« モーターサイクルショー⑦ | トップページ | モーターサイクルショー⑧ »

2012年6月22日 (金)

マルシン CDX US M1カービン

発売予告のまま随分経っていたので、急に発売になった時はビックリしました。丁度「東京おもちゃショー」でマルシンさんのブースが出るようなので、突っ込んでみようかと思いましたが、丁度その頃発売になりました。 Ca3i0793 で、やはりそのシステムに興味はあったもののM1カービンが個人的にあまり好きな銃ではないので、その辺で買おうか悩みました。 CMCの金属もMGCのプラも買えた世代ですが、CMCは高価だったりMGCはプラで軽くて仲間が持っていたこともあり、過去一度も所有したことがありません。 それ以前に全体に占める木部のパーツ面積が有り過ぎでメカメカしくないのと、同じ木を多用するボルトアクションライフルと比較してもスリム感がなく、特に前方の方のなんか「ボテッ」としたスタイルがあまり好きではなかったという理由が個人的に大きいです。 実際に手にすると、それほど嫌なスタイルでもなかったですが、ストックのグリップ部は元々がアメリカ人向けなのかかなり太いです。 M1に限ると多弾数ではないのと軽量でセミオートのみの設定ですが、M2が扱い易かったら、アサルトライフルの始祖のMP44なんかに比べると機関部がとてもコンパクトに造られていてM2を「アサルトライフル的」に考えると性能を別とすれば取り回し易さでは優れてるように感じます。 それでマルシンのCDX M1カービンですが、本体を持った感じは「軽い!」と言う最初の印象です。 MGCのプラ版を思い出しました。 余談ですが、MGCのM1はなんかABS樹脂が変な色だった記憶があります。 で、マガジンが「重い!」。 マガジンの重量が約500gあるので、これを本体に付けると重量感がほどほどになります。Ca3i0794  それでも、頑張れば片手でも保持して撃つのも可能なので、ゲームなどで使用されるなら、重からずの重量が却って良いのではないかと思います。 ガスソースとなるCDXカートリッジは幅は別として百円ライターとほぼ同じ位の大きさで以前主流だったグリーンガスなどのサイズと比べるととても小型です。 やはり目玉は、マガジンにCDXカートリッジを装着するのでホースなどの外観を損なうパーツが無くなったのと、134aのガスと違って連射が可能な所ですね。 6ミリBB弾は初め何発か撃ちましたが、ギミック派の自分としては後はただ「バシッ!」、「バシッ!」小気味よいカラ撃を楽しんでるだけです。^^: 音も結構大きいですし、やはり連射してもBLKは衰えませんね。 あまり連射をし過ぎるとBLK速度が少々落ちてくるような感じも受けましたが、もともとCDXカートリッジも小さいので、残りガスが少なくなったのが原因かもしれません。 割と安く購入したと思いますが、木製ストックなので「定価」はこの位になってしまうんでしょうね~。 マルシンですと134aのガスガンのM1カービンがあるので、ある程度部品が使えるのでCDXでM1カービンの発売となったのかと思いわれますが、電動ガンを持たないマルシンにはこれで発展していって新しい種類も含めて増えていくといいですね。 Ca3i0795 バッテリーで相当数撃つことが出来る電動ガンには及びませんが、マガジンを複数用意したり、CDXカートリッジも定価でも一本あたり百円と、リーズナブルなのでガスブローバック派なら安定した状態でゲームなどで使えるのはいいのではないでしょうか。 ハンドガンタイプが発売になれば、ちょっとおもちゃっぽいイメージがありますが、本体値段もリーズナブルなようですし、これで大分CDXが普及しそうな気もしますが、排莢ガスガンやギガマキシウエイト、今回のCDXなど他のメーカーがあまりやらない独創が面白いので頑張ってほしいですね。 あ、でも一度不当に修理に時間がかかった時はひどいと思いましたが。xx 最後にマガジンが細くてマガジンにCDXカートリッジは入れられないと思いますが、M1と同じくパーツを流用出来そうなMP40で、いずれCDXのフルオートを出してほしいですね。 新作でもなんでもいいですが、フルオート出来るモデルを期待しますね。 

« モーターサイクルショー⑦ | トップページ | モーターサイクルショー⑧ »

コメント

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
おおっ!随分前から発売が予告されていたM1カービンCDXが遂に発売になったのですね~。^^
それでFATBOYさまは購入されたのですね、おめでとうございます。^^v
それで試しに自分がいつも通っているラジコンショップでもHP上で発売が予告されていましたので見に行って来ましたがやはり発売中になっていました。^^
それでFATBOYさまと同様、自分も中学生の頃に同級生がMGCのM1カービンを持っていたのでいじらせてもらった事があるのですが、機関部やバレルがABSか何かで出来ていたせいか木製ストック付きとはいえ、物凄く軽かったですね~。^^;
でも自分はもしこれが亜鉛合金で出来ている重~い製品でしたらスタイル的には割と好みですし金欠でなければ買っちゃうでしょうね。。^^;
それでスタイル的には本当にぼてっとしたイメージですが、これの短縮版の「スーパーエンフォーサー」なんかはコンパクトなイメージで現在でも再販されれば欲しい製品ではありますね。
それで・・・なるほど、マルシンのCDX・M1カービンもかつてMGCが販売していたモデルガンの様に割と本体が軽い感じなんですね・・・でえ、CO2カートリッジが収まっているマガジンを取り付けた場合には丁度よい重量感になるのですね。^^
それで気になる機関部とかバレルの材質は何で出来ているのでしょうか・・・謎
後、炭酸カートリッジの大きさは大体100円ライター程度の大きさという事で、小振りで扱い易そうでよいですね~価格は1本が100円程度で5本入りで500円程度ですので割とリーズナブルなんですね。^^v
昔使っていたグリーンガスなんて、大きくて重い上に1本800円なんて価格でしたし、おまけにスパイラルホースで外付けでしたのでそういう点では技術の進歩が感じられますよね。
後、課題はFATBOYさまが仰ってらっしゃるようにMP40なんかのフルオートの製品も期待してしまいますね~。^^
後、マルシン工業は以前からM1カービンのライブカートでエアー方式の製品だとか、2Way方式で内臓ガスタンクに直接フロン134aを注入するタイプのライブカート式ガスBLKガンもありましたし、同じくガスBLK方式でケースレスの8mmBB弾仕様の製品もありましたし、M1カービンに付いては色々な製品が発売されていましたので、今回のCDXでも「炭酸ガスというパワーソースが強力なので・・・」という事でしばらく発売に関しては様子を見ていた様な気もしますが、製品としては随分前に完成はしていたのかも知れませんね。^^;
しかし、これ安くしてもらっても36,000円弱はしますので、今の自分だと購入するのにはちょっと思い切りが必要で、「欲しいなあ・・・」とは思いながらも中々手が出ません・・・ TT
ハンドガンタイプのが出れば買える値段なのですけどね~(笑)

そーすさま、おはようございます。FATBOYです。^^
そうなんです。ついに発売になったのでM1を購入しました。
もともと木の部分が多いので、機関部も全部品メタルではないですし、なんか軽~いですね。^^
スーパーエンフォーサーってありましたね~。
なんか放熱カバーが付いてて、プレスの折りたたみストックが付いていたような印象ですが、エアーコッキングとかでしたっけ。
グリーンガスって持ちはいいんでしょうが、800円は高いですね。xx
そうですね、ガスのカートリッジが小型化して内蔵出来るのは画期的だと思われます。^^
以前はM1カービンのライブカート式のエアーガンのブローバックモデルも出していたんですか~。
自分はライブカートが好きですが、CDXですと、マガジンに相当な空きスペースを持ったモデルでないと実現は無理そうですし、時代の要求はゲームでの使用でしょうし、ライブカートは無さそうでしょうか。
購入価格も近くのお店で、高価ではありますが、定価を考えるとかなりリーズナブルに感じる価格(2割引き位?)で販売されたので購入決定しました。^^

FATBOYさま、こんにちは、そーすです。^^
CDX・M1カービン!いいですね~日本では初めてマガジン内に超小型のCO2ボンベを挿入出来てブローバックでビシバシと撃つ事が出来る本格的な製品の様なので自分も欲しいです。^^
それでなるほど…CDX・M1カービンの機関部は全てが金属パーツで出来ている訳ではないのですね。^^;
FATBOYさまが仰る様に木製ストックの部分が多いのでやはり重量的には軽いのかな?って思いますが、長物ですと機関部とかは金属製でも違法じゃありませんので是非、亜鉛合金とかのメタル製で製作して頂きたかった気もしますが、やはりパワーソースがCO2ボンベという事で、違法改造なんかを防ぐ為とかの理由でマルシン工業はあえて極度に金属化する事を控えたのかもしれませんね~。^^;
何せ、一時はCDX・M1カービンは本当に発売されるのか?ってゆー噂さえされていましたしね。^^;
それでスーパーエンフォーサーはその通りでしてエアーコッキング方式の製品とガスでスライドアクション方式の8mmBB弾仕様の製品の両方がありましたね。^^
それでCDX・M1カービンのこのカートリッジのコンパクトさは良いですね~。^^
確かに以前流行したホース付きのパワーソースがグリーンガスのボンベは大きくて重かったですし、レギュレーターも外付けでしたし、値段も1本・800円と重量級でしたので何本も購入する訳にもいかず、何か中途半端な気がしましたね。^^;
それでマルシン工業は1988年頃には外部ソースorリキッドチャージ式のライブカート式のM1カービンを発売しましたが、1998年頃にはカート式で一回ずつボルトをコッキングしてBB弾を装填して発射&排莢するっていう「スーパー9」みたいなメカニズムのM1カービンも発売していましたね~。^^
それで1988年頃に発売されていたガスBLKでライブカート式のM1カービンとゆーのは、木製ストックの中にガスタンクとか色々なパーツを詰め込んで、マガジンはライブでプラ製のカートリッジが装填出来て、ガスブローバックで排莢出来る製品だった様で、例のマルシンがCz75やベレッタM92とかガバメントで使用していた「2way方式」の長物版といった感じの製品の様ですね。
それで現在のCDX・M1カービンのマガジンにはカートリッジを入れられるスペースは無い感じですが、FATBOYさまが仰る様にゲームでの使用に向いている製品だと思えますね。
それでFATBOYさまが購入されたCDX・M1カービンの価格は大体20%オフですと定価が41,790円とすると・・・うわぁ!自分の近所のショップもかなり割引していますが更にお得な価格ですね。@@
ううっ・・・自分も大変欲しくなって来ました。^^;
でもこの前、マルシンのファブセブンUSGのガスBLKガンその他を買ったばかりなので今はまだ無理なのですよね。orz

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/55024702

この記事へのトラックバック一覧です: マルシン CDX US M1カービン:

« モーターサイクルショー⑦ | トップページ | モーターサイクルショー⑧ »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ