« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月16日 (月)

マルゼン・ガスBLK ワルサーPPK/S 40周年記念モデル

P1010103 マルゼン製のガスブローバックのワルサーPPK/S 40周年記念モデルです。 ノーマルモデルや、他バージョンのモデルは以前からあるのは知ってましたが、なかなか購入までには至りませんでしたが、限定モデルをきっかけに、手にしました。 小型BLKの醍醐味で、早い動きで、小気味良くスライドが動くのが楽しいです。 重量も400g以上有り、思ったより重量感があります。 1発のガス消費量も少ないのか、連続BLKも難なくこなします。

P1010104 PPK/Sになってから40周年記念モデルと言うことで、ブラックメタルメッキ仕様に、レーザー刻印がなされています。 メタルメッキは、モデルガンで言うと、国際産業製の、プラ製ブローニングM1910あたりで、その昔、着色メッキの走りのようなモデルを所有していて懐かしいですが、こちらは火薬のせいや、作動の激しさもあるのか、すぐに色落ちが始まり、そのうち、まだら模様のシルバーメッキモデルのようになりましたっけ。coldsweats01 それ以来ですが、その後、技術も進んだのか、こちらは実物のような色落ちが楽しめるとなっていますが、今のところ、さほどは作動させてませんが、皮膜は強い感じで、まだまだ色落ちやかすれの感じもありません。

P1010105 ワルサー刻印の外箱とアタッシュケース、プラグリップが2種、アルミサプレッサーが付属してます。 画像汚れて写ってますが、アルマイト処理されていて、実際は綺麗です。 アウターバレルがブラス製でしっかりした造りなのもポイントです。 空撃ちポジションがありますので、まぁこのおかげもあるのですが、BB弾は一度も撃つことなく、楽しんでます。非常に息の長いモデルになっているようなので、これからも様々なモデルが出るかもしれませんね~。ガスガンの傑作な感じです。 この他にも傑作なトイガンは、いつも当ブログに遊びに来て頂いてる、そーす様管理人の「COSMO TOWN BLOG」にて、当方の見たことないようなトイガン達が丁寧に紹介されていて、楽しませて頂いております。当方も参考にさせて頂いております。happy01

追想・・・ちとサイズの違うワルサーPPKは、その昔モデルガンで、M社のコピーながら各社から出てましたが、やはり2~3丁は所持したことはありましたが、やはり、その動きがネックで、当時は、シングルアクションながら、BLKするCMCのが、憧れでしたっけ。confident スライドアクションでもMGCのは、グリップのマークや、化粧箱など一味違う感じがありました。

2009年2月 6日 (金)

週刊ハーレーダビッドソン、その4

P1010102久々のデアゴスティーニの週刊ハーレーダビッドソンです。 現在64号で、ここまで組みあがりました。 もうすでにかなりの重さです。 エンジンはまだ完成しておりませんが、大分見られるレベルにもなってきました。 下に専用のベースがあるので、サイドスタンドがなくても立てることが出来ます。 この重量だとサイドスタンドで保管しておくのは、負荷がかかりそうです。 ここまでの組み立ても、ネジの保管が雑だったので、探すのが手間な位で、難なく組み立てられます。

P1010103 先に出来ているフロント周りは、自立せず保管しにくいので、今の所、こんな感じでフレーム部に臨時固定してしまっています。 この方が見栄えもいい感じです。 点灯、音声エフェクトなどのギミックはまだ出来ないので、コードは出っ放しです。 本体の専用ベースは貰えるのですが、このベースのケースや、プレートなどが別売されるということで、これがまた結構しますので、検討中といった感じです。sad

P1010104 これは、まぁ普段見られない形ですが、台座をとってしまうとフレームが下に付いてしまうので、フロントフォークが寝て、車高が低すぎて、擬似チョッパー的なスタイルになります。 こんな姿も面白いと思って、完成までに楽しんでます!?。  パーツのみの販売もあるということで、公式サイトに行ってみますと、掲示板などもあり、参考になりますね。

P1010106 こんな角度のアップも、また面白いです!?。また進んだら記録に過程でも残したいと思います。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ