« 第42回東京モーターショーへ ⑤ | トップページ | 往年の名作たち »

2012年1月29日 (日)

水戸でウルトラ ①

Ca3i0575_2先日終了しましたが水戸の茨城県近代美術館でウルトラマンアートなる企画が開催されていると知人から聞いて、随分長い間開催されていたのに気付かず、終盤間際になって行ってきました。 ウルトラマンとセブンを中心とした多数の展示物に圧倒されました。 こうした企画が美術館で堂々と開催されていて単なる子供番組ではないウルトラはアートとしても評価がありファンとしても嬉しいですね。

Ca3i0576 美術館に近づくと建物自体にも窓ガラスにオープニングの主題歌の場面に出てくる影絵が貼ってありました。他の場所にもありました。 ウルトラの造形だけに関しては、今でも人気があるのはひとえに実際の芸術家でデザインの成田氏、池谷氏、特に成田氏のデザイン画だけではシャープ過ぎるイメージを持つデザイン画に独自の生物感や発想で怪獣を造形された高山氏の参加があってこそだと思えます。

Ca3i0577 中に入ると最初の1コーナーのみ撮影可能でした。こういう場所ですと、撮影自体が不可も予想していたので、これだけでも嬉しいですね。 中の展示物には怪獣のパーツや小道具などなど当時のオリジナルで現存しているものも拝見出来るので、とても貴重です。またレプリカも多数展示されていますが、当時を再現された物と変わらないクオリティーで見応えがあります。台本や近年のキットやオマケまでこれだけ多数の展示物を見たのは初めてです。当時のオリジナルの現存物は歴史的重みを感じますが、こうして貴重な物が拝見出来るの西村氏によるところが大きいです。

Ca3i05780001 メトロン星人の印象に残るシーンも再現されていました。畳に上がって撮影することも出来ました。 知らない人にはなんか宇宙人がなんで和室にちゃぶ台でアグラ?なんてシーンですが、自分の子供の頃見たころから、その不思議な映像に魅せられていました。 ウルトラマンアートの本が販売されていてほとんどの展示物はこの本で見ることが出来ます。 ウルトラマンアートは2010年から開催されているようで全国数か所で開催されてきたようでつい先日長崎で始まり3月いっぱいまで開催されるようです。東京・大阪・名古屋など大都市では開催されていないようで、長崎以降の開催は出ていないので、見たい人はGOです。

Ca3i0579 正面から見るとこんな感じです。メトロン星人は実際の映像では話す時に顔の部分のライトが点滅したり、ウルトラマンやセブンの目のライトとか、電飾の効果もとても高く出来ていて好きな所です。 「こわいのはウルトラセブン 君だけだ」flair

« 第42回東京モーターショーへ ⑤ | トップページ | 往年の名作たち »

コメント

FATBOYさま、引き続きお邪魔しております。^^
今回はウルトラマンアートというネーミングでの催し物が茨城県の近代美術館で開催されたとの事で出掛けてこられたのですね。^^
ウルトラマンとウルトラセブンの展示物が中心だったとの事ですが、ウルトラマンもウルトラセブンも既に美術館での催し物が開催される程になったという事は、FATBOYさまが仰る様にもう子供番組の域を越えてアートにまで昇華したという事で、その昔テレビで再放映なんかを(*¨) ....ボーっと見ていた自分にとっても感慨深いですね~。^^
それで1枚目の画像と、2枚目の画像の建物に貼ってあるというオープニングの影絵というのは自分も薄々ながら覚えておりまして、何だか懐かしいですね。^^
おお、それでウルトラマンなんかのデザインは芸術家の方が考えられて生まれたものだったのですか~それならばなおの事、美術館での催し物の開催という事も頷けますね~。^^
それで、3枚目の画像のウルトラマンは多数の展示物の中でも撮影が許可された唯一のコーナーだったのですね。
それで、普通に考えますと美術館での催し物で撮影は不可能なのでしょうが、この画像のコーナーは撮影オーケーという事でラッキーでしたね。^^v
それでなるほど・・・中には作品で使用された怪獣のパーツや小道具やそれらと変らないクオリティーのレプリカ等が多数展示されていたのですか~FATBOYさまの様なコアなファンの方ですとそれらのパーツがどの怪獣のパーツだとか、何に使われた小道具なのかがすぐに分るのでしょうね。^^
それで放映が終了してからもう云十年という年月が経つのにまだ当時のオリジナル物からキットやおまけまで多数の展示物が見られたというのは凄いですよね。@@
それで4枚目と5枚目の画像はメトロン星人が・・・これ、四畳半の和室ですよね、でえ、そこにあるちゃぶ台の前に座っていて、後には当時の番組の中での1シーンを引き伸ばしたパネルですか・・・座り方も全く同じで興味深い展示物ですね~。^^
それで自分はFATBOYさまが仰るように本当に何で宇宙人が和室のちゃぶ台の前であぐらかいてるの?って言う感じであります。^^;
おお、それでFATBOYさまの解説でメトロン星人が何でちゃぶ台の前であぐらをかいているのかが分りましたね~向かい側に座っているのがモロボシダンなのですね・・・でえ、メトロン星人が言うには「怖いのはウルトラセブン君だけだ・・・」って言うシチュエーションだったのですね、納得。^^;
それで、このウルトラマンアートという催しで見られた展示物は「ウルトラマンアート」という本が発売されていて、そこで全部見る事が出来るという事で、貴重な情報をどうもです。m(_ _)m
それで近所で催しが開催される方達は直接見に行けばよく分りますよね。^^v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/53850778

この記事へのトラックバック一覧です: 水戸でウルトラ ①:

« 第42回東京モーターショーへ ⑤ | トップページ | 往年の名作たち »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ