« オトバン祭 1 | トップページ | オトバン祭 2 »

2011年6月12日 (日)

オートアート インターセプター アルティメット・エディション

Ca3i0224 以前記事にしたオートアート 1/18 マッドマックス2 インターセプターのアルティメット・エディションです。汚し塗装版という感じです。世界限定台数ということで、以前と一部違いもあったので、少々根が張りましたが予約購入しました。2月下旬に入手して大地震の時に飾ってあったので、本体が落ちる、物が当たるなど被害を受けたようで確認したら一か所、塗装にダメージをくらってました。埃が目立ちすみませんが、実物はもうちょい綺麗です。coldsweats02

Ca3i0226 運転席側からの俯瞰ですが、ノーマルモデルとは別に変りはないですが、良く造りこまれてますね。画像では解かりませんが、このフロントノーズのタイヤの上辺りに傷が出来てます。傷は汚し部分としてサッと塗装すれば、なんとかなりそうなので、気になるようならいずれ塗るかもしれませんが、さして気にならないのでこのまま置いておくと思います。

Ca3i0227 今回の目玉は、この劇中でカーチェイスしている相手の車に追突してバンパーが外れてしまった状態の再現が出来る所です。かなり違う雰囲気がします。ライティングの関係で、ライトが点いているようにも見えますが、ライトは只のパーツで上の画像の車内の明るく見えるのも、点灯などのギミックはありません。

Ca3i0230 ライト回りのバンパーパーツは、デタッチャブル・フロントバンパーとして、こんな感じで外れるようになっていますが、凹凸でははめ込むタイプではなく、極目立たない部分による磁石によりくっ付きで取り外しが出来るので、差し込み部を折ってしまうような破損がないので、これは良いですね。happy01ボンネットも開きます。裏返すと勿論自爆装置もあります。劇中小物もノーマルと同様、汚し塗装された物を含めて充実してます。ドッグは付いてませんでした。

« オトバン祭 1 | トップページ | オトバン祭 2 »

コメント

またまたお邪魔しております、そーすです。^^
確か、大分前にこのブログですごく綺麗で黒光りしているインターセプターを拝見した事がありますが、これはそのウエザリング仕様という事で、販売数も世界限定という事で稀少品ですね。^^y
それでなるほど・・・311の地震の際に被害を受けて少し傷が入った部分があるのですね・・・もう地震での被害は仕方ないとも思えますよね・・・(-ω-;)
それで、やはり、世界限定販売という事で2枚目の写真を拝見しましてもよく作られているようですね。^^v
3枚目の画像のバンパーが外れたところや、スーパーチャージャーの部分は凄い迫力を感じますね。@@
それでヘッドライトは光の加減で点灯ギミックが組み込まれた様な画像に写っているのですね~ぱっと見るとヘッドライトが光る様に出来ているのかと思いました。^^;
それで4枚目の画像を見ると、バンパーとヘッドライトのカバーの様な部分はこんな感じで磁石で脱着出来る様になっているのですね、それにボンネットにもちゃんと穴が空いていてスーパーチャージャーの部分がエンジンルームの部分からにょきっと突き出ているところも迫力ですね。^^
世界限定販売という事で少々値が張ったという事ですが、もはやお宝ですね。^^v

そーすさま、こんにちは。いつもお立ち寄り頂きありがとうございます。FATBOYです。^^
そうですね~、最終章はテレビで見た記憶があまりないので、レンタルとかで見たとかでなければ、ご覧になってないかもしれませんね。
お~「、Gメン75」ありましたね。倉田保昭は確か、ブルース・リーのブームに乗っかってドラゴンと言う名称を使って紛らわしい映画に出ていたり、テレビの「闘え!ドラゴン」とかやってた記憶がありますが、顔立ちなんかも格闘家という精悍な感じでかっこよかったですね。
ターミネーター2やってましたね~。なんか大分カットされてましたが。 
自分のバイクの方は、現在は修理を依頼して修理部品を揃えてもらって修理を始めてもらうようにしました。
直るのはまだ大分かかりそうです。^^:
それで、以前記事にしたインターセプターとはバンパーが外れるのは大きな違いですが、高いので実の所あまりバージョン違いは望んでません。^^;
傷は付きましたが、直せそうだからでしょうか、何故かそれほど気にならずにいます。

FATBOYさま、こんにちは、そーすです、お邪魔しております。^^
最近随分と日没の時間が遅くなってきてこの時間でもまだまだ明るい時期になりました。^^
それで男たちの挽歌~最終章~はFATBOYさまが仰る様にテレビで放映された事があまりないという事でしたら自分は見た事が無いかも知れませんが、ひょっとしたら見た事があるかもしれません←何じゃそりゃ・・・ ^^;
それで、あの倉田なにがしさんという御方は「倉田保昭氏」という御方でしたか・・・名前が全然出て来ませんでしたのでFATBOYさまに分って頂けるかどうか心配しておりましたが、逆に教えて頂き恐縮です。^^;
それであの御方は本当に本格的なアクション俳優さんで、日本では数少ない本格的な格闘家とも言える俳優さんですよね。^^
それでターミネーター2は自分もジョンが街角にあるATMを勝手にいじって現金を引き出してゲーセンで遊んでいる所が出て来ませんでしたので、~アレ?(・・?))(((;・・)アレ? こりゃ大分カットされてるな~って思いましたね。^^;
しかし、コンバット・マガジンの方で活躍されている「小峯隆夫氏」はサラコナーが収監されている精神病院から逃げ出そうとした際にT1000に見事な撃たれっぷりを披露してましたね。(笑)
それで、おおっ、時間はかかりそうな様ですが修理を依頼されたのですね!やはりFATBOYさまにとっては長年苦楽を共にしてきた相棒の様なバイクだと思われますし、時間が多少かかってもきっちりと直るとよいですね。^^y
それで、オートアートっていう会社の特別仕様ってそんなに高価なのですか。@@スゲーーー
それで自分で直せるのでしたらあまり気になりませんかね、しかし、値が張るって・・・一体、いくら位したのかが興味津々ではあります。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/51922700

この記事へのトラックバック一覧です: オートアート インターセプター アルティメット・エディション:

« オトバン祭 1 | トップページ | オトバン祭 2 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ