« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月22日 (土)

怪獣の図解

Ca3i0901 昭和40年代の学習誌や少年誌なんかに、怪獣の図解なんかが良く載っていた。 実際の写真やイラストを使い、体の一部をくり抜いたような状態で怪獣の能力を紹介していたと言う感じでしょうか、その編集者であった大伴昌司の展覧会が東大裏辺りの弥生美術館で開催されたので行ってきました。 中は撮影禁止なので外観だけです。 これを書いた時点ではまだ開催されてますので、見に行けます。 若くして亡くなられたので、ウルトラシリーズが評価されるようになった頃にはもう他界されてましたが、かなり前になりますが、ETVの特番や少年マガジン大図解などのムックなどを読んで、その偉業に興味を持ってました。 少年マガジンのグラビアで怪奇、SF、未来なんかの特集の記事はなんとなく見たような記憶がありますが、少年マガジン大図解で初めて見た様々な分野のグラビア記事も含めて、あらためて見入ってしまう面白さがありました。 内容の面白さもそうですが、良く言われているように、やはり写真やイラストをいかにうまく読者に見せるかが特出してます。 

Ca3i0900 館入口のポスター。残念ながらチラシは無くなってました。 館内は狭いですが、2階分展示されていて氏の原画、画家の原画、グラビアを拡大した物、原稿、著作、所蔵品などなど多数展示されていました。 特に氏の原画で怪獣、兵器、施設なんかのイラストは、やはり内部を見せるような構図も多かったですが、その立体感の再現が良くて、氏の原画と実際のイラストーレーターが描かれた原画を見比べて見られたのが良かったです。 復刊された怪獣ウルトラ図鑑も販売されていましたが、割と近年まで「差し替え」の無い版が手元にあったので特に内容的に目新しくなかったので購入しませんでしたが、来月発売予定になっている「怪獣画報」は一度も見た記憶もないので、購入検討中。 値段は張りますが、復刊してくれるのがうれしい。

2012年9月13日 (木)

ワンフェス2012夏 ④

Ca3i0853 結構大型モデルのカタナに、フィギュアが乗って臨場感が出てました。




Ca3i0855 あまり立体化されてないであろう、再生ベムスターもリアルに再現されていて表情の嫌味な感じがインパクトありました。



Ca3i0856 ケッテンクラートも展示されていてビックリsign01 タミヤのMMで慣れ親しんだフロントタイプではなかったですが、間近で見られました。 タミヤのプラモはエンジンだったかホワイトメタルのパーツが入ってた記憶がありますが、ワンポイントか、遊び心か以前の習慣だったのか謎のパーツでした。

Ca3i0858 運転席付近は非常にタイトな感じ。 現車を見ると割と大柄な雰囲気でした。 プラモは後方に見える放熱カバー部を上げると確かエンジンを見ることが出来ました。 実車はキャタピラも新調されたようで部品は現在でも意外と手に入るようです。

Ca3i0859 トレーラーも牽引してました。 走行性能は良く分かりませんが、sdkfz250あたりのハーフトラックと同じくキャタピラ走行が基本で、フロントのオートバイ型のタイヤ部分は舵取り程度なのかと思われますが、操縦は慣れが要りそうなイメージです。 まさしく特殊車輛って感じで面白いデザインです。

2012年9月 4日 (火)

腕の保護

バイクに夏場乗って走ってれば風を受けていくらか暑さはまぎれますが、停まってると暑くて大変で、安全も考えて今までは夏場も薄手ですが長袖のシャツを着てましたが、見た目がちょっとなぁ~と思ってひかえていたアームカバーを、カドヤのサマーシールドと言われるタイプを今夏、使用してみました。Ca3i0885 素材のせいか風が当たると清涼感を感じることがあります。 UVカットもされて半袖で乗れるようになったのも嬉しいですね。 カバーをはぐのは簡単ですが、着けるのはちょい面倒です。 結構ピッタリ貼りつくので適当に引っ張り上げて装着すると伸びてしまって部分的に白くなったりしてます。 サイズが幾つかありますし柄も色々あるので試してみられるお店で購入するのがいいですね。 なれてしまえば見た目もそれほど気にならなくなりますし、街や散歩などでも似た物をつけている人もみかけますので一般的になって夏場に使用する人も増えてくれれ普通に使用してても違和感なく使えそうになりそうです。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ