21、22日は、これらのスタンプを押せる要所を巡るバスが運行されるようで、時間はかかりそうですが、楽にゲット出来そうです。 ちなみに、10スタンプのうちの一個が、七夕以降の期間限定になってます。^^;

P1010089 これが、そのスタンプです。オリジナルとなってます。ちなみに紹介出来なくて残念ですが、原画につきましては、やはりその、原画の持つ迫力には圧倒されます。各作品展示されていましたけど、やはり個人的に言いますと、「あしたのジョー」、紫電改のタカ」、「1・2・3と・4・5・ロク」なんかが良かったです。特にジョーのシーンには、多大に影響を受けましたので、ラストのシーンの原画が見られたのも嬉しかったですが、実物が大切に保存されているのには驚きました。crying

P1010086_2 ちば先生は、千葉県の飯岡に一時期、住んでおられたということで、現在は旭市での開催となったようです。主催が主に旭市なので、会場は、グッズなどの販売が皆無で気持ちいいです。 九十九里に、ジョーと力石のデフォルメの石像が有ったと思いますが、この辺も所縁からのことでしょうね。 余談ですが「1・2・3と・4・5・ロク」は当時、実写のドラマがやってまして、これ毎週楽しみに見てました。最後に自分は、葉子か、紀ちゃんのどちらかと言われると紀ちゃん派ですね。happy01

2008年6月13日 (金)

山のあなた 徳市の恋

P1010086 石井克人監督の、現在公開中の、「山のあなた 徳市の恋」を見てきました。 CMどおり、どなた様も、1000円にて観覧できました。confident

まず、「山のあなた~」、公開にあたって、深夜枠で、石井監督の過去作品の、「鮫肌男と桃尻女」、「茶の味」が、放送されて、その世界に興味を持って、まず公開前に、画像のサントラを購入しました。confident

上記の2作品は、娯楽作品な感じで、「ソナチネ」に影響を受けたと言う、「鮫肌~」なんかは、ブローバックするガバメントを見て、そのリアリリティや、「茶の味」は、そのいかれてる感じの面白さが、印象深いですが、「山の~」は、鄙びた温泉街で展開する、文学作品的な味わいで、日本の古き良き情感、景色がとても良かったです。

個人的に、ストーリーは、温泉宿に泊まる人、宿の人、徳市の仲間との人間模様と言う流れの感じですが、その辺が、昔の小説的な坦々とした流れの中で、感銘を受ける、といったイメージでしょうか。

特に、BGM、観光地の景色、雨、、セリフ、間、5分の1の温泉宿のセットを合成した町並みなどなど、心に残る作品でした。

こういう宿は、少ないでしょうが、こういった風情を求めて、ツーリングでもしてみたくなります。happy01

2008年6月 9日 (月)

週刊ハーレーダビッドソン、その2

P1010086 デアゴスティーニの週刊ハーレーダビッドソンの経過です。 週刊といえば、深夜枠の放送の「週刊真木よう子」は面白いです。happy01 話し戻って、現在フロントフォークとフロントフェンダーがここまで、組みあがりました。 と言っても、はめ込んでネジ止めした程度で、難度はたいしたことはありません。これだけでも、重量は300gを越え、重量感あります。 だんだん形が見えるようになってきました。 最新号のパーツを組みたてて行くと言う物でもなく、以前保管してあったパーツを最新号に付属している説明書を見て組むと言う感じの場合も多く、組めるなら組ませろ~、と言う気もしますが、今の所、まぁ楽なので、OKです。何もしない週も多かったので、後々大変になる気がしますが・・・。

P1010087 ハンドル周りも、この辺まで、出来ています。 ウインカーのギミック用の端子のコードが期待させます。 ハンドルポストにも、ハーレーのバーアンドシールドのマークも再現されてますし、レバーも可動します。 ミラーは差し込むだけでして、多少ガタツキもあるので、そのうち、接着剤で固めようと思ってます。

P1010088 バックミラーには、当方のボロデジカメが写っているように、実際の鏡と同じです。 ミラー内の「ミラーに写る物は実際の物より小さく見えます云々・・・(違ったかな)」だったかの文も、再現されています。 ちなみに国内モデルは、日本語で書かれたシールが貼られていました。 ’97モデルでは、防幻ミラーが標準装備でした。 また次回。

ハーレー検定が開催されますが、会場場所次第で、参加したいと思ってますが、週刊に付属の本を読んで、検定本は買わずに受けてみようか、検討中です。gawk

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ