« TOP M4A1 その4 | トップページ | オトバン祭 1 »

2011年5月23日 (月)

ドキドキはらはらの岡本太郎展

Ca3i0194 5月8日、東京で開催された生誕100年・岡本太郎展が最終日だったので、行ってきました。美術館が皇居に道路を挟んで隣接しているので、二輪で行ったものの駐輪出来るか不安もありましたが、なんとかなりました。happy01天気も良くて気温もあってのんびりした会場な画像に見えますが、最終日だけあって実は激混みでした。 午後1時前後で、10分程度で待ちましたが、会場を出るときには30分待ちとなっていたので、まだマシでした。岡本太郎と言うと、子供の頃でも万博や、その後CMなどで、印象に残っている芸術家ですが、作品を見て色使いやデザインなんか、とてもインパクトが有って見て良かったですね。映画「宇宙人東京に現る」のヒトデのようなデザインの宇宙人はモデル化された物よりデザイン画は全然違って洗練されてましたね。その他、日常に有ったような物で、タイアップされたような小物も展示されていて中には家に昔あったかもと思うような物もあって、また身近に感じました。中は人の流れの悪い人気作品の箇所があるので、ある程度妥協して見進めました。 海洋堂のコラボガチャはとうに売り切れていたようで販売終了でした。1個400円と高いですが、1個位回してみたかったです。

Ca3i0206 画像右の三角クジが出口近くで1枚引けるのが面白かったですね。その手前のコーナーに「太郎のことば」が壁一面にありまして、そのような言葉がこのクジを開けると書かれています。見終わってバイクのエンジンを掛けると、それまで異音があったもののなんとか乗れてましたが、急にデカい音でエンジンから「カラカラカラ」と激しい音がして、「こりゃ、ヤバい!」と思いつつ、暫く走ってこわごわ乗ってましたが、なんとか走ることは出来そうなので、信号でアイドリングストップなどしながら、翌週車検で入庫する予定でしたが、そのままお店までなんとか走って、入庫させてもらいました。 約20キロ位走りましたが、その間ハラハラどきどきでした。coldsweats02 最近になって原因は前方側のシリンダーに原因がありそうなことが判明しました。 まぁ今回は車検、修理、パーツ交換と結構かかりそうです。

Ca3i0207 太郎展と開催終了が同じだった、六本木で開催されていたシュルレアリズム展は開催が延びて行けると思ってましたが、バイクが入院になったので断念しました。 

さて、クジの内容は画像の通りです。

« TOP M4A1 その4 | トップページ | オトバン祭 1 »

コメント

引き続きお邪魔しております、そーすです。^^
おおっ、以前ワンダーフェスティバルの記事で書かれていた岡本太郎展へ行ってこられたのですね。^^
1枚目の画像を拝見しますとのんびりした感じに見えますが、5月8日というとゴールデンウイークの最終日の日曜日でしたので人出も多かった様ですね。^^
それで自分も岡本太郎と言えば、まずあの大阪万博で建てられていた「太陽の搭」の奇抜なデザインや、「芸術は爆発だ!」とか言ってたCMなんかが印象的な芸術家ですね。^^
もうお亡くなりになっていると思うのですが、生誕100年にもなるんですね・・・という事は・・・1911年生まれという事で、コルト・ガバメントと同い年だったのですね。^^;
それで「太陽の搭」のデザインを見ますと、ピカソの絵を見ているかの様な非日常的な印象を受けるのですが、芸術家の方の思考力というか、創造力というのは常人では考え付かない様な能力ですよね。
それで自分は「宇宙人東京に現る」という映画は知らなくてよく分らないのですが、そのヒトデの様な宇宙人のデザインも、元は岡本太郎氏がデザインされたもので、映画に出たというヒトデの様な宇宙人よりも洗練されていたのですか・・・やはりタダモノではないお方だったのですね~。^^
( ̄ェ ̄;) エッ?それで日常にあった様な物で、岡本太郎氏がデザインしたような製品ってどんなのでしたっけ・・・もしかしたら、太陽の搭の顔の部分を使った何かなのでしょうか・・・謎
それで、特に人気作品の前とかはそういう感じになりますのでゆっくりと見られなくて大変ですね・・・それで「海洋堂」とのコラボレートしたガシャポンっていうのは、もしかしたら2月のワンフェスの記事で拝見したあの「太陽の搭」なのでしょうか・・・1個400円とは言え販売が終了していたのは残念でしたね・・・
それで、「太郎の言葉」っていうのを氏は沢山書かれていたのですか?多分、人に伝えたい事がいっぱいあったのでしょうね・・・ ^^
それで、FATBOYさまが引いたくじには「下手ならむしろ下手こそいいじゃないか」って書かれてあったんですね~それって、背伸びせずに等身大の自分でいればいいじゃないか、っていう意味ですかね・・・謎
でも、なんか、何もかもが競争社会になっている様な現代の日本ではちょっと(´▽`) ホッ!とする様で癒される言葉ですね。^^
あっ、それで岡本太郎展を見終えて帰る時にハーレーの調子が悪くなったのですか@@エンジン音がカラカラカラ・・・・って、まじでやばそうな音ですね・・・汗
でも原因は前側のシリンダーに原因がありそうな事が判明したのですね~でもよく店まで走れましたね。@@
あ~!なるほど・・・それでタイトルがドキドキはらはらの岡本太郎展ってなってたのですね。^^;

そーすさま、こんにちは。FATBOYです。^^
天気も下り坂で台風も心配されますね。xx
天気がいいと、そーすさまのように車内も高温になりますので、毎年窓をちょい開けたりして気休めして駐車してたりします。^^
コメント頂きましてありがとうございます。
バイクの方は、今現在も、見積もり待ちといった状況です。ご心配頂いてありがとうございます。^^
いま暫くかかりますが、形を少々変える予定なので、少々楽しみもあります。^^
それで、そうなんです、ワンフェスでちょっと書いた、岡本太郎展に行ってきました。
やはり、そーすさまも、太陽の塔やCMで印象に残られてるようですが、生誕100年といいますと、なるほどコルト・ガバメントと同じですね。^^
映画「宇宙人東京に現る」というのは、自分も見たことはないモノクロの映画ですが、その宇宙人は昔の怪獣百科事典とかに写真位で見たことがあるか、近年、しょ~もない怪獣として紹介された記事を雑誌で見たとか、その程度ですが、岡本太郎デザインとしては知られていました。
実物は中心部に大きな目のある黒いシーツの生地のようなヒトデ型宇宙人で,、あまり魅力はないですが、デザイン画は体に放射状に柄があったりして、人間がそのまま中に入って演じるようなデザインには見えませんでしたので、デザイン画のアートなイメージで、モヤモヤが解けたような気持ちでした。^

日常にあった物は、飲料のオマケのグラス、お菓子の缶のパッケージデザインなどなど多数展示されてましたが、グラスを見たときに昔あったような記憶が蘇りました。
会場のガシャポンは以前の記事のときには写っていないと思いますが、5種位だったようです。
太郎の言葉は壁面に大小文字で、みつおのようにいっぱい書かれてましたが、いろいろ良い言葉が書かれてました。
自分が選んだのは、「下手なら・・・」でした。これも何かの縁と思いますので、この言葉をちょっと意識出来ればと思います。
今回のタイトル終わりの方まで読まないよ、なんだか良く分からない記事となってます。^^;

FATBOYさま、こんにちは、そーすです。^^
台風・・・大きいのが来ててドキドキしてます。^^;
しかし、香川県はその台風が来なければ水不足になりますので「痛し痒し」と言った様な状況なのですよね... orz
それで、梅雨入り前だった頃は毎日直射日光が強くて、窓に銀色の「日光を遮断する板」を立てかけておいても、気持ち程度でして、ホンダ・ライフは軽ですので、車内が狭いのと、車体の鉄板も薄いので、すぐに熱くなりまして、一旦熱くなるとエアコンも効きが悪くて、これからの季節は大変であります。^^;
おお、FATBOYさまは窓を少し開けて駐車してたりするのですね~室内から熱気が逃げますのでかなり有効な方法ですね。^^
それでハーレーは只今見積もり中なのですね・・・おおっ!それで形を少々変えるっていうのは新鮮で楽しみですね。^^
それで岡本太郎氏は既にお亡くなりになられていますが、芸術家の作品っていうのはえてして、ご本人がお亡くなりになられてから評価が高くなって、絵画や作品の値段も高くなって行く様な気がしますね・・・音楽は価格がどうの、と言う事はありませんが、売れ行きはご本人がお亡くなりになっていても売れ続ける曲というのも珍しくはないですし・・・
それでも、岡本太郎氏の作品はご本人が健在の頃から有名ではありましたよね、「太陽の搭」なんて今じゃ「大阪のシンボル」として永久保存ですしね。^^
M1911も同じく米軍制式となってから100周年を迎えますが、まだまだ人気や実力は衰えてませんし、本当に名銃ですよね。^^
それで映画「宇宙人東京に現る」で出て来た宇宙人というのはそういう感じだったのですか・・・映画の宇宙人の着ぐるみで再現するのには、岡本太郎氏のデザイン画はあまりにも難しい位素晴らしかったとも言えるかもしれませんね。^^
それで、岡本太郎氏の作品で日常にあったのは、飲み物のオマケのグラスとか、お菓子の缶のパッケージのデザインとかというと、本当に身の周りにごく普通に芸術家のデザインが存在していたのですね。^^v
それでなるほど、ガシャポンの中身はワンフェスの記事の際に拝見した画像の中には写っていない物だったのですか・・・それにしても最終日という事で売り切れていたという事で残念でしたね・・・
それで「太郎の言葉」というのは、どうも岡本太郎氏の経験して来た人生観が書かれている様な気がして、どの言葉にも深い意味が込められているのではないか?と、ついつい想像してしまいます。^^
自分も何か癒されるような言葉が欲しいですね・・・後でちょっと「岡本太郎の言葉」をキーワードにして検索してみます・・・
それで、タイトルは本当に最後まで読んでいて「あっ、なるほどね・・・ ^^;」っていう感じで気付きましたが、自分が別のタイトルを付けさせて頂くととしますと「行きはよいよい帰りは恐いよ岡本太郎展」ってどうでしょうか・・・汗
ということで最後がおそ松くんで、シェェェー!でした... m(_ _)m

そーすさま、こんにちは。FATBOYです。いつもありがとうございます。^^
この時期の台風上陸は意外でしたが、大雨や風はあったものの、まともな被害はこちらでは受けなかったので助かりました。随分早く梅雨入りしてしまっているし、水不足は困りますが、その分早く明けてほしいもんです。^^
夏本番になると車内の熱気は大問題ですが、窓をホンの少々開けて駐車してますが、実際温度を計ったりはしてないので効果のほどは不明ですが。^^:
風が吹いて車内の空気が流れれば大分ちがうと思います。
バイクの方はついに決断をしなくてはならない位の見積もりが出たので、本日中にも決断をしに行く予定です。
それで、おっしゃるように亡くなってから評価されるアーティストっって多いですよね。岡本太郎もおっしゃるように健在の頃から一般にも有名な方でしたが、会場では当時、タモリと「今夜は最高」でしたか、共演されていたVTRが流されていたり、そういった番組があったのを見て普通にバラエティに出ていて身近にも感じました。
太郎の言葉は多数展示されてましたので、本になっていたかもしれません。
「行きはよいよい帰りは恐いよ岡本太郎展」ってのも中々いいですね。
なんだろう?と思ってしまうのが面白いですね。^^
最近は、なんだか良く分からないタイトルをつけて自分で勝手に楽しんでます。!?^^;

FATBOYさま、こんにちは、そーすです。^^
台風2号は室戸岬沖で温帯低気圧に変わりましたので、雨はたくさん降りましたが、県内では風による被害はありませんでした・・・それで確かに例年より梅雨入りも早いですし、こんなに早い時期から台風が来る年もあまりありませんよね・・・本当に早く梅雨が明ければいいですよね。^^;
それで直射日光にさらされたまま半日ほど乗用車を駐車していると、車内の温度は物凄い高温になると思われまして、エアコンの冷房をかけてしばらく車外に居ませんと、ハンドルなんかは焼け付いててすぐには握れない位熱くなってたりしますし、防犯上問題がない場所でしたら少しの時間位は窓を開けていたほうが次に乗る際に短時間で乗れる様になりますよね・・・ ^^;
それで、車体が焼け付いて車内も同様に熱い時には、FATBOYさまが仰る様にドアを全開にして、一旦、車内の熱気を逃がしてから冷房をかけると大分違いますね~。^^
それで・・・ハーレーの修理の見積り額が出たのですね、決断をしなくてはいけないというのはもしかすると、ハーレーを手放されるという事なのでしょうか・・・謎
それでなるほど、自分も岡本太郎氏は健在の頃から名前や芸術家だったという事くらいは存じておりましたが、バラエティー番組などにも出演されたりして身近に感じられる御方だったのですね~。^^
「太郎の言葉」というのは検索してみたらFATBOYさまが仰る様に本として出版されているようですね。^^
きっちり最後まで読まないとタイトルの意味が謎なのって、映画のタイトルとかもそういうのが時々あったりしますよね・・・いや~タイトルで変なのと言えば、自分がランキングに参加している「ミリタリー」の中に骨董屋を営んでおられる方がおられるのですが、時々「あっ」とか、「かっ」とかが「記事のタイトル」だったりして思わず何を書いているのか?見てしまいたいブログもありますね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/51751741

この記事へのトラックバック一覧です: ドキドキはらはらの岡本太郎展:

« TOP M4A1 その4 | トップページ | オトバン祭 1 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ