« 断崖絶壁 | トップページ | ゴールドファットボーイ »

2011年11月19日 (土)

どうしようか・・・検討中

Ca3i0504 取り敢えず、3号まで出たので買ってしまっている。 最近出た燃えろ、新日・・・なるDVD。 形態はデ社で浸透した隔週販売のスタイル。 BOXセットなんてのは手を出し難いが本屋で創刊を見かけて、迷って買ってみたら、懐かしいし、興奮する。 その後、新聞で広告を見かけるし、周りでもチラホラ買ってたり、話題にもなってたりで、結構受けているよう。 3号で今後買っていくかの岐路になった。 猪木の異種格闘技戦あたりから興味を持って、初代タイガーマスクで頂点になって、分裂や、猪木の衰退と共に見なくなっていったので、三銃士や、ライガーとかは個人的に燃えてこない。 長州戦は見たかったので、3号は購入したものの、ここまで買ってしまうと、見たい試合と興味の無い試合がまぜこぜになって発売されてもズルズル買ってしまいそう(闘魂三銃士の試合も見れば面白いが)。coldsweats01 まだ個人的にもビデオデッキも持ってなかった時代でもあり、当時以来見る試合なので面白いなぁ~。 当時は、プロレスについてあれやこれや言われてても、面白かった。 日本人、外国人、とにかく個性的なスター選手ぞろいだった。 今思えばタイガーマスクが新日を離脱して、前田、高田あたりがシュートレスリングを押し出してきてから、強さは分かるものの、見る、見せるプロレスと言うのが減っていったのが、寂しい感じだった。 ここまで見て小林邦昭の華麗なる網打ち式原爆固め(今は死語!?)、ハンセンがアンドレを投げる、猪木の全盛期の動き、タイガーマスク対キッド戦(もっと見たい!)、燃えどころが多くて、この後の号も忘れてしまったような試合が見られることに期待。 

評判が良ければ、どこかが全日版を出すかcoldsweats01

« 断崖絶壁 | トップページ | ゴールドファットボーイ »

コメント

FATBOYさま、引き続きお邪魔しております。^^
おおっ、最近はデアゴスティーニの様な感じでこういうプロレスのDVDも発行されているのですね。ヽ(*'0'*)ツ ビックリ!!
ええっ、最近これって結構話題になっているのですか・・・(・Θ・;)
あっ、それでこの記事のタイトルの「どうしようか・・・検討中」というのは、この画像に写っている「燃えろ新日プロレス・至高の名勝負コレクション」というのを今後も購入するかどうかで迷われているのですね。^^
ああ・・・自分も猪木の異種格闘技戦というのは「ボクシングのモハメド・アリ戦」や「柔道のウイリアム・ルスカ戦」なんかは覚えていますが、他はどういう格闘技と試合が行われたのかは覚えていないのですよね・・・
それで初代タイガーマスクが「佐山サトルではないか?」という話題が盛り上がったりしていて、当時、漫画でも連載されていて話題になりまして、自分もプロレスの雑誌に投稿した事がありました、懐かしいです。^^
それで当時は「スタンハンセン」の「ウエスタン・ラリアット」を猪木がくらって、後頭部を鉄柱で激しく打ち失神・・・なんて事もありましたし、「アンドレザジャイアント」を猪木が「バックドロップ」で投げた時には驚きましたね、何せ慎重223cmで体重は230kgの巨体でしたから。。。
後、FATBOYさまが書いておられるように「ダイナマイト・キッド」と「タイガーマスク」の対戦は凄かったことを覚えていますね。
後、八百長だとか何だとか言われてもプロレスはショーマンシップに乗っ取った興行でもありますから、自分は別に批判されても全然気にならないですし、プロレスラーの体力がハンパじゃないことだけは確かですし、プロレスが衰退した現在でも、放送があれば見てしまいますが、最近は団体が沢山あって分り辛いですね。
それでFATBOYさまが仰る事は何となく分るのですよね・・・確かにジェネレーション・ギャップがありますので、選手によってはあまり燃えない試合もありましたので、玉石混合のDVDも出版されると思いますので、全号購入にするか、或いは、タイトルを見て気に入った試合が入っていれば購入するとかですかね・・・本当に迷いますね。^^;

そーすさま、こんばんは。FATBOYです。^^
こちらの天候は、本日は暑い位で非常に穏やかだったんですが、夕方には、土砂降り、雷と、直ぐに落ち着きましたが変な天気でした。xx
クワガタは自分も木の隙間に入ったのなんかは、どうしても取りにくい時は、同じく頑張って手を突っ込んだりの、あの手この手で四苦八苦してましたね。^^:
Gun誌は日本一売れていた銃器系の雑誌なんですね~。
自分はどの雑誌もパラパラっと見る程度であまり詳しくなくなってましたが、以前はなんとなく統一感のあった価格設定もいまやバラバラなんですね~。
雑誌の類は買わなくなった理由も、興味が薄れてきたのも有りますが、値段が高いのも理由の一つです。^^:
雑誌の丸は更に高いイメージがありますが、そーすさまは社会に貢献されていますね。^^
ドーバー海峡に関しては自分も詳しくは知りませんが、どっちも地形的に珍しいのでしょうね。^^
瀬戸大橋は自分は渡ったことはありますので、フェリーで本州に渡るタイムラグを考えると相当の時間短縮になると思いますのが、そーすさまがフェリーで家から日帰りで戻ってきたのも一日がかりながら良い思い出ですね。
それにしても鳥取で香川ナンバーの車が多かったのはなんかの集まりだったのか、安心出来て良かったですね。^^
スチールの空き缶はさすがに平成の時代では違和感がありましたね。^^
あ~月の月面着陸には謎が多いようで映画、カプリコン1(当時は何かの2本立てのオマケ映画でしたが)でも話題になりましたね。
それで、そーすさまも当時、結構プロレスを見ていたんですね~。^^
丁度、そーすさまも記憶に残っておられるマンガで連載されていた「プロレス スーパースター列伝」も当時は自分も楽しみに見ていました。^^
そーすさまはプロレス雑誌に投稿までされていたとのことで、お好きだったのが伺えます。
自分もゴングはじめ色々と読みふけっていました。
そーすさまは今もプロレス番組を見ておられるのですね~。
自分も時折深夜で放送されてるのを見たりするんですが、どうも最近の知識がついてこない状況です。^^:
今後のDVDの内容については興味の無い発売回が増えていってくれた方が、買わなくて済むので、収納箇所が手狭な自分にとっては嬉しくもあるのですが。^^:

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
えっ、雨が降った後に雪まで降ったのですか・・・@@
自分の所は今日はすっきりと晴れましたが季節相応で日中も随分寒くなって来ました、ですからもうコタツも出していますし、石油ストーブも出して使っております。^^
それで自分は木の穴に入り込んだクワガタが諦めて力が抜けた瞬間に無理矢理つまみ出したら足が一本もげちゃいましたが、かなり大きなクワガタだったので我慢した甲斐がありました。^^
大きなカマキリや殿様バッタやアブラセミやクマゼミやカミキリムシなんかも時々取っていましたが、やはりカブトムシとクワガタだけは別格だったように思いますね~。^^
それでGun誌の売上部数が一番じゃないだろうか・・・なんていうのはよく分らないのですが、古くからありますし、ファンも多いですので売上不振で休刊・・・なんていうのは考え難いのですよね。^^;
それで、Gun誌の価格が高くなった一因には「DVD」が付録で付き始めてからだと思いますが、あれはあれで価値があるDVDでしたので付録が付かなくなった時には少しがっかりしましたが、DVDが付かなくなってからも価格はそのままだったので他の銃器を取り扱う雑誌に比べるとちと割高な気はしてました。
それで自分は雑誌はリサイクルショップに出すタイプではありませんし、まだ古いGun誌で持っていないのを発見すると逆に購入してしまうタイプですので、もう隣りの部屋のスチール製本棚には入りきらないので床に積みあげて置いてあります。^^;
それで社会貢献とかは全然考えた事はありませんが、自分の買ったGun誌やコンバットマガジンの代金がリポーターの方達のお給料の一部になっているのだなあ・・・って思ったのはGun誌が休刊になるという事を聴いてからですね~、それで月刊・丸は興味がない記事が多い時には買わずにパラパラとめくって見るくらいですね。^^;
それでFATBOYさまが仰る様に雑誌代だけでも複数誌を毎月購入しますと結構バカにならない金額がかかりますよね~それだけ使う金額を他のモノに回せば結構色々なモノが購入出来ちゃいますよね。^^;
それから話題変って屏風ヶ浦の絶壁は自分も海岸線でああいう光景を拝見したのは初めてですので珍しいなぁ・・・と思いました。^^v
それで瀬戸大橋はまだ橋脚が出来る頃から工事現場が見られる場所は観光地になっていましたので懐かしいですが、あれがあるのとないのとでは鳥取まで行く時間は大幅に異なりますね~何せ、瀬戸大橋だとたった数分で岡山に着く処が、フェリーですと1時間かかってましたが、フェリーはクルマを入れておいて船上からしばらくの間のんびりと出来たので今から思い返しますと良い思い出でしたね。^^
それで昭和58年当時でも鳥取は香川県からは比較的近い観光地だったようで、行く途中ですれ違うクルマにも香川県ナンバーが多かったので安心感はありましたね。^^
それで砂丘にポツンと落ちていたスチール缶は不思議な光景に思えますよね。^^
後、自分は「カプリコン1」は見た事がないのですが、別のネタ元からの情報ですと、他にアポロ11号の月面着陸のトリックでは最初に月面に第一歩を記したのは一般には「アームストロング船長」となっていますが、実はTV中継のナレーションだけは「アームストロング船長」で、実際に最初に降りたのは「オルドリン操縦士」だったとの噂もありますし、月面に降りた飛行士が驚いたのは地面から水が染み出てきたとの事らしいですし、月面での撮影で見てはいけないモノ(U.F.O.の類です)が写ってしまった際には、アメリカの砂漠でのセットの映像を加工して中継映像として放映していたという事らしくて、NASAはそういうふうに情報を隠しまくるから後で騒動になっちゃうのですよね~。^^;
プロレスはアブドラザ・ブッチャーや、タイガー・ジェットシンや、ミル・マスカラスなんて外人選手も有名でしたね。^^
あっ、それで自分が読んでいた漫画はその「プロレススーパースター列伝」です、それと投稿をしたのは「ゴング」です。^^;
それで最近は深夜にプロレスの放送をやっているのかどうかは分らないのですが、4~5年前位には深夜によくプロレスを放映していましたので見ていましたが、自分が個人的にファンだったのは「元二代目タイガーマスク」のノア社長の「故・三沢光晴氏」のぶち切れたら悪役顔負けのファイトをする所が好きでした。^^;
それで自分もFATBOY様と同様で、最近のプロレスは技自体は見ていて楽しいのですが、くっついたり、喧嘩して別れたりとかいうのが嫌で興味が薄れてしまいました。
それでFATBOYさまが仰るようにあまり面白くない試合が多ければ購入しなくて済みますが、物凄く面白い試合が入ってたりしますとついつい買ってしまいそうで、悩むところですね~。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/53280890

この記事へのトラックバック一覧です: どうしようか・・・検討中:

« 断崖絶壁 | トップページ | ゴールドファットボーイ »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ