« シマウラのローター・・・ | トップページ | ドキドキはらはらの岡本太郎展 »

2011年5月15日 (日)

TOP M4A1 その4

Ca3i0088 TOP M4A1のエジェクションポート付近です。ボルトを引いてもスペースがあります。ダストカバーはもちろん機能します。電動ですがライブカートなので、当然ながら、ボルトを引いてカートを送り込んで排莢出来るようになっているので、今までの電動ガンと違って、メカの組み込みを考えると大変でしょう。M16系のモデルガンは久しく手にしてないので比較出来ませんが、ボルトのストロークはあります。ポートから見えるボルト部分は樹脂のようです。装弾には、それほど力を入れずにボルトが引けるようになっているとされてます。といってそれほど軽いわけでもなく、弱いテンションで作動する訳でもないので、結構、ガツン、ガツンとボルトは動きます。 マーキングは社名、ASGK、切り替えの表示意外は特に有りません。

Ca3i0089 電動ガンっぽくない画像ですが、カートはマガジンに30発詰められます。カートはプラ製のメッキで、非常に軽く、手でカート詰めていっても重さを感じることもなく楽々詰めていけます。マガジンの前方がストッパーがあってBB弾をこぼさないようにカート先端をガードするようになってます。メタルカートの発売予定もあるようですが、今の所出てませんが、出たら観賞用や作動でも試してみたいですが、このプラメッキカートは、30発の重さでも50g切ってて軽くて、快調に排莢されますし、30発買っても定価で900円ほどで、メッキも綺麗で全然問題ないです。 撃っていくと、やはりカートに傷はつきます。メッキもカートの先端、底部が主に剥げていきます。カートのリム部もいくらか変形していきますが、使用出来なくなるほどではありません。

余談ですが、このカートのメッキの細かな破片が、カートをばら撒いた所の近辺でポツポツと気が付くと落ちているのが、キラっと光っていたりしてわかります。coldsweats01

« シマウラのローター・・・ | トップページ | ドキドキはらはらの岡本太郎展 »

コメント

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
なるほど、TOPの電動M4はライブカート式なので通常の電動ガンとは明らかにメカニズムが異なっていると思われますよね。^^
それで、普通の電動M4A1はロアレシーバーとアッパーレシーバーは、フレーム後部にある太いピンを硬い物で押して片側へ抜くと、ロアレシーバー部分とアッパーレシーバー部分が簡単にパカッ!っと分割出来る様になっていて、電動ピストンなどのユニット部分はロアレシバーの上側に露出しますので、メンテナンスが容易な構造になっているのですが、TOPの電動M4の場合はレシーバーの分割はピン1本を抜くと簡単に分割出来るのでしょうか・・・謎
それで、トイガンダイジェスト2010の特集記事ではまだ発売前だったらしく、そこの所が不明なのですが、ガスBLKガンのKSCやWAやタニオコバのM4シリーズの様に通常分解をして各社のパーツ構成などを比較している記事がありましたが、TOPの電動M4はライブカート方式なので通常分解はわりと難しいのでしょうか。^^;
おおっ!それで普通は排莢方式ですとボルトのスプリングを弱くしてあるのじゃないか?とか思いますが、意外にテンションが強くて、ガツン!ガツン!とボルトが作動するのですね。^^y
それで自分ですと、これだけのギミックを搭載していれば刻印なんかは全然気にならないですね。^^
2枚目の画像なんかはモデルガンそのものっていう感じでマガジンに詰められたカートや一緒に写っているカートが真鍮色をしていて、物凄くリアルな感じがしますね。^^
それで、自分も昔、M16の作るモデルガンみたいな製品を買って作った際に、付属していたプラ製の.223レミントンのダミーカートを作った事がありますが、そのカートリッジをMGCのCAR-15コマンドのモデルガンの20発入りの箱に入れて飾っていましたが、ぱっと見ただけでは金属なのか、プラなのかは全くわからない程のリアルさでした。^^
マガジン先端のストッパーはボトルネックのサイズでBB弾を込めたカートリッジを装填しますので、カートの長さに対して、マガジンの前後長が長いので丁度よい感じになっていますね。^^
アルミにアルマイト加工をすれば軽く作れますので、ガンガン使用できる軽めの金属製のカートリッジがあればブローバックして地面に落ちたカートがチャリーン!って感じになると思いますので、早く発売されるといいですね。^^
それで、完全使い捨てのカートだという訳でもないのに、予備カートが30発で900円というのは非常に良心的な価格ですよね。^^
なるほど・・・プラスティックにメッキをかけてあるので、マガジンからチェンバーに装填される時や、ボルトに引き出されて排莢された際なんかに衝撃で少しずつメッキが飛び散るのですね・・・
ううう・・・TOPのライブカート式M4・・・自分も大変欲しくなって来ました・・・しかし今のトコロ、品薄の様ですし、財布の中身も薄くて(笑)FATBOYさまや人見広助さまの様に結構高価な長物を購入する事もままなりませんが、いずれは購入したいです。^^;
それで、これも余談ですがギロチン太郎さまって、FATBOYさまと昔からのお知り合いだったのですね~大分前から自分のジオログに残してくれたURLから辿って「人見広助のパノラマ島」へ遊びに行っているのですが、ワイルド7のポスターですか?とか、以前もMGCの取り扱い説明書みたいなのをFATBOYさまから頂いたって書かれてありましたし、最近はCMCの再販版のM1カービンを購入された様ですが、あれって自分も徳島のショップで触らせて貰いましたがスゲー出来栄えが良くて思わず欲しくて値段を見たら・・・(/||| ̄▽)/ゲッ!!!でした・・・ ^^;
それを、ちょっと悩みながらポン!と購入しちゃう人見広助さまも相当なコレクションの持ち主ですよね。^^
という事で話しが大分、脇へとそれましたが、とにかくTOPのライブカート式M4欲しいです!^^;
そういう事で、それではまた遊びに寄らせて頂きたいと思いますのでどうぞ宜しくです。^^

余談ですが、fatboyさんとは模型雑誌の個人売買コーナーで20数年前に知り合いました。
プラモデルとかモデルガンなどを譲ってもらって、それ以来のお付き合いです。
今と違ってインターネットが普及してなかったので郵便でのやり取りでした。一度もお会いした事ないのに長い付き合いですね(笑)。

>ギロチン太郎さま

こんにちは、そーすです。^^
なるほど~FATBOYさまとはそういう関係でのお知り合いだったのですね。^^

このブログで最初の頃にFATBOYさまがハドソンのダブルバレル・ショットガンの記事を書いていた頃からコメントを書いておられたので、多分、知り合いの方だろうな~とは思っていたのですが、これでよく分かりました。^^

しかし趣味を通じて20数年間のお知り合いとは凄く長いお付き合いですね。^^
それで、そうですね、インターネットが普及していなかった昔は、そういう雑誌の個人売買のコーナーがありましたね。^^

自分も昔、月刊GUN誌に個人売買欄があって、バーネットのクロスボウを「譲る」っていう欄へ投稿したりして、金沢の方からハガキが届いて送ったりしましたが、大抵は、商品の購入が目的ですので、取引が終了すればそれで終わり…という様な感じでした。^^;

それでギロチン太郎さまのアメブロは更新頻度も凄く速くて、模型やトイガンに対する見識もFATBOYさまと同様に深くて読み応えがありますので、まだコメントは付けさせて頂いた事はありませんが、ランキングへ参加しておられる様ですのでボタンはよくポチッと押させて頂いております。^^

そーすさま、おはようございます。FATBOYです。^^
TOPのM4は説明書に通常分解として、エジェクションポート前方のピンを抜いてバレルとアッパーレシーバーごとガワだけ外れてインナーバレルのメンテナンス等出来るような写真が出ています。 実際分解しことはありません。
そーすさまも以前、作るモデルガンも、カートがプラでMGCのCAR-15に詰めてリアル感を楽しんでいたんですね。ダミーカートですと、更にリアルですね。
そうですね、メタルカートでなくても十分楽しめますが、メタルが散らばる音もまたいいでしょうから、発売したら購入しようと思ってます。
ギロチン太郎さんは、そうです、古くからお世話になってるかたで、気が付くと、もう随分な年月があってますね。^^;
アメブロの更新も早く見て楽しまさせてもらってる位ですが、昔の物でも大切に保管されていて、今の物もコレクションされていて、モデルガンは発火もおしみなくされてるのが凄いです。
それで、自分が雑誌売買欄に投稿した頃に、多分、大方のコレクションを手放したので、その頃から、当分、自分のミリタリー氷河期と思われます。^^;
それで、そーすさまにお調べ頂いた「ピポッドポッドグリップ」という製品は、同じような形のようですが、自分の見たのは、廉価版かコピー品か、オリジナルかさっぱり不明でしたが、数千円位の物でした。
バイクの方はまだ修理段階でもなく、悪い箇所を見て、見積もりを聞いてから、部品をそろえていく状況のようです。^^;
さすがに長くのってても、こいいったキッカケで手放さざるをえなくなるケースも出てくるのを感じます。^^;
今は出来れば、また快調に走れればと思ってます。
そーすさまのゴリラは異常個所も無いようで何よりです。^^

ギロチン太郎さま、ホント、長いことお世話になってます。^^
当時のアナログな郵便でのやり取りから考えると、今はハイテク?となり進歩しました。

FATBOYさま、こんにちは、最近随分と蒸し暑くなって来ましたね。××
なるほど、なるほど、分解は新品ですし普通やりませんよね。^^; それでなるほど~エジェクションポート前方にあるピンを抜くとバレルを含むアッパーフレーム側のガワだけが外れてインナーバレルのメンテナンスが出来るようになっているのですか・・・納得。^^

それで、以前、自分が作ったのは確かLSのバナナ型の30連マガジンが付いた、ほとんど全てがプラスチックで出来たM16の、XM177シリーズのプラモデルみたいなライフルでして、6mmBB弾は発射出来たか?どうだったのか?さえ忘却の彼方へ行ってしまい謎なのですが、とにかく20発~30発のダミーカートが付いていまして、本体の大きさやダミーカートのサイズは実物と同じでして、ダミーカートは軽いプラスチックのボトルネックの薬莢部分に金メッキが施されていて、銅の様な色をした弾頭部分を接着材でくっつけてはめ込み式で作ったのですが、20発以上のそういうカートが付いてまして、見栄えが良かったので、MGCの金属製BLKモデルガンのCAR-15コマンドの20発入りの真鍮製カートのパッケージの緑色の箱に、そのLS?のプラモデルのM16のダミーカートを20発差し込んで、紙箱のふたをせずに飾っていたという事でして、MGCのCAR-15コマンドの金属製マガジンに装填して遊んでいたわけではありませんで、紛らわしい書き方になってしまい申し訳ないです。m(_ _)m

それで、話題はTOPのライブカート式M4へ戻りますが、FATBOYさまが仰る様にプラスチックのカートでも十分迫力はありますが、カートが床に落ちた時のチャリーン!チャリーン!っていうのはやはり楽しいですので、メタルカートは発売して頂きたいですよね。^^

それでギロチン太郎さまとはもう20数年来の御友人だったというのは、上の御本人のコメントで初めて知りましたが、趣味を通しての凄く長い付き合いと言う事でとても驚きました・・・なんたって模型雑誌の個人売買コーナーで知り合ったと言うところが原点ですしね。(⌒^⌒)b ニカッ!

それで、ギロチン太郎さまのアメーバブログの更新は凄く早くて楽しいですよね。^^
それに、表面仕上げや塗装等はモデラーならでわと言う感じで上手ですし、多少古いABS樹脂製の発火モデルガンでも亜鉛合金のパーツはきれいに磨いて塗装して、本体もパーティングラインも取って、再塗装したりして、レストア後は最初よりいい製品になっちゃってる気がしますよね。^^
で、発火は以前、CAWの.32オートのシーンなどしか拝見していませんが、バレルが割れても、交換してまた兆戦!というトコロが粋ですよね。^^
それで、なるほど・・・FATBOYさまがギロチン太郎さまと出会った頃はコレクションを放出していてミリタリー氷河期ともいえる様な状況だったのですか・・・しかし、それを購入されたギロチン太郎さまが今も沢山、懐かしい製品を持っていらして・・・(-ω-;)ウーン、深い関係ですネ・・・ ^^;

あっ、それでミリタリーショーで見掛けた「ピポッドポッド・グリップ」っていうのっは形はそっくりでも価格が「アクセスオーバーシーズ」の製品ほど高くなくて普通の価格なんですね・・・っていうか、23,000円なんていうフォアグリップの価格の方が異常に高価なだけなのですけどね・・・ ^^;

それでハーレーは人間でいうとまだ検査中というトコロなんですね、きちんと直る見込みがあればFATBOYさまとしては乗り続けたいトコロですよね・・・しかし、パーツが足りないとか、修理費が物凄く高いと手放さざるを得なくなる場合もありますよね・・・自分も以前乗っていたスープラはオーバーヒートした際に「もし直すとすると40万円以上かかりますがどうしますか・・・」なんて聞かれて、仕方なく手放してしまいましたし・・・(T-T)
きっちり直ってまた乗れるようになるとよいですね・・・ ^^;

そーすさま、こんばんは。もう夏の気温のような日も出てきましたね。^^;
M4の分解は、面倒なのと、たぶん傷つけてしまいそうなんでやらないだけで、そのうちオイルでもさすのに機会があればやってみようと思います。
モデルガンではカートがリアルではないので、プラ製でもリアル形状のダミーカートは、モデルガンの側に置いてもリアル感がましますね。
そーすさまのコメントには、ちゃんと、「箱」と書かれてますので、「マガジン」ではありませんでしたね。自分の早とちりでした。m(--)m
そうですね~、グリップが2万3千円とかしますと、トイガン本体も色々と買える値段ですので、迷える価格ですね。^^
それで、車輛を長く乗り続けたい気持ちは、そーすさまと同じ気持ちですね。 あとは部品代はともかく工賃がネックとなりますね。 自分も今回は、初めての岐路になりそうですね。^^;
 

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
最近、本当に夏の様な天気の日が多くなってきて、自分の乗っているホンダ・ライフの様な軽四輪ですと、少しの間直射日光が当る場所に置いているだけでも車内が焼け付いた様になりますので、曇りや雨の日の方が却って涼しくて心地良く感じますね。^^;
あ~それで分解はTOPのM4はライブカート式で精密に出来ている様ですので、もし自分が持っていたとしてもFATBOYさまと同じく多分やりませんね・・・ほんと、傷が付いちゃうと困りますしね。^^;
それで、LS(だったと思うのですが)のM16のカートリッジはプラスチック製でしたが見た目やサイズは本当に良く出来ていたのでMGCのモデルガンのカートの箱に入れて飾っていても綺麗でした。^^
それでMGCのモデルガンのカートは真鍮製の細長い筒状のカートでしたが、直径がLSのダミーカートと同じ位でしたので20発入る箱に綺麗に入っていた記憶があります。^^
それでアクセスオーバーシーズのバーチカルフォアグリップの23,000円という価格は実物に付ける程の価格ですし、トイガンが1丁買えちゃう値段ですので、他のメーカーの比較的安価なフォアグリップでも十分に高品質な製品もある様ですので、自分ですと他のを購入すると思います・・・ ^^;
それでハーレーは思ったより重症な感じの様ですので工賃が高い様ですと困りますね・・・(-o-;
何とかうまくいくといいですね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/51677329

この記事へのトラックバック一覧です: TOP M4A1 その4:

« シマウラのローター・・・ | トップページ | ドキドキはらはらの岡本太郎展 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ