« スーパーフェスティバル64へ 2 | トップページ | 東京モーターショー2013へ 4 »

2014年3月 2日 (日)

ジャガーバックス ドイツ兵器大図鑑

Ca3i1609_2 随分以前ですが、ここで記事にしたジャガーバックスの「ドイツ機甲軍団」の他にもミリタリー関連シリーズのラインナップが結構あって、そのいくつかは見てみたいなタイトルもあって、割と近年になって入手した「強烈マシン ドイツ兵器大図鑑」です。 発行年代は「ドイツ機甲軍団」 から三年は経過したころのようで、この時代は自分はMMとかは造っていなかったので、この本の存在自体も当時は知らなかったように思います。中はイラスト、カラー、モノクロ写真など多数使用した見易い内容。当時も専門書などは高いですし、難しい世代だった頃には資料として、読み応えがある本です。


Ca3i1611タイトル通り、ハンドガンから列車砲、変わり種まで、様々なドイツ軍の兵器が紹介されている。 読者の対象者が小学校高学年からせいぜい中学生位がターゲットだと思いますが、随分本格的な内容に驚きます。 この本が自分が大した関連知識もなくミリタリーのプラモをただ造っていただけの 時代に読むことが出来たら随分違ったと思われる位、子供向けの本ではありますが、子供だましな部分はない本です(現代資料と違う箇所はあるかと思いますが)。

Ca3i1610裏表紙のイラスト。鬼気迫る表情でMP40を撃ちまくるドイツ軍将校。よっぽど追い込まれたのか頭部は制帽で一人身を低くすることもなく、 後方からパンツァーファウストを打たれてしまうような危険も感じますが、見せるためのイラスト。 イラストは上田 信氏も参加されてます。 中身の「ベルリン攻防戦」の「1945年4月29日、ティアガルテンの死闘」として使われてるイラストが、随分昔に買ったLD版の「ヨーロッパの開放」で資料として掲載されていたのを発見!。

« スーパーフェスティバル64へ 2 | トップページ | 東京モーターショー2013へ 4 »

コメント

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
FATBOYさまが仰るとおり、以前確かにジャガーバックスの「ドイツ機甲師団」の記事は紹介されていましたが、今回は同じくジャガーバックスのミリタリー関連の書籍で「ドイツ兵器大図鑑」という画像にある本なのですね~。^^
自分もこういうミリタリー関連の書籍は大好きでして、書店へ立ち寄った際にパラパラ~っとめくってみて興味がありそうな物は財布の中身と相談して購入したりしているのですが、最近はこういう本は価格が随分と高くなっていて中々購入出来ないでいます・・・。^^;
それでこの「ドイツ兵器大図鑑」というのは小学校高学年~中学生位がターゲットとの事ですが、内容が随分充実している様ですね。@@
ハンドガンから列車砲や特殊兵器まで掲載されているという事で、特に2枚目の画像を見るとシャシーに戦車の車両を使用した様な対空機関砲までもが掲載されていますし、これくらいのクオリティーがあれば自分も購入してしまいそうな書籍ですね~。^^v
後、イラストも迫力があって見応えも十分な感じですが、なんとFATBOYさまが以前買った「ヨーロッパの開放」というレーザーディスクの資料としても掲載されていたという事で、上田信と言う御方のイラストは相当有名なのですね。^^v

そーすさま、こんにちは。FATBOYです。^^
最近ですと、コンビニ本みたいな分野でも、ミリタリー関連の本でも手頃な価格ながら、中身が濃い感じの本を見かけたりしますが、ドイツ兵器大図鑑は、それの元祖みたいな内容に思えます。
もう30年以上も前の本なので、中々目にする機会もないですが、今再販しても読み応えがあるかと思えます。
スーフェス、ワンフェスとかでの記事のフィギュアとかは、マイナーなのもあるので、知らないキャラも多いと思いますよ。^^
以前、そーすさまが合金、ソフビなど収集されていたお話は伺ったことがありましたが、67とはかなりの数を集めておられたんですね~。^^
自分の購入した「びっくるくん」も、そーすさまが拝見された、おもちゃのリボルバー付きのタイプで、チープなリボルバーではありますが、オマケ的な感じでしょうね。
あまり重いトイガンを装着して連続して作動させるよりも、チープなリボルバーの方が、軽くて本体に負担もかからないでしょうし、箱から出して、手持ちにポケットサイズのトイガンがなくても、直ぐに付属のリボルバーで雰囲気を味わえて遊べるのが良かったですね。^^

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
そうでしたか~こういうイラスト入りのムックは最近だとコンビニなんかに置いてあるのですね、参考になります。m(_ _)m
それでスーフェス&ワンフェスはFATBOYさまのレポートを拝見致しましても、自分は知らないキャラクターが結構沢山存在していて驚かされますが、昨年、自分が夏バテみたいなので入院するちょい前に、ワンフェスに高速バスで11時間だか12時間だかかけて遊びに行って来た知人なんかもレジンキャストの潜水艦のキットを買って来たとか申しておりましたが、いくら説明されても結局どういう潜水艦なのかが分かりませんでした。(笑)
それで以前収集していた合金玩具やソフビは今でも手元に残っているリストを一旦、絶版玩具専門店へファックスで送信して、価格交渉をしてから宅配便で送る為のものでしたので、結構詳しい内容を書き込んでおりまして、現在見直しても自分ながらよくこれだけ集めたものだと感じますね~。^^;
後、びっくるくんは確かに先端に何も付いていませんと袖から出す物がなくて使い道がないと思われますので、軽くて激発音も出る百円ショップの8連発リボルバーなんかが付いているとジャキーーン!とスピーディーに袖からリボルバーが飛び出しますので楽しめますよね。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/59224744

この記事へのトラックバック一覧です: ジャガーバックス ドイツ兵器大図鑑:

« スーパーフェスティバル64へ 2 | トップページ | 東京モーターショー2013へ 4 »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ