« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

東京おもちゃショー2009 その2

099_4 随分前のイベントになってしまいましたが、やっと「おもちゃショー」に手をつけられました。wobbly これは、記憶もだいぶ薄いですが、タミヤのフルオペレーションRCの1/16サイズのヤークト・パンターで、ロンメルなんて名称の方が、しっくりきたりするかもしれません。coldsweats01 サイズがサイズだけに迫力があり、ありです。

100_2 こちらは手軽に遊べるサイズのタンクのようですが、登版力もバツグンのようです。手元に一台位転がってると、楽しそうなモデルです。4号戦車、T34、シャーマンなど種類も楽しめそうです。 サイズや、メーカー、種類も豊富なRCタンク群は、どんどん進化していきそうな勢いですが、このイベントからも随分経ってますので、また今年もイベントなど行ければと思ってます。

2010年1月24日 (日)

MGCをつくった男

P1010003 以前、ブログに書いたモデルガンダイジェストの巻末にて、何やら気になる出版物が載ってまして、書店には並ばず、自費出版の様相でして、これは買わないといかんと思い、昨年12月無事、入手しました。happy01 なかなかモデルガンを購入する機会が無くなった今でも、こういう類の書籍は気になってしまいます。 

全70ページちょいで、紙質も厚く、当時の貴重な資料など載っていまして、当時カラーで表現されていた物は恐らく、カラーで出ていまして、これで本代700円sign02と疑ってしまう位の豪華感がありまして、特に表紙のエンボス加工?とでもいうのでしょうか、立体感のある、加工に非常につい手を延ばしてしまいます。gawk

著者の生い立ちから、会社創世記以前のお話しまで、多数の写真、イラストを交えて、読み応えのある本でした。 

自らの昭和50年代位のMGCの思い出は、近所で扱っているお店が少なく、直営店で買うことが多く、都内だけでも、上野、新宿、渋谷などの展開もあり、店舗も充実してましたので、当時でも、バックナンバーだった往年のビジェールなど、子供ながらにも買い集めたので、今回の本で当時のビジェールなど写真で見て、とても懐かしく思いました。

MGC本社のアートな建物も印象的で、M-92事件を、朝、学校に行く前のテレビのニュースで見て、驚き、新宿センタービルへ、M31を徹夜で並んで買いにいったこと、Gun誌、CM誌、モデルガンチャレンジャー誌、毎月3冊とも購入していて小遣いが辛かった記憶など懐かしく蘇りました。

そして、MGCはなくなり、現MGCもこの本で近々工場閉鎖とも書かれていて、時代の流れとは言え、圧倒的な存在感のあるメーカーが無くなってしまうのは、非常に寂しい限りです。

自分がモデルガンを離れていたころも、長きに渡って[モデルガンに関して裁判が行われていた事実をしりました。 そのおかげで今があるように思えます。think

2010年1月17日 (日)

ガンダム出現! その3 完

073_2  なんだ、またやってたんかい・・・ってな、企画のお台場ガンダムの私的ブログですが、やっと完結に至ることになりました。coldsweats01 すでに潮風公園には、本体は無いのは周知の事実ですが、この間に、解体保管されていたようで、静岡で目出度く、再お披露目が決定したようで、目出度い運びとなって、余生をおくれるようになったようです。happy01 画像は、並んで近くまで寄れた際の足部です。 軽自動車位の大きさはあった気がします。デカイです。

075_2 こちらは、くるぶし関節部あたりのパーツです。 この辺って、一般的なフィギュアあたりのサイズだと、正直どうでもいいような感じというか、あまり熱心に見ることのない部分なので、実物大で再現されると、このようにとてもリアルで、細かなパーツが内部などにも再現され、マーキングも、非常にそれらしい雰囲気を持っていると思います。 戦闘機や、兵器などと同じようなリアルさを醸し出しています。

077 そして、お台場ガンダム、ラストを飾る画像は、前回予告の、股間からのアップです。coldsweats01 近接画像が好きなので、この画像は迫力を感じられるので、気に入ってます。 各パーツの雰囲気も、動き出しそうな、リアルさを感じます。 やはり、どこを見ても手抜きなくよく出来てます。背面ランドセルのブースターも微妙に二つの角度が違うのも、可動するんでしょうか、細かいですね。 静岡ガンダムは、なんか新幹線から、見られるなんて話しもありますので、またお目にかかれるかもしれません。happy01

2010年1月14日 (木)

祝!60,000アクセス

P1010001 え~、暫くぶりですが、今年の最初は、まず六万アクセスを越えたので、様々な形で寄って頂いた方、どうもありがとうございます。happy01 相変わらず不定期ながら、続いております。

さて、新年最初は、アームズ誌の広告で、昨年11月の終わりに、「モデルガン ダイジェスト」なるモデルガンの本が出るということで、チェックしていたのですが、なにせモデルガン自体、あまり購入の機会が少なくなってましたが、往年のモデルガンが紹介されるようなので、この辺を楽しみにしてました。happy01

内容は、やはり現行モデルガンの記事が大方ですが、特集記事として、「モデルガンの傑作」として、30丁を越えるモデルガンが載っていて、懐かしいモデルや、手にしたことのないモデルまで、多種のハンドガンが紹介されてます。

欲を言えば、金属モデルをもうちょと見たかったですが、またの機会に期待して、他に長物なども、見たいもんです。

現行モデルガンなど写真で見てみますと、種類が減って、値段の高級、高騰化など感じながらも、今でも根強く健在なんだなぁと思いつつ眺めてます。happy01

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ