« ジャガーバックス ドイツ兵器大図鑑 | トップページ | 思い出のアクションゲーム他、入手 »

2014年3月 9日 (日)

東京モーターショー2013へ 4

Ca3i1536ホンダのNSXコンセプト。 S660コンセプトも見たかったけど、行列になっていたので、遠目に見た程度。 S360も展示されてました。



Ca3i1542 自分の昔のF1マシンのイメージって、この形ですね。




Ca3i1548 ヤマハのTRICITY Concept。三輪の他に四輪車なんかもありました。




Ca3i1552こうなると、もう殆ど顔な状態。




Ca3i1551 トラクターなんかだと思われますが、カッコよすぎ。 いったいお幾らなんでしょう。

では勝手に長々やってましたが、シリーズもこれにて終了。

« ジャガーバックス ドイツ兵器大図鑑 | トップページ | 思い出のアクションゲーム他、入手 »

コメント

FATBOYさま、こんばんは。^^
今回は東京モーターショー2013への④という事で最終回との事ですが、FATBOYさまが毎年レポートしてくださっていますので、いつも最新の情報が拝見出来て勉強になっています、本当にありがとうございます。m(_ _)m
それで1枚目のかっちょいいスーパーカーの画像はホンダのNSXのコンセプトカーなのですか~。@@
それで自分はこういう見るからにスーパーカー的外観のコンセプトカーが実際に発売される事を願っていますし、スペックも海外のスーパーカーに負ける事のない一流どころを目指していただきたいな~とか勝手に願望を持っております。^^v
それで2枚目の画像のF‐1カーのイメージは自分もこのカタチの車体が記憶に残っておりまして、確か、自分がまだ小学生の頃に、年上のイトコがクリスマスのプレゼントにと、大きな箱に入ったホンダのF‐1カーのプラモデルを持ってきてくれたのですが、当時、あまりに部品点数が多くて、作らず終いでどこかへ行ってしまったという苦い記憶もあるカタチのマシンでしたね。。。^^;
3枚目の画像はヤマハのTRICITYという三輪の乗り物との事で、エンジンが搭載されたバイクの様なイデタチですが、他に四輪もあるのですか~。@@
4枚目の画像は・・・メーカーとかは不明ですがフロント部分のデザインはFATBOYさまが仰るとおりもはや完全な「顔」ですよね、それで2人乗りの為に左右にシートがありますが、こういうので一般道路を走行したら視線が痛くて仕方がないくらい目立ちそうなデザインですね。^^;
それで5枚目の画像のトラクターは物凄くデザインが洗練されていますね~。@@
自分んちも兼業農家ですので納屋にはトラクターを入れておりますが、かなり以前に買ったので価格は150万円位でしたが、最近のトラクターはここまで凝ったデザインですと価格に付いては全然検討がつきませんが、多分物凄くたけー!のでしょうね・・・。orz
なお、トラクターが無い位昔は「牛」さんがトラクターの代わりをしていたそうですが、うちの様に兼業農家ですと、お米を作って売った代金が年間50万~60万円で、トラクター、田植え機、コンバイン等の機械類は会社で稼いだお金を注ぎ込んで購入するという悪循環でして、近所では米作りなんかはもはや大規模な営農集団にまかせてしまっている感じであります。。。xx

そーすさま、こんにちは。FATBOYです。^^
そうですね、また景気が良くなってくれば、NSXコンセプトのようなスーパーカーなんかも販売されるかもしれませんね~。
そーすさまもF1は昔、プラモデルをプレゼントされて、このタイプのF1が記憶に残っているんですね。^^
後方のエンジン部分がむき出しみたいでマフラーの取り回しが何本もウネウネとしていたのもなんか印象的でした。
ヤマハも四輪車なんかを発売なんてこともあれば、総合メーカーになっていくかもしれませんね~。
トラクターは当初、あまりにカッコいいので、外国製だと思ったら実はヤンマーのコンセプトモデルのようで、ふと書店で見た雑誌の表紙も飾っていたりで、ちとビックリしました。
そーすさまが以前に購入されたというトラクターが150万円位と聞いて車が買える位の値段に驚いております。◎◎
それで、給料で様々な農機具の購入をするとなると、作物を販売して代金を得て投資金を回収、利益まで考えると、大変なご苦労となると思いますので、頭が下がる思いです。
それで、そーすさまの知人がワンフェスで購入されてきたという潜水艦のレジンキャストというのは、以前「サブマリン707」という漫画に出てくる潜水艦のモデルが結構大きなブースで紹介されていたので、それかもしれませんね。

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
以前発売されていたNSXはカー雑誌OPTHIONの付録ビデオでも、サーキットで土屋圭一が乗ってフェラーリのテスタロッサと競争していましたが、テスタロッサが中古だったせいか?NSXにブッ千切られていてかなりスカッとする内容でしたが、本当に景気がよくなってこういうのが発売されれば凄いだろうな~と思いますね。^^
それとF1のプラモデルはそのうねうねとした銀メッキがかかったマフラー等のパーツ点数が多くて、幼かった自分には対象年齢が高すぎた気がします。。。^^;;
後、ヤマハは四輪も出していたとすれば将来的にはそういうメーカーを目指しているのかも知れませんね~。
トラクターのメーカーは画像と同じヤンマーですが、自分んちのを買ったのは随分前ですので、現在ですともっと高くなっていると思います。xx
営農集団なんかが使っているのですと500万とかそんな値段ですから・・・。^^;
とにかく耕作面積が5反程度の兼業農家では減反政策というのがありましたし、実際には4反程度しか作付け出来ませんし、せいぜい自分んちで食べる米や野菜が自給出来る程度の規模ですし、しんどい割して50万円程度の年収では何も買えませんし、全然やっていけませんね・・・。TT
しかしながら何度見てもこのトラクターはかっちょいいですね・・・。^^;
後、知人にはまだ聞いていませんが、実際にワンダーフェスティバルに行って来られたFATBOYさまが結構大きなブースで販売されていたという事なのでそれかもしれませんね・・・。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/59262591

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショー2013へ 4:

« ジャガーバックス ドイツ兵器大図鑑 | トップページ | 思い出のアクションゲーム他、入手 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ