« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月23日 (木)

ビクトリーショーに

P1010083行ってきました。年の瀬の集大成か、もの凄い混雑ぶりで、日にちが合って知ってれば、時折訪れてますが、いつもと違う熱狂を感じられました。 とはいえ、なにかを探してというわけでもなく、現地に行って雰囲気を味わうのが好きな位でして、ブラブラ(というほどスペースは空いてませんがxx;)、見ながら良い物でもあればと除いてみました。キューベルワーゲンとシュビムワーゲンの実車を販売されてる(他、軍用車両)ブースでチラシをもらいシュビムは、ぬあんと10、000、000円クラスとのことで、少々驚きましたが、家に帰ってよくよくチラシを見てみますと、街で見かけたこともあるキューベルと同じく、レプリカ系の販売かと思いきや、車両ベースの年式を見てビックリsign01。 WWⅡ当時のオリジナルでした。現代の交通事情や部品供給の問題もあり、オリジナル度は低いとしながらも、博物館に展示するならまだしも、実走出来るならことらの方がいいかとも思えます。

P1010084_2 そして、これはCAWのブースで木グリのアウトレットがあったので、以前記事にした32オート用の物が半値以下だったので、買っちゃいました。違いが解かるでしょうか~sign02。 製品としてのM3グリースガンも見られました。

Ca3i00010001 個人的に気になるのは、このTOP、排莢電動のM4A1。出来上がってはいる物の、やはり注文が多すぎて、発売は1下から2になるとも。試射も気軽にさせてもらえましたが、使用カートは輝くカートな感じで軽いイメージがありました。自分の時は、ジャムが多かったですが、その後、調子が出てきて快調にカートを飛ばしているようでした。隣のブースではマルイの当時発売近かったPx4、スカー他、その他、多数の軍装も見られて楽しい一日でした。

2010年12月18日 (土)

本日入手!インターセプター&エネミーカー

P1010087 くそ寒い中、FATBOYで走ってた所、電話にて、予約してあったオートアートのMADMAX2のミニカーが入荷したとの連絡をうけちょっとウキウキで買って帰ってきました。happy01サイズは1/43で、今どきの二つ折り携帯電話位のサイズでしょうか。このSPECIAL EDITION WITH MUDDY FINISHとなっている汚し塗装モデルは、どれほどの需要があるのかわかりませんが、世界限定2000台との触れ込みで秋ごろに予約したものです。インターセプターとエネミーカーの2台セットです。

P1010088 劇中ではこれほどせまってなかったですが、配置がいいですね。happy01しかもエネミーカーと呼ばれている敵方の車は元の車も良く分かりませんが、こういった車は単体では売られないでしょうから、モデル化されるのは、とてもうれしいですね。エネミーカーのドア側面にはドクロマークが付いてます。ジェリカンや、スペアタイヤなどの小物も付いてたりします。2台とも亜鉛合金製ですが、値段の割に可動部分がタイヤの回転のみと、ドアも開かず、ステアリングも動かずでギミックが少ないのが少々残念です。こcoldsweats01

P1010089 以前記事にした1/18のオートアート製インターセプターの汚し版も出るので予約しましたが、こちらは大分延期になるようです。ありがたいcoldsweats01こちらも世界限定でした。なんか似たようなのとも思いますが、知ってしまったので仕方ないですな。weepオートアートは劇中モデルなんか結構見かけるので、面白いですね。今日見たのは、帰ってきたウルトラマンのマットビハイクル(コスモスポーツ)が綺麗に再現されたのが店頭に並んでました。

2010年12月 5日 (日)

第50回全日本模型ホビーショー その3

Ca3b00160001_2 ホビーショーラストを飾るのは個人的に気に入った物だけです。happy01 ケルベロスの1/6可動フィギュアです。MG42を小火器のように装備し、ドイツ軍のヘルメットにザクよのうな様相で、両者が融合したようなsign02デザインが秀逸です。 以前にもイベントの記事で紹介しましたが、色々バージョンがあります。

Ca3b00180001 2号戦車は1/6のフルサイズでしょうか。なのでそうとうでかいです。昔はデフォルメサイズでこういった車両を出してました(ロンメルcoldsweats01とか)が、今はサイズが合ってないと売れないでしょうから、ケッテンクラートやシュビムワーゲンとか小型の戦闘車両は見たことがありますが、デカいですね。ブラックホールとかのイベントで売り物ではなさそうでしたが、1/6のパンターは見たことがありました。

Ca3b00200001 これもサイズは大きかったです。いまとなってはサイズは覚えてません。coldsweats02 二式大挺は姿がいいですね。松本零士の戦場マンガでまるで家のようになっていた回を思い出します。

Ca3b00250002_2 ラストを飾るのはアオシマの軍艦島のモデル。これは面白いですね。ただ、最近見慣れた廃墟状態ではなく活況を呈していた頃の姿で、サイズもそれほど大きくないので、造りは少々甘い感じはありました。腕に覚えのある人は造りこんだり、廃墟バージョンなんかも出来そうです。sign02アオシマブースはスペースも広く、出展品も数多く勢いを感じました。またマッドマックス関連の新作も期待したいです。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ