« こどもの時代館 | トップページ | Z2 »

2010年3月21日 (日)

第41回 東京モーターショー2009

309_3 え”~という位、以前のイベントになってしまいましたが、そのままになっている記事でして、このころから比べましても不況となって、特に海外参加メーカーも少なかったですが、更にこの頃予測もしなかった状況になっていて、この先もどうなるやら予測もつきませんね。sweat02 トヨタIQのカラバリを面白く展示されてました。なかなか圧巻でした。街で時折り見かけますが、後部から見るのと、側面から見るのではかなりのギャップがあって面白いです。happy01

313 ニッサンのカザーナ、ライトウエィトオフローダーのようですが、何とも思い切ったデザインですね。業界に風穴をあけるということでしょうか。

312_2 ニッサンのランドグライダー。デザイン的に好みではないですが、前後2座という飛行機のような感覚がいいです。コーナリングなどでボディがバンクするようで、この辺も面白いですね。戦闘機のようなデザインでどうですかね。sign02

307_4 ダイハツのバスケットと、デカデカ。こういう遊び心のある車輌はいいですね。軽という限られた枠の中ですが、近年の軽人気の可能性で色々出てきそうで、楽しみのある分野です。

291_2 歴代カーオブザイヤーのシルビアなども多数展示されていました。あれほど街で見かけたシルビアですが、今ではたまに見かける位になりました。全体的に環境問題からエコカーが主なテーマとなってますが、歴代の名車を見ると、とても懐かしく、新型には無いよさがありますね。wink

« こどもの時代館 | トップページ | Z2 »

コメント

FATBOYさま、こんにちは、そーすです、お邪魔しております。^^
今回は以前紹介された東京モーターショー2009の続きで自動車の方なのですね。^^
それで、そうですよね~この記事の東京モーターショー2009が開催された折にはTVのニュースとかで海外からの参加メーカーが減っちゃった…とかなどと伝わって来てましたが、最近、それに輪をかけた様な不況が続いてますよね…;(;・・)ゞぅーん
それで、一枚目の写真は面白い展示方法ですよね、重量のある自動車がまるで携帯電話のごとくカラー別に斜めに陳列?されてますね。^^;
自分は最近めっきり自動車の車種に疎くなりましたが、なるほど、後から見た感じと、横から見た感じが違うのですね。@@
それで二枚目は日産のオフローダーで「カザーナ」ですか~、一時、SUVとかクロカンとか流行りましたが、そういう流れの車種なのでしょうか…しかし奇抜なデザインですね~、何かフロントガラスが曲面に見えるのは気のせいでしょうか、ヘッドライトも丸くて、まるでVWビートルをSUVにした様な車ですね。@@
それで三枚目の写真のクルマは、TVでもニュースとかで映像が流れていましたが、確かに、曲がる時に車体がバイクの様にバンクしていたのが新鮮で驚きましたね。^^
それで前後二席というのはFATBOYさまが仰る様に複座戦闘機のコクピットの様で実用性は?とか思いますが、発想が斬新ですよね。^^
それで、四枚目の写真に写っているのは2台とも、軽自動車なんですか~。^^ 最近の曲線主体のデザインの自動車が多い中で、逆にこういう感じの自動車は目立ちますし、多用途に使えそうですね~、最近、軽四輪は需要が増えていますので、小型車を製造している会社なんかはチカラが入る分野ですよね。^^
それで最後の写真の自動車はMAZDAのブースのシルビアですか、懐かしいですね。^^
以前は走り屋御用達のクルマで有名なイメージがあった車ですね、自分もこのシルビアや、180SXや、サバンナRX7や、ユーノス・ロードスター等が発売されていた頃にトヨタのスープラなんかに乗っていましたので懐かしいです。^^
それでFATBOYさまが仰るとおり、以前のスポーツカーのデザインには、最近の洗練されたスポーツカーとは一味違うよさがあったと思いますよね。^^
それで、こういう様に撮影した新型車などの画像も10年後にでも見ると、また、懐かしく思える様になるのかもしれませんね~。^^;

FATBOYさま、貴重なレポートの写真を拝見させて頂きありがとうございます。^^
それではまた… m(_ _)m

そーすさま、いつもお立ち寄り頂きありがとうございます。
そう今回は、もうお蔵になりそうな時間が経ったモーターショー4輪編です。
そうですね~、開催されてた頃よりも、更に厳しい状況になってしまってますよね~。^^;
トヨタIQは見慣れては来たものの、2シーターなので、スズキTWINと同様、全長が短いので、初めて見た時は、面白かったですね。^^
おっしゃる通り、斜めに展示されてました。^^
バンクする車は、市販は無いかもしれませんが、IQと同様、駐車スペースの問題や、燃費の関係で優れてそうなので実用化も近いのかもしれませんね~。^^
シルビアは歴代カーオブザイヤーのコーナーの方に展示されてまして、この近辺はメーカー問わず、懐かしの車でかためられてました。^^
しかし、自分が好きだった車と、カーオブザイヤーの歴代受賞車は一部を除き、全然比例しませんでしたけど。^^:
そーすさまの乗っていたスープラもそうですが、いつになっても秀逸なモデルは、時代がたっても不変ですね。^^
なるほど、また何年もすると、今の車がレトロになる位、新たな技術に驚かされそうな気もしますよね~。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/47867277

この記事へのトラックバック一覧です: 第41回 東京モーターショー2009:

« こどもの時代館 | トップページ | Z2 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ