« 福井でタイムスリップ | トップページ | 九州へ① »

2011年9月23日 (金)

カラー ウルトラQ その5

Ca3i0379 これはプレミアムBOXⅠの特典のソフビのナメゴンです。 せっかく買われた方もいるので、部分的な紹介にしておきます。 サイズはバンダイのウルトラ怪獣コレクションサイズ位でしょうか。 硬いタグ付きの初版の頃、結構集めてましたが、今は有りませんので推測ですが。 こちらは体も柔らか目で、目は別パーツになってます。目ははめ込み式となってますが、一度奥まで完全にはめ込んでしまうと抜くのも大変そうなので、画像は緩く差してある程度です。 表面は光沢も再現されていて滑り感が出ていて気持ち悪い位です。coldsweats01

下の箱はナメゴンが入っていた紙のケースですが、どの面を見てみても昔のテレビのイメージとなっていて面白く仕上がってます。

ナメゴンとか立体物として特に目新しくないと思ってましたが、こうした凝った工夫がされている物は、やはり面白いですね。Ⅱの膝を付いたカネゴンも期待ですね。

« 福井でタイムスリップ | トップページ | 九州へ① »

コメント

FATBOYさま、こんばんは、引き続きお邪魔しております、そーすです。^^
ううっ、ナメゴンの体の色が緑色で光ってて見事ですが、何と、表面は光沢まで再現されていて滑り感が出ていて気持ち悪いって・・・@@
ウルトラQのDVDボックスにはこんな豪華な箱入りのソフビのナメゴンまで同梱されているのですね。^^
このナメゴンが画面に映っているみたく見えるナメゴンのソフビが入っていた箱は本当に当時のテレビに見えますね。^^
ダイヤル式の芯棒ヘ差し込むタイプのチャンネルは、自分が観たい番組をかけておいて、チャンネルのつまみを引っこ抜くと他のチャンネルに変えられないのでやりましたっけ。^^;
それで、あまりチャンネルをガチャガチャ回してますと、放送局の映る位置がズレてきたりしまして、例えば、9と10の間でチャンネルのダイヤルが停止したりしてましたっけ・・・ ^^;
それで、あまり珍しくはありませんが、自分は昔カネゴンのソフビを持ってたことがあって、かわいくて好きでした。^^v

そーすさま、こんにちは。FATBOYです。いつもありがとうございます。^^
そーすさまのお兄さまが乗られていたセリカ1600GTは、そういったいきさつで置いてあったのですか。  その後、部品を生かすことが出来て、セリカ2000GTも再生出来てやはり良かったですよね。^^
「JAPANESE TOYGUN HISTORY」は、そーすさまも紹介されている中で多数持っていたようで、本自体も最後の一冊と言うことでお役にたててうれしいですね。^^
マルイの造るモデルガンのカートは当時のイメージの記憶しかないのですが、金ピカで真鍮のようなシャープさが無かったので「ボテッ」とした印象で本体の価格を考えても亜鉛と思われますが、そーすが現在もお持ちだと言うM29のカートも貴重だと思われますので、そのまま保管されるのが良いかと思われます。^^
テレビは買い替えなどで、大画面にする可能性があれば、ブルーレイ化も良いかもしれまんせんね。
ホームランバーはガラスを開けることは出来ませんので、只の形だけのようですね。
特典のナメゴンは、映像がカラー化したとは言え、色が不明の怪獣の一つのようで、ソフビはこんな仕上がりでした。
おっしゃるように外箱が凝ってて良い雰囲気となってます。^^
昔のテレビはチャンネルとか抜けたりして、結構アバウトでしたよね。^^:
そーすさまがお持ちだったと言うカネゴンは、来年発売のBOXⅡで特典になる予定です。

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
そうなんですよね~兄が乗っていたセリカ1600GTは田舎道を走行中に横から飛び出して来た犬をよけようとしてスピンして横にあった家のブロック壁へ激突して大破してしまったので、自分ちの田んぼへ放り込んであったので、たまたま知人から2000GTを譲ってくれると言われた際にも、2000GTもかなり酷い状態でしたが、田んぼの中の1600GTの部品が使えるかなあ・・・という思惑があったので貰って来て色々と直したのですが、やはり車検を取ってまで乗るよりは、当時自分が乗っていたトレノの方がマシだったので返す事になったのですが、本当は一度はセリカに乗りたかったのですよね。^^;
それで「JAPANESE TOYGUN HISTORY」は残り一冊でしたのでこのブログで読むのが遅ければ売り切れだったようでしたので本当にラッキーでしたし、ありがとうございました。^^v
それで、そうそう、マルイの造るモデルガンシリーズのカートで、自分が持っていたM29のシルバーメッキのに付いていたカートもFATBOYさまが仰る様に、モデルガンの真鍮カートリッジの様なシャープさがなく「ボテッ」っとした感じですね、それと大きさの割りに重さが軽いイメージがしますのでやはり亜鉛合金にメッキの様ですね~。^^
それでM29のカートはもう緑色の粉を吹いてますし、真鍮じゃないとしますと酸にさらして元に戻すのも無理っぽいのでそのまま保管ですね。^^;
それでテレビはリビングの32型のテレビがブルーレイに対応しているのですが、もっと大画面のに買い替えをする場合にもブルーレイ対応型の製品にしてくっきりと見たいですね。^^
それでアイスクリームの入った冷蔵庫はまるで電源が入っていて、中にあるアイスクリームも本物の様に見えるのですが、昭和レトロの製品の展示品という事で、やはり何かで造ったホームランバーが入っているのですね・・・ ^^;
それでナメゴンの色はモノクロですと想像しづらい所がありましたが、よく考えますと自分が以前持っていた「カネゴン」の「ソフビ」も、元はモノクロで色が不明なのに彩色されていましたので、あれは発売元が勝手に付けた色だったと思われるのですが、このナメゴンの様に、「Ⅱ」ではリアルなソフビとなって拝見出来る様で楽しみですね~。^^
外箱のテレビも良い雰囲気ですしこういうDVD BOXは高価なのでしょうがコレクション的価値は高いですね。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/52809176

この記事へのトラックバック一覧です: カラー ウルトラQ その5:

« 福井でタイムスリップ | トップページ | 九州へ① »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ