« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月23日 (日)

スーパーフェスティバル64へ 2

Ca3i15682丁目3番地には行ったことはありませんが、古くはホビー雑誌などで、このペンギンのイラストを使った広告は目にしたので覚えてますね。 お店の歴史に幕を閉じる経緯などが書かれており、 お店で使われていたであろう看板に重みを感じます。



Ca3i1571 ドゴラ。 クリスタル感が良い感じ。 夏とかに置いといたら目で涼しさを感じられそう。




Ca3i1573 マルサンのソフビ群。 やはりこのレトロなデフォルメ感は秀逸に感じます。 ドドンゴの色味も好き。

Ca3i1574 新型の「びっくるくん」も出るようです。 マッドマックス関連のイベントの告知なんかもありましたね。




Ca3i1576 これ、覚えてるけど、デビルマンだったっけ?。 鬼太郎?。えん魔くん?。特別な敵キャラじゃなく、ただ出てきただけみたいな感じだったと思いますが、なんかインパクトあったな。


2014年2月21日 (金)

雪対策

Ca3i1608例年にない大雪がに降った。 毎年数回降ったりはしてましたが、温暖化や環境の変化もあるのか、今年のように数十センチ位に積雪なんてあまりないので、外に出なければならない時は徒歩、バス、電車などで動けたりしましたが、今回はバス、電車とも動かずさすがにまいりました。 で、また雪予報が出て、また大雪とかになると、これはもう、まずい!と思い今までスタドレスタイヤとかチェーンとか、気にしながらも購入までは見送って きましたが、ついにスタッドレスタイヤの購入を決意。 しかし量販店とかの店頭では売り切れだったりの情報の中、知人から問屋さんの在庫の残り2セットの所を入手。 結局雪は回避されたので、当分は天気は大丈夫なようですが、あえて雪道は走りたくないし、気持ちの安心感を得て良かったです。 TOYO製。 国産なら数年経って制動距離は延びたりすることはあってもすぐにダメになることはなさそう。

2014年2月14日 (金)

輪ゴム銃 32オート

Ca3i1600最近は天候の悪い日が多く、先週の雪も溶けきってないのに、また本日も雪で今のところ、自分の近辺では積もるかは不明ですが、明日の朝にはどうなっているのでしょうか。xx 気を取り直して今回は、共栄の木製ゴム鉄砲「M1903 32オート」。 これは、もう1年以上前に購入したものですが、スーフェスでの購入。 ワンフェス等のイベントでも良く出店されてます。
Ca3i1601マズル付近のUP。このゴム鉄砲の面白い所は、バレルに見える部分に1センチ位のメタルのリングがはめてあって、これの有る無しでは外観が全然違ってきますね。 画像では判りにくいかもしれませんが、本体に真っ黒ではなく、勿論木目も出てますが、とても味わいのある仕上がりです。 輪ゴム銃ですので、ちゃんと狙えるF,Rサイトも付いてます。
Ca3i1602スライドを引いたりは出来ませんが、スライドを画像のように「パカッ」と外してグリップの上方あたりにある輪ゴムを引っ掛ける歯車に輪ゴムを掛けていきます(6連発!)。 スライドを元に戻して発射。 トリガーも良いテンションです。スライドと本体をはめるのに磁石を利用しているので、これも「カチッ」とはまる感じでいいですね。アイデア!
Ca3i1603フレーム側の後方の丸いシルバーの部分が磁石でくっつく箇所。 ひっくり返したスライドの先端に見えるのがバレルに見せているリング。 このM1903には初めからウールナット製のグリップが付いてます。 これも満足の行く外観に一役かってます。排莢口は色を変えてますし、エッジの効いた仕上がりがとてもいいです。
Ca3i1604CAWのプラスチック製モデルガンのコルト32オートとサイズを比較すると、スライドが長いのが解ります。 他のサイズはゴム銃の方が若干大きい位のサイズですが、一般的なサイズの輪ゴムを飛ばす為のスライド長の確保を考えた為の配慮か不明ですが、 モデルガンよりは大きく見えます。重量140g位で軽いです。
Ca3i1605 KSCのプラスチック製のトカレフのガスガンとサイズ比較すると同じ位な感じです。スライドストップなど細かい所は省略されてますが、サイトやセレーションが再現されてたりとイメージを崩すことなく造られてます。 このバレルインと呼ばれる輪ゴムを隠せるタイプはガバメントなど一部のようで、他は本体の上部に輪ゴムを仕掛ける部分が出ていたりしますが、ライフル・ショットガン(当時見たのはフルサイズではなかったですが)、オート、リボルバーなど有名所の輪ゴム銃たちが並んでまして、キットなどもあり、値段も、手作りな所も多いでしょうし、そんなに高くはないと思います。 木製ということで、昔、「魔太郎がくる!!」と言うマンガの中でオール木製の精巧なモデルガンを造るのが得意な巌 呉次(がん くれじ)君を思い出しました。

しかし、書いている間にも積もりそうな位、雪が降ってきました。先日の残り雪が屋根から時折、「ドサッ」と大きな音で落ちてきたりで怖くもあり、明日も荒天のようで早く、陽気が良くなってほしいです。

2014年2月 2日 (日)

東京モーターショー2013へ 3

Ca3i1492まだまだ勝手に続いてます、モーターショー。 これは最近発売になったハスラー。 デザインが楽しい。 登録商標とかの関係なのでしょうか、ホンダは良くバイクのネームを車に持ってきたりしますが、ハスラーも往年のオフロードバイクのネーミングを思い出します。 





Ca3i1491アウトドアで使えるオプションなんかが用意されていて、好きな人には重宝しそう。



Ca3i1513トヨタウンには、このような「どこでもドア」やタレントのベンチに座ったタレントの蝋人形と一緒に座れたり、車以外の演出も凝ってました。







Ca3i1517トヨタ i-ROAD。 超小型車というか車体がバンクするので、トヨタの3輪バイクと言う風にも見えます。 







Ca3i1525ダイハツ FC凸deck。 軽サイズで、なんか無機質な顔立ちに見えるのがいい。 液体燃料電池車ということで、近未来の車のよう。 後方のデッキ部分は斬新ではあるけど、枠でも付けないと、物を載せては走れませんね。


« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ