« ロッテリア つけ麺バーガー | トップページ | ハーレーのシート交換 »

2014年6月15日 (日)

ヤマハ ボルト試乗

Ca3i1680_24月の中旬、成田の自動車大学校にてヤマハの試乗会が開催されて、春の東京モーターサイクルショーで見て気になったボルトも試乗車としてラインナップされていたので行ってきました。 画像はコース外にあるまたがれる展示車両。 

Ca3i1679ボルトだけでなくスクーターの他にも何種か乗れますが、自分はボルトだけ試乗しました。 ボルトは細身のスタイルとシートのくびれが絶妙ですね。



Ca3i1681こんな感じで盛況でした。 車種に寄っては待ち時間も結構あります。 ボルトは10分位待ってれば乗れました。 同じ車種でも数台用意されているので待ちストレスもあまりなかったです。


Ca3i1678学校だけあって、ちゃんとしたコースもあるので、サーキット気分でこんなコースを走れました。



Ca3i1682敷地内には珍しい車もありました。 保存されていたり教材として保管されているのでしょうかね。 ボルトは排気量が大きいのでパルス感もあり、ノーマルマフラーでも心地よい音が楽しめてGOODですね。

« ロッテリア つけ麺バーガー | トップページ | ハーレーのシート交換 »

コメント

FATBOYさま、引き続きお邪魔しております。^^
今回は4月に開催されたヤマハの試乗会で「ヤマハ・ボルト」に乗ってこられたという事ですが、自分は最近のバイク事情にはめっきり疎くなりましたので、Googleで「ヤマハ ボルト」と入力して、色々と記事を拝見致しましたが、最初画像を拝見した時には、これって、丸いヘッドライトでボディが黒一色でしたので、「結構以前に発売されたバイクなのかな~それにしても試乗会が行われるのだから新しいバイクなのかな~。」という感じでGoogleで検索したのですが、何と、2013年12月発売のバリバリのニューモデルという事で、950ccのVツインエンジン搭載のクルーザーという事で、排気量も結構大きくて、一昔前のクラッシックな雰囲気を漂わせたビッグバイクのような気が致しました。^^v
それで、最初に1枚目の画像だけを拝見した時には、先日、自分がヘルメットをミラーにかけたまま何処かへ行ってた人が乗っていた「スズキ・バンディッド」にもちと似ていて、シート部分の高さも低く抑えられていて、足付き性も良さそうな感じで、こんなに大排気量だとも思っていませんでしたが、実際のスペックっていうのは、検索するまで意外と分からないものなのだな~・・・と反省致しました。m(_ _)m
それで、2枚目の画像に写っているスクーターも同じくヤマハの製品のようですが、ボルトの試乗会で一緒に出品されているという事は、こういうスクーターにも結構需要があるという事なのですかね・・・謎
それで、4枚目の画像とかを拝見致しますと、記事中に「成田の自動車大学校」という場所との説明がFATBOYさまからありますが、本格的なサーキットの様な広いコースのイメージを受けますが、こういう開放感のある広大なコースで試乗した際のヤマハ・ボルトのパワーとか、乗り心地とかはいかがだったでしょうか・・・。^^
後、5枚目の画像に写っている同じ敷地内に置かれている国産らしき古そうな乗用車とか、フル・オープンのクラッシックカーとか、頑丈そうな赤色と青色の大きなクルマとかは、何に使われるのかは不明ですが、こういう珍しいクルマ達もストックされている所にも興味を惹かれました。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/59818331

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ ボルト試乗:

« ロッテリア つけ麺バーガー | トップページ | ハーレーのシート交換 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ