« 8tハーフトラックとシュビムワーゲン | トップページ | G18C »

2014年4月 8日 (火)

41回 東京モーターサイクルショーへ 1

Ca3i1626今年も行ってきました、モーターサイクルショー。 駐車場はビッグサイトの屋上だったので会場が近い。しかも誘導で結構良い所に停められた。ラッキー。千葉方面から来て昼位には付く予定でしたが、浦安位から大渋滞で、到着が大分遅くなりましたが、初日の開場が13時からだったため、まぁちょい待つ位の感じで丁度良かった。
Ca3i1627仮面ライダー特別展。 丁度映画の公開が控えてまして、本郷猛の変身シーンだけでも見てみたい。 

Ca3i1630 京商のブース。 一般的な大きさの二輪のラジコンイメージだと、右端のサイズですが、かなり小振りなラジコン群で、面白そう。 これ遊んでみたいな。 

Ca3i1631 インディアン。高いと言えば高いけど、欲しい人にとっては一時期に比べてば、随分値が下がってますね。

Ca3i1632 ヴィクトリーはまだ近辺では走ってるのを見たことはありませんが、東京あたりでは見かけるのかなぁ~。 デザインがイケてるので、今回も人気のようでした。

« 8tハーフトラックとシュビムワーゲン | トップページ | G18C »

コメント

FATBOYさま、こんにちは、そーすです。^^
今回の話題は毎年出掛けられていて、このブログでも随分紹介されて来られた「東京モーターサイクルショー」のレポートなんですね。^^
それで今回で41回目の開催という事なので相当以前から開催されているのですね。。 ^^
会場への到着は渋滞に遭遇したとの事で少し時間がかかったとの事ですが、開場が13時という事でちょっと待つ位の時間の余裕があったという事でよかったですね。^^v
それで1枚目のはFATBOYさまの愛車の画像ですね、もう何年位乗られているのか自分には分からないのですが、非常に綺麗に写っていますし、愛車への愛情が感じられますね♪ ^^
それで2枚目の画像は仮面ライダー展という事ですが、自分が全然知らない仮面ライダーが二人おられますが、この後に新作映画の公開とかがあったのでしょうか・・・本郷猛の変身シーンは自分も見たいですね~。^^
それとあの頃流行った風車が回る仮面ライダーベルトが懐かしいです。^^
3枚目の画像はラジコンカーやダイキャストミニカーなんかを発売している京商のブースですか~本当ですね、右端に写っている位のラジコンバイクだと普通サイズな感じですが、6~7台写っているラジコンバイクはかなり小さく出来ているようで、こういう小さいサイズのラジコンバイクも走らせてみると意外と面白いかもしれませんね。^^
4枚目の画像はビッグサイズなアメリカンバイクのインディアンですね~向かって右側に写っているワインレッドに見えるのは価格表示が見えますが2,462,400円って表示してある様に見えますが、これでも一時期に比べるとリーズナブルになった方なのですね@@
それにしてもブラックの方もワインレッドの方もピカピカ光っていて重厚感もバッチリで迫力満点ですね♪
それで5枚目の画像のビクトリーっていう、これもアメリカンな雰囲気のビッグ・バイクの感じですが、これもでかい感じでめちゃ迫力があるバイクですね。@@
排気量は幾らくらいあるのでしょうか・・・以前FATBOYさまがここで画像を紹介されておられた、もう一台の愛車のホンダGL1500くらいはあるのでしょうかね・・・それにしてもまだ近辺で走っているのをまだ見かけた事が無いという事はごく最近発売されたという事なのでしょうかね・・・自分にはよく分かりませんが、とにかく迫力があってかっちょいいですよね。^^v

そーすさま、こんにちは。FATBOYです。^^
そすですね、東京モーターサイクルショーも41回の開催ともなると結構以前からやってるなぁと思いますが、個人的には東京モーターショーには1980年代から行ってますが、東京モーターサイクルショーへはいつ頃から行き始めたのか?全く覚えてなくて・・・。
これは多分、モーターショーはコンセプトバイクの展示が目玉でもあり、モーターサイクルショーは、そういったバイクが展示されるわけではないので、昔はそういう夢のようなバイクや車を見るのが楽しみだったので、記憶に残っているような気がします。
愛車は乗って16年超になりますが、画像は遠目に写っているので、幾らかキレイに見えてしまうかもしれませんね。^^:ありがとうございます。
今はシートが壊れて部品待ちですが、結構長い間待ってまして、だましだまし乗ってます。^^;
仮面ライダーの新作映画は、多分まだ全国公開中であると思います。
変身ベルトを巻いた本郷猛の変身シーンはチラッとバラエティ番組で見せてもらえましたが、やはり本家は違いますね。
ラジコンのバイクも実際にコースで走らせられるようでしたが、見た時は走行してませんでしたので、手軽に遊べるなら良さそうですね。
インディアンは以前はモデルにもよりますが、安くても300万台位だったと思います。
ヴィクトリーは、ある記事でアメリカではハーレーの次に良く見かける・・・となっていたので、本国では売れているのではないかと思います。日本でも売れるかもしれませんね。
排気量はおよそ1700ccほどですね。
GL1500ほどの巨大なタイプから、チョッパーのようなタイプまで色々とラインナップされていて選べるメーカーですね。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/59433270

この記事へのトラックバック一覧です: 41回 東京モーターサイクルショーへ 1:

« 8tハーフトラックとシュビムワーゲン | トップページ | G18C »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ