« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月26日 (火)

白水

P1010086 今回は、本格焼酎、むぎ焼酎のキリン、「白水」です。 これは、とある居酒屋で、なにげにボトルキープした、「白水」の首に、キャンペーンの応募ハガキが付いていて、締め切り日が近かったこともあり、その勢いで応募した所、先日当選して送られてきた、「白水」なんです。danger

で、ちと宣伝がてら、ご紹介させて頂きました。 ビールも飲みますが、家で飲むとゴミが出まくるので、焼酎だと、好きな物で割れるし、濃さも好みで調節できるし、中でも、「むぎ」は癖も無いので、一番愛飲してます。

で、この「白水」は名水で仕上げたとあって、とても飲み易く、おいしかったので、この時期は、氷を入れての水割りを楽しもうと思います。

ありがとうございましたsign03

2008年8月15日 (金)

週刊ハーレーダビッドソン、その3

P1010086 週刊ハーレーダビッドソンが、40号となり、今現在は、フロント部を中心に組み立てが続いています。 フロントまわりが、ここまで、形になってきました。 やはりlここまできても、簡単な差込と、ネジ止め程度で、面倒なことはありません。今の状態で、700グラム位あるので、重量感ありますが、小さなネジで要所が止めてあるので、多少ガタツキがあり、完成しても、あまり雑には扱えそうもないです。飾って鑑賞する感じです。

P1010087 背面はまだ、こんな感じですが、サウンドエフェクトや、点灯ギミックがあるので、フロントの基盤と配線はこのあたりにあります。この辺が体感出来るのが、楽しみです。 部分的に完成してくるパーツもデカイので、これだけでも置き場が取られ、だんだん保管場所に苦労しそうです。coldsweats02

2008年8月11日 (月)

第1回ハーレー検定

P1010086_2  八月三日にハーレー検定の試験を受けてきました。 2級3級と有りまして、ろくに勉強するはずも無いので、3級のみ受けてきました。 1級は今回はもともとなく、次回以降のようです。 参加賞や、上位者に記念品などあり、ご当地検定のようなイメージですが、特に合格して資格を得るというよな試験ではありません。

試験は本格的で、学校の試験となんらかわりなく、場所もハーレーの整備を実習する専門学校で行われました(品川受験の場合)。

こういった試験は、学生依頼な感覚でとても新鮮ですね。confident ただ問題がハーレー・ビューエルに関する内容で、楽しんで取り組めました。時間が少々足らなかった位です。

試験結果はまだ、出ませんが、もともと覚えていた事と、最近だと「週刊ハーレーダビッドソン」を読んだりしていて、イメージだと5割位は行ってるでしょ~?bearingいまいちな点数かな

受験者は、東京品川校で、3級が約100名、2級は想像で2~30人位でしょうか?。 受験料も結構しますので、マジで試験に臨む人が集まったという感じでした。

会場は意外といかついイメージの方はいませんでしたね~。 

9月結果待ちです。happy01

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ