« クリスマスプレゼント その2 | トップページ | ETCを付けてみた »

2012年1月15日 (日)

第42回東京モーターショーへ ④

Ca3i0541 まだホンダです。EV-STERはとにかく人気で長く並んでないと良い画像が撮れないので、サッと撮影してこれくらいで引き上げました。 ハンドルや電気自動車そのままの実用化はまだ先になりそうなので、デザインを生かしてnewビートとして出ると面白そうです。

Ca3i0542 往年のバイクなんかも展示されていました。その一つのモトコンポ。ピカピカの状態で、自分のは外装もヤレてしまっているので、リペイントしてあげたくなりました。 未だにキック2~3発でエンジンはかかるので車体は現役です。

Ca3i0544 これも面白いですね。ガソリンタンクを下部に配置して、基本ベースを造ってしまって外装、パーツを変更してオンロードタイプや、スクータータイプなど、全くカテゴリーの違うタイプが置かれていましたが、知らないと同じベース車なのは分からないですね。

Ca3i0545 ヤマハブースです。マジェスティは後部座席もリヤのパーツもヒンジのようになって開口して、凄い解放感があってかなり物が積めそうになってました。 こういう良い」進化はゆっくり見る機会でもないと気が付かないです。

Ca3i0546 これも知らなかったです。電動アシスト自転車のPAS Brace L。大震災後、ガソリン不足から本気で自転車購入も検討してたころ、年だし電動アシストならいいかなとも思いましたが、ママチャリタイプしか出て無いようなイメージがあったので今一つでしたが、こんなカッコいいのが既に市販されていたんですね~。スポーツタイプの自転車に乗ってる人からは邪道に見えるかもしれませんが、今買うなら自分はコレで決まり。

« クリスマスプレゼント その2 | トップページ | ETCを付けてみた »

コメント

FATBOYさま、こんにちは、まだまだお邪魔しております。^^
今回は第42回東京モーターショーの4という事で、現在までにも既に非常に多くの電気自動車やスポーツカーやモーターサイクルなどの画像を拝見して来ましたが、今回も見応え充分ですね~。^^
それで1枚目の画像の「EV-STER」というかっちょいいオープンカーは並ばないと撮影出来ないほど人気があったのですか・・・それでこのシャープなラインで作られてるコンセプトカーは、電気自動車のコンセプトカーなのですね~。^^
それでFATBOYさまが「デザインを生かしてニュー・ビートとして出ると面白そう・・・」と書いておられるという事は、ホンダ・ビートと同じ位の大きさなのですかね・・・こちらでもホンダ・ビートはまだ時々街中で見かけるのですが、すれ違ったり、後に付いた時には「おおっ!ちっちゃいー!」という言葉が漏れるほどで、このとんがったスタイルでしかも電気自動車として販売される様になるとものすごく人気が出る事が予想されますね。^^v
2枚目の画像はモトコンポですか!本当にピカピカの状態で何やらよく拝見しますと透明なケースに囲われて陳列されていますね。^^
こういうのを見るとFATBOY様所有のモトコンポも徹底的にレストアして綺麗にしたくなりますよね~。^^
それで3枚目の画像のモーターサイクルは何と?ガソリンタンクの配置を変更することでスクーターや通常のバイクの様に自由自在に車体の形態を変更出来る様にしてある、ベースが同じフレームを用いたモーターサイクルなのですね。@@
FATBOYさまが仰るとおり、スクーターとオンロードバイクの形状ですと全く異なりますので、元が同じ車体だという事は言われないと分らないかもしれませんね。^^;
それで4枚目の画像はヤマハ・マジェスティですか~、マジェスティは以前、このブログ内でも画像を拝見した事がある気がするのですが、通常は後部シートの部分がこういう風にも開口する様にも進化させられるのですね~スクーターというと物を沢山積めない様なイメージがありますが、こういう感じですと意外に沢山の荷物が入りそうですよね。^^
それで5枚目の画像は電動アシスト付きの自転車で「PAS Brace L」っていう製品なのですか~そうそう、自転車は一般道ですと狭い道路でも走れますし、ガソリンも喰いませんので理想的な乗り物ですが、ちょっとした坂道や、足が疲れた場合にはこういう電動アシスト機能が付いていると便利ですよね。^^v
それで「ママチャリ・タイプ」ですとちょっと引きますがこんなにスポーティーなタイプですと欲しくなりますよね~、ちなみにこれですと値段はいくら位掛かるのでしょうか… ^^?

そーすさま、こんにちは。FATBOYです。^^
マークXはお兄さんに購入を進めているわけなんですね。^^
うまくいけば自分も好きな車が身近に見ることが出来ていいですね。^^
それにしても以前お兄さんの車歴は伺ったこともありましたが、年式まで印象に残られていて、そーすさまも多大な影響を受けたんだと思いました。
カボチャの馬車とは、Qコンセプトはなるほどそういう風にも見えますね。開発者も意識したのかもしれませんね。
そしてコカコーラのダンボール製トラックはホントにデカくて使用しない時はちと置き場に困ります。^^:
ガンコレのガチャガチャを回されたとのことですが、ここ最近は見ていないので何か新作でも出ている頃でしょうか。
PAS Brace Lは電動アシストでデザインも凝っているので10万円以上はすると思いますが、もう体力も落ちてきている自分なんかにとっては自転車を買うことになったら選びたい一台ですね。^^:
EV-STERはサイズ的に、新型ビート的なイメージを彷彿とさせますが、ビートも時折見かけたり、ビート多数扱う中古車店も見かけたりしるので、まだ人気もあるようですが、EV-STERみたいなデザインのニュービートも出てくるとtイケてそうですね。
モトコンポ他、何台か旧車も展示されていましたが、本社とかで展示されているのか、どれもコンディションは良さそうでしたね。
ベース車を造って色んなタイプのバイクがラインナップ出来るのは中々物が売れない時代として面白いアイデアと思います。

FATBOYさま、こんばんは、そーすです、こちらは久しぶりに雨模様の肌寒い一日になっております。{{(T-T)}}ブルブル・・・さむっ!
それでそうなんですよね、現在兄が乗っている平成8年式のトヨタ・マーク2の3リッターNA(ノーマルアスピレーション)は今年で何と16年落ちになるのですが、発売当時から「エンジンブロック」が分厚くて頑丈だという事で、パワーウインドウ等、電装系の修理は何度か行ったらしいのですが、「NAエンジン」という事で、「ターボエンジン搭載」のクルマとは異なり「タービン」なんかの補助機器関係の部品が壊れてオシャカになるという事もなく、現在もまともに使用出来ているのですが、流石に古くなって来たので買い替えを考えているらしくて、先日もここで書いた様に、自分が街でよく見かける「マークX」が非常に良いデザインをしておりますので、薦めている訳なんですよね。^^
それでFATBOYさまが仰るように兄がマークXに買い替えると自分も運転させて貰える機会も出来ますので楽しみなんですよね~。^^;
それで昔の法律の様に「乗用車は10年落ちになると毎年車検!」なんて状態ですと、とうの昔に乗り換えている筈なのですが、法令が変って「10年落ちの車でも2年に1回の車検でOK!」になった事で、エンジンが壊れにくい平成8年式のマーク2の3リッターは今だに現役で走っているという事で、日本車の耐久性のよさには驚かされております。@@
それで兄の車歴は台数が少ないですし、購入の際に自分も一緒に付いて行ったのでよく覚えているだけなのですが、自分自身ですと最近の10年位で一発廃車の事故に遭遇しまくりでしたので、現在のホンダライフで何と15台目なのですが、途中で買い換えたクルマの年式までは良く覚えていなかったりします・・・(-。-;)
それで「Qコンセプト」はFATBOYさまがモーターショーで撮影された画像だけしか拝見しておりませんので、全体的な感じはよく分らないのですが、あの画像だけですと「かぼちゃの馬車的」なイメージを受けた次第でして、実際はよく分りませんです。^^;
それでコカコーラで当選したトラック型のガシャポンマシーンは確かに大きくて場所は取りますよね・・・。^^;
しかし、自分なら何か別の物をどかしてでも置いておきたい一品ですし、マジでうらやましい~!ですね。^^v
それで自分がイオンの店に置いてあったユージンのガシャポンで出した「ガンコレ」の種類と個数は、「ルガーP08ショルダーストックタイプ」が1コ、「H&K MP5SD2タイプ」2コ、「トンプソンM1A1タイプ」4コ、「スペシャル1・L96タイプ」2コの「合計9コ」でしたが、「スペシャル2・電動HK416タイプ」は既に誰かが出していたらしく、トンプソンばっかり沢山出ちゃって一体こんなにトンプソンばっかり集めてどうしよう…(T-T)って感じでして、特に新しい製品ではないのではないか?と思います。^^;
おおっ、それで電動アシスト付きの「PAS Brace L」の価格は10万円以上との事で、原付のお買物バイクなんかですと中古の程度が良さそうなのが買えそうなお値段ですね。^^
しかしFATBOYさまが仰る様に自分も体力が落ちてきていますし、ガソリン要らずでスポーティーなスタイルでアチコチへ行けると思いますので買っておけばイザという時には結構重宝しそうな感じですよね。^^v
それで「EV-STER」はデザイン的に現在、中古車で見かける「ホンダ・ビート」とは違ったシャープな感じの2シーターオープンスポーツらしいので、ビートのニューモデルとして発売されても違和感はないと思えますよね。^^
モト・コンポは画像で拝見しても本当に程度が良い感じでしたね、後、他にもそいう感じの旧車が展示されていたのですか~。^^
それからオンロードタイプのバイクやスクーターなのにフレームが共通というのはFATBOYさまが仰るように、物があまり売れない現在ですと、一つのフレームがあれば色々な異なったタイプの注文に対応出来るという点では活気的ですよね~。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/53740995

この記事へのトラックバック一覧です: 第42回東京モーターショーへ ④:

« クリスマスプレゼント その2 | トップページ | ETCを付けてみた »

最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ