« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

イングロリアス・バスターズ鑑賞

P1010001_2  20日に公開された、日本通のタランティーノ監督作品を観てきました。happy01

前売り券で、以前紹介した「ワルキューレ」での特典だった「コエダリアン」が、ここでも特典だったので、前にゲットしていました。scissors 今後も続いていく特典なんでしょうか、WWⅡ関連だったら、買いましょうかね~。happy01

ちなみに、前売り特典の第2弾には、女性のシュシャナ(と思います)のコエダリアンが、有りましたが、入手してません。今、作品を観た後では、もう1回見てもいいかな、とも思いますので、前売りを2枚買っておいても良かったかもしれません。

公開中ですので、作品は、残酷でもあり、爽快でもあり、痛快でもあり、恐怖感もあり、凝った作品だと感じました。

メカ的には、監督自身も語るように、戦車も戦闘機も出てきませんが小火器でMP40や、P-08、PPKなど出てきまして、効果的に使用されています。movie

全5章で、時間も長いので、toiletを済ませてから、鑑賞しましょ~。

ちなみに返金で帰った人は、見当たりませんでしたね。eye

2009年11月23日 (月)

伝染るんです。 DVD

P1010001_2 伝染るんです。DVDの1,2,3巻です。 第1巻に3巻分収納出来る、BOXが付いているので、 毎月リリースだった物で、セット売りではありません。

伝染るんです。と言いますと、まだ自分が若かりしころに、ハマッた、不条理マンガと言われていた分野のコミックですが、深夜番組の「鷹の爪カウントダウン」を見ていて「伝染DVD発売」のCMを見て、めったにDVDも買わない自分ですが、そろえちゃいました。

時間は短いですが、往年のキャラクターや、ストーリーを思い出して、まさに「吉田戦車、動く!」と言うタイトルどおり、良く出来てる作品となっています。happy01

第1巻のオマケ、「とりかえしのつかないノート、3巻購入で当たる、「何か」は、「伝染るんです。」の世界にふさわしいとも言えるsign02な内容となっています。coldsweats01

2009年11月15日 (日)

第41回 東京モーターショー

P1010248_3 ちょっと前に終了しました、モーターショーに行ってきました。happy01 やはり言われているように参加メーカーが減っているのと、会場が小さくなっている分、以前までのようなイベント規模ではないものの、見やすく、広く感じられ、良かったです。 画像は、ハーレーブースのFATBOYローです。 市販品ですが、またまた良いデザインコンセプトですね。

P1010249 P1010250 ワイドグライドも復活して、ウルトラの画像モデルなんかも、排気量が1800cc越えで、フレアーのファイヤーパターンのカラーがやっぱり似合いますね。

P1010252 ヤマハのEC-f。もう最近の電気エネルギーを利用して動くモデルは、昔は夢のような話でしたが、どこのメーカーもこういったモデルを実用化しようと、二輪だと、マフラーも無いし、姿もインパクトのあるモデルで、面白いです。

P1010253 P1010254 値段がネックでしょうか、公道でも、いまだ見たことが無い、ニューV-MAX。マッチョで迫力が有ってカッコイイですなぁ~。

粘土原型のようなモックアップsign02も展示されていました。

P1010256 P1010257おね~さん、ありがとうございます。happy01 今回、個人的に気になったモデルというか、ブースはこちら、BRPのcan-amですね。 バイクではありませんが、デザインや、往年のメッサーシュミットの3輪車のような感じで、スノーモービルを造っている会社のようで、機会があれば、操縦してみたいです。

P1010255アディバのブースは、3輪のスクーターで、前輪の動きが面白いです。こういった安定感のある、全天候型のスクーターが普及してくると、通勤なんかでも、快適そうです。市販されている2輪のスクーターも屋根付きでも、いいデザインで違和感ない感じです。

で、2輪編は、おしまいです。次回4輪編はいつになるか分かりませんが、またいずれ。

「個人的に気になる編」なので以上ですが、この他にも、多数のモデルが出品されておりました。

2009年11月 3日 (火)

東京マルイ ニュー銀ダン ポリス・ピストルSS

P1010273 東京マルイ製のエアーソフトガンのニュー銀ダンの、ポリス・ピストルSSを発売した頃に買いました。画像は、シャレでマルゼンのPPK/Sの箱に入れてみました。銀ダンの外観・サイズが良く出来てるので、みごとに綺麗に収まります。実際の箱じゃ~ないですよ。coldsweats01本体は千円もしないのに、最中構造とはいえ、ここまで良く再現されているのは、おもちゃとしては驚きです。本体も塗装だと思いますが、良いです。エジェクション・ポートも塗り分けられていて、グッときます。 マガジンと、トリガー以外は全く可動しませんが、折れる心配が無さそうな、ちょい軟質樹脂系材質のトリガーを、懐かしのタニオのPPKのように直線で後方に引ききって、BB弾を発射すしますが、弾をいれずとも、この引き金を引く感触は、とても気持ちの良い感じです。happy01

P1010274 これも、マルシンの排莢式Czのカートが丁度、良いサイズだったので、置いてみました。なんか、それらしい。happy01 しかし、ニュー銀ダンという名称が良く分かりませんが、以前、銀ダンという商品を出していたのでしょうかsign02 一般の言い方だと、銀玉鉄砲という名称が通称なおもちゃだと思いますが、この辺は、商標があったりして使えないとかsign02 ガチャガチャが通称だけど、B社だとガシャポンだったりとか、どうでもいいですか。coldsweats02 これが昔の銀玉と違う所は、エアーで弾を飛ばすので、性能が格段に違うのと、マガジンがあるので、ジャラジャラと装弾する必要な無い所です(この辺は銀玉の構造知るオジサンにしか分からないですが)。当初は、バネの音も凄いし、バネで飛ばしているのかと疑った位です。今となっては、このバネ音と引き金の感触が魅力でもあります。なんといってもガスを使いませんので、いつでもバイン、バインnoteと、あまり撃たない自分でも面白いです。 室内程度の性能ならなんの遜色もなく遊べます。難点は、構造上、残弾が最後まで撃ち切れないようで、撃ったあとも、残弾がカラカラと残っているのが、どうも嫌で、dangerが出てますが、本体を振って、弾を出したりしちゃってます。gawk

P1010275 マルゼンのガスブロのPPK/Sと並べましても、負けてませんsign02。これで対象年齢7才以上なんて、子供の頃に、これがあったら流行っただろうなぁ~と思います。銀玉鉄砲の、あの真っ黒のボディにエジェクション・ポート辺りをスライドさせて、いびつな玉をジャラジャラと入れて、全く正確性のない、しかも次撃って玉が出るのか、出ないかも分からない、飛距離も数メートル位だったと思いますが、まぁそれそれで楽しかったですね。その他、まだ信頼感のある、弾っぽくないけど、黄色い小型の円盤を側面から装弾するタイプもありましたっけ。他に本体でG26もありますが、そろそろ新型の銀ダンも出ないかな~、なんて思っちゃいますね。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ