« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

土浦にて ①

Ca3i0911 アームズの別冊のヴィンテージモデルガン・・・の本を読むと、昔のモデルガンは造るのに土浦の武器学校の展示物を参考にされた・・・と言うような話がチラホラ出てくるので、そういえば時々土浦を通った時、武器学校ってあるよなぁ~と思い出し、今でも実物が展示されてるのかな?と思い調べてみたら、なんと不定期ながら一般公開しているようで、これはもう見たい!と思い立ち見学しにいった。
Ca3i0912 流石、武器学校。多数の戦車、砲なんかが並べられてる。 目当ては小火器だったが、最初の室内展示の古い大砲をいくつか見て外に出たら驚いた。それほどコアな戦車ファンではないですが、なんと三式中戦車位は解かるので、急に出くわしたのでビックリした。 九七式とは違う砲塔の迫力に、これならシャーマンにも勝てるなと、勝手に思う。カクカクしたデザインが被弾効果は別として好きなデザイン。丁度、発売の雑誌「丸」の表紙にもなってました。
Ca3i0914 回り込んで後部も。 他の戦車と違って砲身以外は屋根付き保管されてますが、結構傷んでいるので、室内保管してほしいですね。戦車や砲は見学で入ればいつでも見れますが、小火器類は物が小さいのでコーナーに監視する人を配置しなくてはならず人出もかかる為、一般開放日が限られていると思われます。

Ca3i0915 カチューシャみたいな多連装ロケット砲や、プラモで造ったことがあるような37ミリ砲位の大きさの砲などなど。この辺は良くわかりませんが、実物は迫力があります。^^: 博物館ではなく、自衛隊の中なので、時折、4,5発位乾いた大きな音で銃を連射している音が聞こえてきます。 写真は一部を除いて制限がないようで、当日は平日で人もまばらというか、貸切に近い所もありゆっくり見学出来てラッキー。
Ca3i0919 歴代の自衛隊戦車もズラリ。 この芝生の並びあたりに全部は載せられませんが多数の戦車や、自走砲なんかが並べられてます。こんなに置いてあるとはビックリ!。 他の自衛隊の展示物で確か14年式なんかは見たことがある記憶がありますが、小火器も、ビックリする位の数と名作なんかが拝めました。また次回。

2012年10月19日 (金)

ワンフェス2012夏 ⑥

Ca3i0868 巨大ロボット、クラタス。水道橋重工が実際販売するというロボットがいました。実際に動き、BB弾も発射出来るようです。 全高4メートル位でデカい。 夢のようなロボットがこうして実際出てくると現実味が出てきますね。

Ca3i0872 四脚輪歩行のようですが、足だけでもそうとう迫力がある。 多分おいそれと買える人はいないと思いますが、人も多く集まっていたので、イベントなんかで集客力はありそうです。 某社のミニガンあたりが使われているのか、腕に付いているエアーガンからBB弾の発射シーンをみてみたいですね。





Ca3i0869 宇宙戦艦ヤマトもDVDやら映画やらキットやら関連物が多く出るようで、大きなコーナーが設けられていました。 画像は5メートルもある展示用ヤマトで迫力がありました。

Ca3i0871 情景シーンのジオラマなどなども展示されてました。





Ca3i0874 主要パーツが木製の輪ゴム銃。 ハンドガンはほぼ実寸大と思われるサイズで昔のゴム銃のようなオモチャっぽい外観でなく、細かなパーツまで言うのは酷ですが、外観はとてもシャープでとても良く出来てます。 値段も個人的ですが、この出来で完成品(キットもありましたが)ならリーズナブルと感じました。 画像の他にも種類はあり、この時は購入しませんでしたが、どうも気になって先日行った別のイベントで購入したので、そのうち紹介します。
以上個人的趣味部分のワンフェスの見所?、これで終了です。

2012年10月 8日 (月)

アイアン・スカイ観賞

Ca3i0999_2 現在公開中のアイアン・スカイを観てきました。 これも公開前に思っていたのはB級っぽいイメージで上映館が気になりましたが思ったより上映館は多かったので近くで観ることが出来ました。 奇抜なストーリーですが、自分がこの映画が気になったのは、前売り特典の画像左下の変わったキューピーと映画でドイツ軍の兵器なんかが出てくるのかが気になった所で、観てみると小火器類とオートバイが出てくる位でした。 月面ナチスの宇宙船団の武器がミサイルやレーザーとかでなく、あえてと思いますがアナログ的な砲の形や機関砲みたいな武器が付いたりしてました。 ヒロインのセクシーさも中々良かったですね。 右下はムビチケと言うカード式のチケットで今回初めて使ってみました。 観賞後もカードとして残しておけます。 上は劇場でもらった絵葉書サイズの物です。

2012年10月 3日 (水)

ワンフェス2012夏 ⑤

Ca3i0861 ここは戦艦大和の主砲塔の大型モデルなどが展示されていました。 戦艦とかだとウォーターラインシリーズなど小型のモデルで親しんだので、かなりの迫力がありました。


Ca3i0863 メディコムブースのこのメガネはflairsign01。メガネというと昔はあまりカッコいい物ではないイメージがありましたが、近年のメガネはおしゃれでカッコいいデザインの物も多く思っていましたが、この掛けるだけで兜甲児になれるモデルとデビルマンモデルもデザインもカッコいいし、発想が面白いです。そう言えばテレビ版デビルマンは目の部分が当時メガネのように感じたもんなぁ。
Ca3i0865 これもメディコムのブースの現代に甦るタイガーマスク関連のソフビ群。友達の家にあったのを触らせてもらった位の記憶ですが、子供の頃は、このリングを含めてマスクが取れる覆面ワールドレスラー達のソフビは人気がありました。丁度今、東京のローカルテレビで放送されていて、ストーリーはあまり記憶に残ってないので嬉しい再放送です。
Ca3i0867 ウエスタンアームズのブースもありました。今売り出し中ですが、この時は発売前のゴルゴ13 M16スナイパーモデルが試射出来ました。BB弾の発射は出来ませんでしたが、ガスブローバックの動きが体験できました。 ゴルゴ13は実はまともに見たことがないのですが、昔はMGCのM16E1なんかCa3i0866_2 が近いようなイメージでしたが、このモデルの再現度は高いのでしょうね。 

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ