« ドラえもん 空気砲 | トップページ | 引きの良さ② »

2013年6月20日 (木)

東京おもちゃショー2013

Ca3i1253 先日、東京ビッグサイトで開催された「東京おもちゃショー2013」に行ってきました。暫く行ってなかったので記憶になかったのですが、今どき有り難い入場無料のイベントでした。 メインは小学生位をターゲットにした感じのおもちゃが多く、人気でしたが、自分の気になる分野もありましたので幾つか紹介。 画像はマルシンの発売予定のEXB2シリーズ第一弾のCO2ハンドガンブローバックのFive-seveN。HP上では中々詳細が出てこないので、ショーでモデルも発表されて試射まで出来るかも?と勝手に期待してブースに行くと・・・。 ブースにはマルシンの多数の製品が展示されていて予想通り、発表されてましたが、製品は発売に向けて最終調整とのことでガラス越しの展示のみでした。 マガジンはてっきり割りばし型かと思ってましたが、なんとM1カービンと同じくマガジンにCO2カートリッジをねじ込むフルサイズとのこと。 今後製品が続けばダブルカアラムなんかの幅のあるマガジンのガンをモデルにすればフルサイズで製品化出来そう。 大体1カートリッジで130発位はいけるとのこと。 リコイルも強いらしいということです(大体どこの製品もこの謳い文句が出てきて期待しますが)。 冬場でも連射に耐えうる製品として受けそうですが、中々新規金型は大変かもしれませんが、Five-seveNは個人的に目新しさや好みの面から他のモデルも期待しますが、ハンドガンではゲームなどでうまくいけば主流になっていきそうアイデアにも思います。

Ca3i1255 これはテレビでも見た、トヨタの子供用の電動カー。 言われなけばゴーカートのスポーツカーにも見える位良く出来てます。 でも簡単に買える物ではないですね。^^: 特徴はガワがパネル単位で一枚から交換出来るので簡単に印象が変えられます。

Ca3i1258 これは動きが凄い。 タカラトミーアーツのロボフィッシュ。 水槽を泳ぐ魚のおもちゃは過去にもありましたが、これは一般的な金魚位のイメージよりちょい大きい位で、しっぽを振って泳ぐ姿や、急に下に向かって下降していったり、動きが画一的でなく、とても本物っぽい。 良く出来てる。 餌やりや水質を気にする必要もないので、雰囲気楽しむなら最高ですね。 別の場所で販売していたので買おうかとも思いましたが、タカラトミーブース関連のあまりの混雑ぶりに断念。どこかで買おうかな。


Ca3i1261 マジックのテンヨーではマジックショーをやってました。 自分が見たのはマギー審司さんのショー。 最初に司会の方が撮影お断りと言ってましたが、本人が、撮影タイムを設けて、ブログなど載せていいですよとのことでこんな感じです。 30分近くお馴染みのマジックを拝見出来ました。




Ca3i1259 童友社の人体模型。 左のは結構な大きさがあって怖い。^^:

« ドラえもん 空気砲 | トップページ | 引きの良さ② »

コメント

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
今回の話題は「東京おもちゃショー2013」という事で、またも興味津々で拝見させて頂いております。^^
それで1枚目の画像のマルシン工業の新製品は「CO2ガスカートリッジ」を使うブローバックする「Five‐seveN」だったのですね~。^^
自分も先日、マルシン工業のHPへ見に行った時には、CDXカートリッジを使ってブローバックするガンという事で、予告だけは見たのですが、どういうガンをCDX化するか?とかの詳細は載せられていなかったのですが、これでようやく製品化されるガンが分ってほっとしました。^^
それで、やはりスライドを「ブローバック」させるためには「割り箸マガジン」ではないだろうなあ・・・とは思っていたのですが、「M1カービンCDX」と同じ様なマガジンを使用するらしいのですね、マガジンは出来るだけ単体で全ての機能を満たしている方が扱い易いですしね・・・。^^
それで2枚目の画像の「子供用の電動カー」を何とトヨタが作っちゃったのですかあ・・・。@@
凄くかっこいいですが、お値段もかなりとの事で、実際に購入する個人客が居るかどうかは不明ですが、子供に夢は与えられますよね。^^v
それで3枚目の画像の「タカラトミー」の「ロボフィッシュ」は丁度、先ほど、TV番組の「ニュースキャスター」で、ビートたけしさんが水槽へ1匹・1500円のロボフィッシュを「ドバー!」と入れて泳がせていたのを見たのですが、マジで本物の熱帯魚の様な動きをしていて驚きました。@@
自分も昔、結構大きな水槽に、砂利を敷いて、水草も買って来て植えて、水温を一定に保つ為のサーモスタットを入れたり、水槽の上部には水槽の透明度を保つ為に水槽内部の水を循環させて汚れを取り去る機械や、餌をこまめにあげたりして、グッピーなんかを飼っていましたが、このロボフィッシュですと水も汚れませんし、お手軽に部屋の中でもアクアリウムが楽しめそうで良いですよね。。。^^v
それで4枚目の画像はマジックのテンヨーというブースで行われていたマギー審司さんのマジックショーという事で、撮影タイムも設けてもらえて楽しかったでしょうね~いいなあ・・・。^^;
それで5枚目の画像は「童友社の人体模型」という事ですが、FATBOYさまと同じく左
のは骨だけじゃなくて、内臓も全て入っているみたいですし、頭部もパカッっと開ける様になっているようですし、かなり怖い感じがする模型ですね・・・。^^;;

そーすさま、おはようございます。FATBOYです。^^
マルシンのCO2カートリッジ使用のブローバックハンドガンは大体概要が分かったのですが、まだHPには紹介されていないので、発売まではまだかかりそうです。
ロボフィッシュ見ましたか!。あの動きは実際見るのが一番解かり易いですね。^^
そーすさまも本格的に熱帯魚など飼われていたことがあるんですね~。
マジックショーは他のマジシャンも来たりしたようで盛り上がっていました。
人体模型はお察しのとおり、各部がパカっと外れてパーツとして取り出せるようです。
学校によく置いてあった人体模型みたいで買って家に置いておくのは、ちょい抵抗がありますね。^^:
ドラえもんの空気砲は腕にはめるような筒のような道具でありましたよね。
テレビの空気砲の実験は自分も見ましたよ~。^^v
百メートル以上もゆらゆらと煙の輪が飛んでいく様は見事でした。
最初の実験の一発目の印象が凄かったのと、後ろから押す板をもうちょい押し込めないのかなぁとかもチラリと考えました(破損しますか)。
そしてブースカイヘブンのテントなんかのブースは、全国の販売店ディーラーから、ショップ、個人のお店、フードコーナーなどですね。
そうですね~、西暦と和暦では感じ方が違ってきますよね。昭和元年に登場したハーレーと考えるとなんかイメージが変わってきますね。

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
本当ですね~マルシンのブローバックガスガンの詳細はまだよく分かりませんが、Five‐seveNですと、マルイのFN-ファイブセブンでもそうでしたが、マガジンの前後幅が他のガスBLKガンよりもかなり長いので、CO2カートリッジとマガジンを入れても十分スペースがある感じですよね。^^
それでロボフィッシュは胴体から出ている尾びれの部分の動きがかなりリアルに動いていましたし、よく考えられて作られている様な感じでしたね。^^
それで熱帯魚は丁度、テッポーのおもちゃ収集から離れていた時期に、グッピーなんかの熱帯魚の他にも、ブルーギルなんかの外来の魚も近くのため池なんかで結構連れていましたので、別の水槽に入れて飼ってたりしましたね。^^
おおっ!マジックショーにはマギー審司さまだけではなく、他のマジシャンの方達もこられていたのですか~。^^
こういう親しみのあるマジシャンがいらっしゃると、ブースを構えていたテンヨーという会社の売り上げにも大分貢献できた事でしょうね~。^^
それから人体模型は家庭に置くにはやはり抵抗感がありますが、学校やそれなりの施設では必要とされているのでしょうねえ・・・@@
それでドラえもんの空気砲は腕に大砲の筒を付けて「どかん!」っていうと凄い威力で相手をふっ飛ばしてたのが印象的ですが、あのテレビの実験装置の空気砲はものすごく大きくて驚かされましたよね。@@
もしあの箱が段ボールじゃなくて、もっとしっかりとした素材(例えばプラスチックとか)でしたら、後部から、猛烈な勢いで押せばもっと飛距離が出るかなあ・・・なんて思ってましたね~。^^
ああっ、それでブルースカイへブンに出展していたブースは、全国からのディーラーやショップのブースや、個人のお店や、食べ物のコーナー等々、非常に色々な種類のテントがあったのですね。^^v
それで昭和元年なんかの日本のバイクは果たしてあのハーレーダビッドソンほどきっちりと出来ていたかどうか?とかが気になりますよね。。。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/57630604

この記事へのトラックバック一覧です: 東京おもちゃショー2013:

« ドラえもん 空気砲 | トップページ | 引きの良さ② »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ