« 鳴門 | トップページ | 五萬哩! »

2008年11月24日 (月)

MADMAX インターセプター(オ-トスケールコレクション)

P1010102 アオシマ文化教材、スカイネットから発売の、オートスケールコレンクションのマッドマックス・インターセプターです。 一見すると、ダイキャストミニカーな感じですが、これは、ミニッツレーサーと言うRCカー用の、ボディセットで、このままではRCメカも内蔵されておらず、またステアリングもダミーの状態の為、中身はスカスカで、非常に軽くて、子供の頃に遊んだプラモのコロ走行と言った感じです。

P1010104 ディスプレイモデルと考えると、ちと高い気もしますが、ボディは塗装によって、塗り分けがされていて、箱と、ネーム入りクリアーケースに収められているので、RCカー用ボディを豪華に仕上げての販売と考えれば、満足のいく物です。なによりMADMAX関連の商品が出るだけでも嬉しいもんです。画像1の、フロントスポイラーが付いたタイプのインターセプターは、やっぱりカッコイイですね~。happy01

P1010105 画像分かり難いですが、ボンネットも、マットとクリアーのブラックに塗り分けられています。サイズが、28分の1と、24分の1サイズの一般的なスケールカープラモより一回り小さいサイズです。スーパーチャージャーもうまく再現されています。ボディだけの発売でも、嬉しいですが、プラモを造るのも、おっくうな自分にとってこういった完成品は、少々高くても、購入意欲をそそられますね。

« 鳴門 | トップページ | 五萬哩! »

コメント

そーすさま、こんばんは。FATBOYです。
近県ならではの、鳴門に関する情報ありがとうございました。
そうです~、徳島に泊まった翌朝に、自然と鳴門公園の案内版を頼りに、向かいまして、念願の到達となりました。
渦潮は拝見出来ませんでしたが、またいつか再々チャレンジしてみたいと思います。
「チャットモンチー」と言うのは、知りませんでした~。@@
「武道館ライブ」まで行ったというと、ただの自分の、音楽事情にうといというだけで、まわりでは旬の存在だったりするかも知れませんね~。
音楽番組などで、拝見した場合、必ず「おっ!」となりそうですね。^^
話し変わって、マルシンのグロック21は、どうやら12月10日あたりに出そうな感じです。
もうちょっと先ですが、楽しみが近づいてきました。
それでは、また。^^

fatboy樣、こんにちは、そーすです。^^
MADMAXのインターセプターは何度見ても、このボンネットからニョキッ!っと突き出ているスーパーチャージャーが圧巻ですね~。^^
とにかく、今でもMADMAXは、このクルマが登場した最初の映画が一番迫力があると思いますね。^^
最近のクルマには当たり前で、ターボ・チャージャーなんかが付いていますが、この映画が公開された頃は、恐らく・・ではありますが、日本では、加給機と言えば、NAエンジンにターボチャージャーをボルト・オンしているSHOPしかなかった様に思いますし、当時アメ車のパワーアップ(今はわかりませんが・・)等には、この様にスーパーチャージャーが活躍していたのではないか?と思いますね・・謎
特に、この頃のアメ車の長~い、ノッペリとしたボンネットの中にはV型8気筒の大排気量のエンジンが搭載されている筈ですので、それだけでも十分過ぎるほどに馬力やトルクはあると思うのですが、MADMAXではそういうクルマに、更にスーパーチャージャーを付けて・・って・・@@;ド肝を抜かれる位、凄い迫力でしたよね。
それで、この写真に写っているインターセプターって、普通のプラモデルよりも少し小さい位のスケールだと書かれてありますが、塗装や細かな仕上げなどは、とても小さい物には見えない位、出来が良いようですね~。^^
僕は元々、プラモデルを作るのがへたな上にこういう年齢になってしまいましたので、そういうふうにネーム入りのクリアケースですか、そういうのに収められて販売されているというのは本当に購買意欲をそそられますよね~。^^
あっと、それから、なると~の話しですが、四国に高速道路が整備される前から、連れなんかと「どこかへ遊びに行こか?」っていう話しが出ますと「それなら鳴門のスカイラインへ走りに行こうや!」っていう感じで、国道11号線を香川県東部から更に東へ向かって、瀬戸内海を左に見ながら、よく鳴門スカイラインへ行って、一直線の下り坂になった道路で限界までアクセルを踏み込んでましたっけ~。^^;
でえ、鳴門公園へ行って、何か食べて帰って来る、という様に、ただ、走りに行くだけでも楽しい時期もありましたね。^^
それでfatboy様がせっかく鳴門まで来られましたのに、渦潮が発生していなかったというのは本当に残念だったと思いますが、また岡山の御友人のトコロへ来られた折にはチャレンジしてくださいませ~。^^;
しかし、海面上30~40メートルもあるトコロからスケスケの海面を見ると、思わず酔ってしまいそうな気が致しますね・・@@・・それで、そのうえにグルグル回る渦潮が何個も発生しておりましたら、余計に目が回りそうになりますし、落っこちる事は恐らくないであろう(謎)とは思いますが、かなり恐怖心を煽られますよね.. ^^;
それで、「チャットモンチー」っていう「ロック・バンド」を初めて知ったのは何と!自分のHPをgoogleで観ていた時に、たまたま、僕のHPのタイトルと同じ言葉の曲がすぐ下側に載っておりまして、気になっていたのではありますが、ある日、NHKをボヤ~!と観ておりましたら、彼女達が武道館でライブを行っている番組をやっていたトコロだったのであります。^^; とにかくSUGO! でありました.. ^^;
それから、マルシン工業のHPへ行きますと、グロック21の発売日!12月10日だって書いてありましたね~!ヽ(^◇^*)/イェ~~イ!!
本当に発売が楽しみであります!^^/
ではでは、また遊びに寄らせて頂きますのでm(_ _)mドウゾヨロシクデス..

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/43213571

この記事へのトラックバック一覧です: MADMAX インターセプター(オ-トスケールコレクション):

« 鳴門 | トップページ | 五萬哩! »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ