« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月28日 (日)

Type-X

P1010085 カシオの携帯、G’zOneの新型、TypeXが発売になったので、26日発売日に機種変しました。happy01 しかし今の携帯は高い。coldsweats02 時代はスマートフォンのようですが、ネットはパソコンで、携帯は電話とメール程度と割り切っているので、前のモデルでも問題ないのですが、何気に新聞のチラシを見ていてXが近日発売と言うのを知り、このカラーと、デザインと、丸型サブディスプレイの復活で、今回購入するキッカケとなりました。  前後にも発売したモデルがありますので、全機種ではありませんが、画像使用してきた歴代モデルです。進化してきたモデルで比較出来るので、良くなった点は分かり易いのですが、カメラの性能がUPしてるなど、理解して使いこなせば便利になってそうですが、機能を生かさなければ以前と同じ使い方になってしまそうです。 まぁまだ入手間もないので、少しずつ楽しもうかと。 さっきも携帯を傾けるだけで、テレビ画面の角度が変わって、こういのは説明書をちょっとでも見ないと知らないで終わっちゃいそうです。coldsweats01

P1010086_2 特にデザインは気に入ってますが、このアンテナ内臓バンパーの張り出しがツノでオオクワガタっぽくも勝手に見えます。happy01 このプロテクションと○ディスプレイで前々回モデルのイメージが踏襲されて洗練されたようで、いいですね。あとは良くもあり、不満な所でもあるんですが、今回操作していて、歴代モデルと同じように操作出来るようになっている所は感覚的にとても、馴染み易くわかり易いのですが、なんか画面を見ていても新鮮味のない感じになってしまうのは、扱いやすい反面、新型という楽しみが薄れてしまうのは仕方ない所ですか。画面サイズも毎度そうなのですが、発売時の時点で、他のメーカーと比しても、そこそこなサイズであって、この辺は不満ながら欲しいので買ってしまいますが、まぁ今後は画面に関してはもうスマートフォン化でもしないと限界があるですし、G’zOneが今後どう進化していくのか楽しみでもあります。 今回のモデルで、カロリー消費などなど、G’zギアでプラネタリムのような感じで星座が見れたりと、まだまだ覚えれば他にも楽しめる要素がいっぱいありそうです。

2010年11月20日 (土)

ついにミニガンを入手!

P1010085 と、ちょっとおおげさなタイトルにしてみましたが、以前紹介したカプセルトイでガトリングガン編が出ていたので、一回回したらこの、ミニガンっぽい形をしたのが出ました。happy01画像はショートタイプで他に設置タイプ、ロングとあり、アサルトライフルフォルムのマシンガンタイプ3種が出ていて計6種ともガトリングガンのようにハンドルを回しますと(アサルトもハンドル付き)、6本バレルが回転します。

P1010086 お約束で楊枝の先のような小さな弾も付いてまして、残念ながら発射してませんが、マガジンを抜いて弾を込めて連続発射出来ます。自分なりに面白い所は、なんかハンドルを回すと実に小気味よく「カリカリカリ・・・」と音を立ててバレルがちゃんと回転する所が気持ちいいです。happy01なんか以前同様このサイズでアイデアがあって開発した人、凄いsign01と思っちゃいますね。タカラトミーのガチャです。

P1010089 これだけUPすると迫力があって、またカッコいいですね。upなんかもっと集めたくなってきました。しかもかなりデフォルメされているのは当たり前ですが、そこそこミニガンっぽいデザインで構成されてたりします。お試しあれsign02アサルトはバットストックから真横にハンドルが出ているようです。ミニガンタイプだけでも揃えたいですね。

2010年11月14日 (日)

第50回全日本模型ホビーショー その2

Ca3b0022_2  この辺りはタミヤブースの1/35MMの3突ですが、フィンランド軍使用タイプとのことで、写真などで拝見したことがありますが、カラーリングや、材木を防護板か、材木運搬か、側面に付けている所や、特に国のマークが特徴的でした。戦闘機も確か貰い受けてましたね。

Ca3b0023_2 これもタミヤのスーパーシャーマン。しかしお馴染みのフルオペレーションのラジコンで1/16ほどのサイズです。プロポで荷台が連結など出来る巨大トレーラーなどとデモ走行してました。これってファイヤフライでもないし、マズルの新しい感じや、砲塔のカッコよさからしてWWⅡに登場していた型なんでしょうか。この辺になるとさっぱり分かりません。・・・フツーのM4シャーマンと明らかに違っていてカッコいいです。happy01

Ca3b0024 これもタミヤで、1/35のバトルタンクラジコンです。お値段が3万円を切る位で結構値が張るようですが、ブース内で遊んでいるスペースを見ていて、BB弾とかの発射でなくて、砲身にある発射筒の光とかによるあたり判定が出来るようで、当たり箇所や、致命弾により停止・・・なんてことが出来れば盛り上がりそうです。

Ca3b0026_2 これは上記フィンランド軍3突の近辺でDVDで流されていた映画で、それらしい車両も出てくるので、国内販売されているタイトルなのか伺った所、個人で入手した海外DVDで日本語訳ももちろんされていない映画のようです。 こういう凝った車両が出てくるタイトルって割と好きなので、メジャータイトルではないですが、発売されないかなぁ~。

Ca3b0021_2 オマケ画像。ってほどでもないですけど。F軍遠景。ピンボケです。エッチングパーツもあってリアル感がましそうです。  その3に続く。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ