« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月25日 (月)

ワンフェス 2011 その2

Ca3i0031_2 もう随分前に感じますが、その2です。震災などいろいろ最近は有ったので、なんか大分前の記憶になってました。 ウルトラセブンのクレージーゴン。デカいです。全高は4、50センチ位はあったと思います。このサイズで10センチの差はさらにイメージも違いますが。 ストーリーも良いですが、腹のシャッターを開けて高速道路で渋滞している車を腹に入れて地球の鉄資源を物色する巨大ロボット。 これは当時誰でもやったような、ミニカーをそれと見立てて遊んだりしてましたっけ。happy01 物心ついて再放送や書籍で見るようになってからは、当時のウルトラ怪獣はどれも秀逸で、特にクレージーゴンは、シオマネキをモチーフとしたような、もはや、アート、シュールな古典ロボットの名作だと思ってます。こちらの作品もデカいので、足の感じなどもリアルで凄まじいと思ってしまいます。 ちょい関連して、アートということで、芸術は良く分かりませんけど、GW中まで六本木あたりで開催されているシュルレアリスム展には、とても行きたいですが、バイクで行ければと思ってますが、休日にかかると込みそうで、現在検討中です。

Ca3i0032 こちらの方は版権が良く分からないので、タクシーの運転手さんです。coldsweats02う~ん、このズボンがずり落ちそうな位に、引き締まったお腹に、アートを感じますね。 良く特徴をとらえてそうで、彩色してみてもイケてそうです。 実にカッコいいです。 こういうのが根強くて、ふっと見かけると、来て良かったと思います。 1/6サイズ位でしたでしょうか。

Ca3i0033 UPにすると、ちと荒く彫刻っぽく見えます。 でも、こういった立体物が出るだけで、ありがたいですが。可動フィギュアで出てくれればとも思いますが、「スカーフェイス」のアル・パチーノの可動フィギュアも、欲しいと思いつつ、結局買わなかったので、わがままも言えませんね。

Ca3i0047 も一つオマケに、こちらのブースで、購入した、胸像です。B級品の塗装済み扱いのため、安かったです。 あの方ですが、塗装、見る角度によって、似てる似てないは、ご判断におまかせします。

いつになるやら、その3に続く。

2011年4月20日 (水)

TOP M4A1  その2

Ca3i0083 それで、購入してから色々細部が、昔のM16と違って改良されているのが、分かってきて、形は似てても熟成されているようです。 今は様々なアサルトライフルが出ていて、アメリカも次期主力アサルトライフルなど検討しているようですが、構造上ストックは折りたためないものの、やはり扱いやすさや、完成度は捨てがたいものがあるのでしょう。 TOPのM4は実際の重さとは違い軽いですが、カタログで重量約2.3キロと、丁度いい、とても扱いや易さを感じます。 グリップの前部のちょっとした突起もM16A1しか持ってなかった自分にはカスタムっぽく感じてしまう箇所です。coldsweats01 しかも当時のモデルガンだと、グリップは只の筒状だった気がしますが、TOPM4は、そうではないので、これはエアーガン的にグリップの内側もメカとして使っているのか、実物も埋まっているのか、さっぱり不明です。 ストックと本体のつなぎ目あたりも非常にすっきりしていて、見た目の扱い易さもUPしますね。スリングを繋げる後部側のパーツがこのつなぎ目あたりにあって、昔は無かったような、2点に分かれたタイプで、名前は解かりませんが、今風の体にぶら下げるような、イメージのスリングに適しているのが、付いてます。 しかし、なんとも素人な内容になってしまいましたが、M16A1からでは、かなりのカルチャーショックを受けてしまいますね。

2011年4月10日 (日)

L85?

Ca3i0098 以前紹介したカプセルトイのミニガンタイプの時に出たガトリングガン編にラインナップのマシンガンタイプです。画像細部までは見にくいと思いますが、ガチャガチャサイズなので、3分割パーツをはめ込んで全長15センチほどです。これも変わった仕組みがあって、グリップのチョイ後ろ辺りに、ハンドルが付いていて、トリガーを引いたまま、ハンドルを回転させると、カタカタ・・・とその度に撃針が前後して、ミニ弾丸を連射出来るようです。 ようですと言うのは、一回も撃っていませんので。coldsweats01 トリガーに小さいボッチが付いていて、トリガーガードの中まで指が入らなくてもトリガーを動かして発射することが出来るので、子供のオモチャに有りがちな、トリガーガードが異様にデカくて興ざめ的な、不格好さもさほどありません。

Ca3i0097 なんか外観はL85に似てるけど、なんか変だなと思って良く見ると、ブルパップタイプなはずなのに、マガジンとグリップ位置が違うので、フツーのアサルトライフルになってますね。 まぁこれはL85をモデル化したわけではなく、マシンガンタイプのNJ-0106(カタログ名)なので、L85じゃねぇsign03 と言う訳でこれはこれで、いいです。happy01 で、ブルパップタイプのトイガンは一丁も持ってませんが、1970年代終わり位には松本零士のマンガで見たのが初めて位だと思いますが、その頃から究極のアサルトライフルだと、興味津々でしたが、L85あたりの頃は、まだ黎明期な感じで、重量や、ストックに詰め込んだメカの状態など、折角の利点を生かしきれてなかったようで、デザイン的な面白さはあまり感じませんが、ステアーが信頼性、作動など良さそうですが、今風にバレルをもっと短くしてコンパクトなのもいいと思いますが。

Ca3i0096 これは関係ないですが、カプセルトイの金メッキの便器。

ストラップになっていて、フタが開いて、便座が上がって、中を見ると○○○が付いてます。coldsweats02

 オワリ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ