« 御礼40,000アクセス | トップページ | 金毘羅さん »

2008年10月18日 (土)

岡山城

P1010093 日本三大庭園の後楽園の近くの「岡山城」であります。兼六園、偕楽園も行ったので、三大庭園は制覇しました!?。 岡山へは、何度か訪れましたが、ここに来たのは初めてです。 毛利家のお膝元の中国地方なので、宇喜田、吉川、小早川家などの歴史などをざっと見つつも、ツーリングなどで訪れる今までの、城とは、なんか外観が違うような気がしまして、なんか下部層の窓が多く横長な感じで、下部層だけ見ると、現代風な建物に、天守閣をのっけたような、不思議なお城に感じたんですが、どうなんでしょうか~。 オリジナルではありませんので、当時を忠実に再現したものか、はたまた、アレンジしたものか、自分には不明ですが、なんか城の固定したイメージの形とは一風違う感じがしませんでしょうか~?。

« 御礼40,000アクセス | トップページ | 金毘羅さん »

コメント

fatboy樣、こんばんは、そーすです。^^
先日から、当方、ジオログへの丁寧なコメントを頂き、本当にありがとうございました。m(_ _)m

今回の「fatboy、趣味の館」の話題は「岡山城」なのですね~。^^
で、まず、「日本・三大庭園」制覇!おめでとうございます。^^

それで、「岡山県」と言えば、僕の住んでいる「香川県」とは「瀬戸内海」を挟んで「瀬戸大橋」で結ばれた、お隣りの県でありまして、「テレビ放送」等も、「山陽テレビ」や「OHKテレビ」等、「岡山・香川県地方」の話題を主に取上げてくれる「地方・テレビ局」が視聴出来まして、非常に身近に感じられる土地柄であります。^^

しかし、意外と「灯台下暗し」でありまして、岡山県には、今回紹介されている「岡山城」&「後楽園」以外にも「池田動物園」や「チボリ公園」や「倉敷の町並み」や「大原美術館」等々、沢山の「名所・旧跡」や「観光地」がある様なのですが、この「岡山城」は行ったことがなく、知識としては「岡山城」は「外観が黒い城」で「姫路城」が「外観が白い城」の「それぞれ代表的な城である。」というくらいでありましたから、さっき、慌てて「フリー百科事典・ウィキペディア」で検索して色々と読んで来ましたが、難しいですね・・・書かれてある内容が・・・(^。^;)

それで、この「岡山城」、普通に想像する「壮麗な近代風の日本の城」には違いないのですが、fatboy様が書かれている様に、確かに、下のほうは「倉付きの二階建ての豪邸」の上に「天守閣」をのっけた様にも見えますよね~。^^;
で、この「岡山城」の写真、「ウィキペディア」にもfatboy様がここへ掲載されているのと同じ様なアングルからの写真が掲載されておりましたが、どちらかと言えば、fatboy様が撮影した画像のほうが綺麗に写っていますよね~。^^

まあ、南北朝の戦国時代には、この様な壮麗な城は少なくて、実践的な地形を利用した「山城」などが多かったそうですが、「阿波の国」の名将「三好一門」の「家老」として遣えながら、最後には裏切った「松永弾正久秀」という人物が、現在、日本各地に残っている、石垣に天守閣を配置するという、城の基礎を築いたとされてはおりますネ・・・

という事で、また遊びに寄らせて頂きます。m(_ _)mドウゾヨロシク...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/42820809

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山城:

« 御礼40,000アクセス | トップページ | 金毘羅さん »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ