« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月30日 (金)

怪獣バッジコンプリートセット

Ca3i1701_2受注生産の怪獣バッジコンプリートセットが届いてますので、紹介します。 このようなダンボール箱の状態で届きました。 イラストや雰囲気も当時っぽくデザインされていて、わざわざかすれたような部分があります。大きさは封筒サイズを一回り大きくした位で、それほど大きくありません。

Ca3i1702取説が一枚。画像の面には商品全種の紹介。 反対面は当時の学習誌のバッジの申し込みページがいくつか紹介されてます。 以前も書きましたが、他のキャラクターのバッジも復刻してほしいですね。


Ca3i1703ダンボール箱の中には、このような封筒に入れられて5種類ずつ入ってます。 当時のように郵送で送られてきた雰囲気が再現されてます。 全65個あるので、封筒は10枚以上はあるので、結構な数になります。 封筒の郵便番号を書く「枠」も現在の7ケタとは違うので、この辺も芸細です。 

Ca3i1704一つ、ご紹介。この中ではバキューモンが補完タイプ。 この時のセットは当時持っていたので、記憶してますが、色使いも良く出来てますし、ザニカが大きいのも、そのまま再現されてます。一つ難点は、色々な箇所にセロテープが貼られていて剥がすのが困難で、封筒にそのまま入れられていても良かったかなと思います。
 

2014年5月21日 (水)

41回 東京モーターサイクルショーへ 4

Ca3i1653_2ゼロエンジニアリングのロードホッパーの後ろからの低いこの勇姿もいい。 最近、近場で試乗会も催されてましたが、行けなかった。

Ca3i1658いろんなアイデアがあるもんですね。バッグにヘルメットを固定することが出来るようです。ヘルメットを持ち歩く必要があるときにとても重宝しそうです。




Ca3i1660 LEDのヘッドランプ。かなり明るいので、自分のバイクもLED化したいもんですが、技術的なことは解からないので、そう簡単にもいかないでしょうが。 夜間の視認性も高そうですね。

Ca3i1664 Ⅲ型のカタナは、あまり人気が出なかったように記憶してますが、先代のカタナのヘッドライトはリトラクタブル・ヘッドライトが似合いそうに思っていたので、個人的には、このヘッド周りからテールに至るデザインが今でも好きです。

Ca3i1667屋外会場ももちろんあり、試乗会、白バイの模範走行、トライアルデモなどなど屋外イベントも盛況でした。 これにて「41回 東京モーターサイクルショーへ」は終了です。

2014年5月11日 (日)

ガチャガチャガン 一挙!ってほどでもないですが・・・

Ca3i1688_2以下全部、入手してから随分経ってしまってますが、カプセル・トイで出たのが集まったので、上のアンチマテリアルライフルタイプが、排莢、ストックの上下可動が出来、全長20センチほどで、とてもカプセルに収まっているとは思えないサイズ。下のはL96タイプで、ちゃんとボルトアクションの動きを再現してます。
Ca3i1690 上のL96と同じシリーズで、コンバットショットガンタイプ、仁丹大のBB粒を5発同時発射となってます。グリップ部が良い出来。ちゃんと上のロックを外してシリンダーに薬莢を入れるという、このサイズで本格的な面倒くささ。w 弾は入れて撃ったことないですが、この操作は良く出来てる。

Ca3i1692 SOCOM Mk23タイプは完成品で袋の外から動かせたので開けてないです。もちろんスライドをひいてコッキング出来ます。 カスタムパーツ付き!。



Ca3i1691 グレネードランチャータイプ。ストック可動、サイト?折りたたみ、排莢も出来、ハンドガードもロックと機能だけ聞くと、ミニサイズながら凄い。薬莢予備パーツ付き。

Ca3i1689これは約8センチという、ちょい大きいサイズでクラシックモデルというタイプ。ガバメント型ですが、これのポイントはスライドアクションを取り入れているところ。色はいまいちですが、以前紹介したのと同じくトリガー幅があるので快調に連発操作が可能。 これはこの中でも個人的に一番。 以上、メーカーやシリーズなど同じ物があったり違ったりします。 

2014年5月 6日 (火)

41回 東京モーターサイクルショーへ 3

Ca3i1642前回に続いてカスタムピープルのゼファーχ。χ用に造られたZ400FX外装キットをまとっている。 FXはタンクからテールのデザインが特に好きで、多数のカラーリングがあってカッコいいですね。



Ca3i1645ヤマハ系のヘルメット、アルファのシステムヘルメット。軽いと言われて手にしてみると、軽い。デザインもいいし、次回のヘルメットにも検討しよう。







Ca3i1648 ホンダ・グロムの、痛バイクって言うんでしょうか。痛車は時々街でも見かけるけど、二輪はまだ外で見たことが無い。ピカピカで綺麗ですね。



Ca3i1652 おっ!これはいったい!?。これは二輪関連の雑貨の販売ブースにあった物で詳細はわかりませんが、ポケバイサイズイメージ位で、人目をひいてました。両方欲しいなぁ。 ここのお店はちょっと前に絶版になったようなトイなどが販売されていて見ても楽しめる。

Ca3i1656 今回気になったのが、ヤマハのボルト。特にこのシート先端のくびれが秀逸。 ハーレーにもくびれがありますが、上を行くくびれ感。ただ座り易いってだけでなく、やはりこのデザインが美しい。 のちのち違う場所で再開することに。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ