« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

ワンフェス2014夏へ 1

Pap_0001_2先日の日曜日に開催されたので行ってきました。 いつもながらの個人的に気になったものの紹介です。 人気はアイドルイベントや美少女ものやロボット系が多いようですが、いつもながら多岐にわたる分野が出展されていて楽しいです。 画像はウォーターラインシリーズよりももっと小さいサイズの艦船。 これで空母に飛行機が乗っていて驚き。
Pap_000212分の1位のサイズのこの750SSはとても良く出来ていて美しい仕上がりです。 お店の方もとても親切でした。 自分はチケットガイドブックは毎回現地入手なので、そのまま後方の7、8ホールから見てるので、大手メーカーやイベントなどのある1、2、3ホールとかはいつも最後にみることになっちゃってます。 
Pap_0003これも極小サイズの銃器類。 フィギュア用で良く見る6分の1とかでも小さいいのに、12分の1サイズ。 ここまでくるとさすがに可動部分は無いですよね。 まぁ馴染みのあるタミヤの35分の1よりは大きいのですが、このサイズで、このディテールの良さがいいです。

Pap_0004アトランジャーもこうなるとかっこよくなりました。 オリジナルプラモデルは当時手を出したことはありませんが、結構知られてましたよね。 洗練されたデザインとフルアクションでカッコいいポーズです。






Pap_0005これはコーヒーメーカーをデコレーションしたものでしょうか、なんか産業革命時代の機械っていう雰囲気を感じてドリップするのが楽しくなりそうですね。 

2014年7月23日 (水)

ヒットエアー エアバッグジャケット

Ca3i1741バイク用のエアバックジャケットが用品店に置かれだした頃に購入したものが、もう随分長い間使用していて点検してもらった所、正常に機能しないことがわかり思い切って新調。 使用していた大分ボロの物でも修理は可能とのことで直してもくれるのでまだ使用したい時にはありがたい話でした。 最初のを買った時より大分値段も安くなったイメージがあるので、それだけ普及してきたのでしょうか。 システムはバイク本体と繋がっているコードがジャケットから外れるとエアバッグが作動するというもの。 難点はバイクに乗っていれば気になる事でもないですが、約1.5kgと重いのと個人的にあまりカッコいいデザインではないことですがタイプは多種あります。
Ca3i1742右胸あたりにエアバッグを展開させるためのCO2ガスボンベがあり、これが重量があって多少の違和感を持つ部分でもあります。 ちなみに最初買ったモデルより作動時間が更に短くなったり細部が進化しているよう。 自分のようなベスト型でなく完全なジャケット型も販売されていますが、熱い時期が辛そうなのと下に好きなジャケットが着られるのでベスト型を愛用。 多分一番気になるのは繋がっているのを忘れてコードが引っ張られて作動してしまうのではないか?と言う事だと思いますが、少々の力では抜けませんし、慣れれば次第に降車時にコードを外す癖がつくはずです。

Ca3i1743脊髄パッドもついている。 以前のはジャケットの中に入ってましたが、今回購入のMC3はマジックテープで貼り付け出来るので簡単になってる。 オプションですが胸部のパッドやら他にも色々とプロテクターとかあるよう。 最初購入に至ったのは店頭でデモ販売していて購入したのですが、ボンベを作動させてもらえる機会があったのですが、その時はなんか怖かったのでメーカーの人にやってみせてもらったのですが、思えばかなりの力で引っ張ってやっと抜けたという感じでした。 幸い今まで一度もこれのお世話になったことはないです。 もうこれ無しで運転するのは躊躇してしまう位必需品となってますね。※現行モデルはポケットがかなり増えてていいです。

2014年7月13日 (日)

おおがまや 小龍包たこ焼き

Ca3i1693とあるテレビ番組で、ひたちなかの「おおがまや」の「小龍包たこ焼き」が紹介されていて食べてみたいと思ってましたが、水戸の駅ビルに店舗があるのを知って購入。ビールと一緒に食べたいと思い外へ持ち出して食べたものの、ゆっくり食べていられなかったので熱々の状態で食べたので今一つ堪能出来ませんでした。
Ca3i1711で日にちが経ってリベンジしまして、今度はビールは飲めないものの店内のテーブルスペースにて、ゆっくり堪能。 ネギをトッピングしてもらいました。 つけダレにつけて食します。 中がとろ~りでタコもおいしいしうまいですね。 「小龍包たこ焼き」の他にも種類があるのでそちらも食べたくなります。

2014年7月10日 (木)

闇芝居の時間だよ・・・

Ca3i1735「闇芝居の時間だよ」で始まるあまり動かない風の恐怖アニメーション番組「闇芝居」が昨年でしたか、関東では日曜の深夜に短時間の番組で放送されてまして、既に番組は終了してますが、カプセルトイを見つけたので購入。 闇芝居のカプセルトイって何だろう?と思いましたが、画像の瓶詰めや袋が。 ちなみに闇芝居で思い出されるのが、ゲキメーションでしたか、「猫目小僧」のテレビ番組。 「闇芝居」はあそこまで紙芝居風ではありませんが、なんか同じくおどろおどろしい感じがする。

Ca3i1736開けると「肉塊消しゴム」やらミニシールやら、お札の付箋が出てきた。あまりそそられる物なくダブりも出始めたので終了。 付箋も200円なのはちと高い気がする。 他にパッチンガムとかびっくり箱とかスタンプとかラインナップ。 番組自体は結構印象に残る恐怖シーンや回もあったので、また機会があれば次回作も見てみたいですね。

2014年7月 4日 (金)

今年観た映画

今年になって3本程映画を観ました。
まずは2月の下旬に「永遠の0」を鑑賞。メジャー作品なので当初は見るつもりはあまり無かったのですが、結構な観客動員数とロングランでちょっと気になりだして行きましたが、もう公開から随分経ってましたが、平日の日中にしては老若男女数人いました。 ストーリーよりも自分は空戦シーン期待で行ったような物ですが、空戦シーンは期待以上の迫力のシーンで、シーンも尺も長く登場も多く、CGの凄さを感じます。  宮部久蔵についての色々な人からのバラバラの話が後に繋がっていく、ストーリーにも引き込まれていきました。 現代のシーンでスマホでなくケータイを使用しているのが違和感があったんですが、良く考えると搭乗員の年齢を考察して、今から10年ちょい前位の設定なのでしょう。細かいですね。 詳しく書けませんが松乃の戦後の家での「愛のかたち」ついては少々疑問の残るとこもあります。 零戦操縦の訓練中に飛行機が地面と激突して亡くなっても、「大切な零戦を無くしやがって」とか海上に墜落した搭乗員のことを「サメに襲われて死ぬくらいなら、何故突撃させてやらなかったんですか!」なんて言うシーンがありますが、帰還してまた飛べればと言うより、そっちなのか・・・と時代の狂気を感じます。

同じく2月の下旬にクドカン脚本なので「土竜の唄」を鑑賞。 原作のマンガは読んだことがないのでマンガのイメージとどうなのかとかは知らないので映画のみの印象。 全編笑えますが、スリリングなシーンも多い。 当初の、ホンモノじゃないの? え、まだホンモノじゃないのっていう件は長いけど面白いですね。 猫沢や黒河と言ったキャラも演者を知らないと一体誰が演じているのかわからない位のイメージの変わりように気迫がある。 終盤サイボーグ化された人が出てくるあたりからなんかもう理解不能な面白さになっていきます。 捜査官伝統の唄も笑える。 

最近観たのが、「キカイダー REBOOT」。ザボーガーの時と違い、外観や世界観が放送当時のイメージと異なるため、当初は観に行く予定はなかったんですが、行ってきました。初めのヘリポートの有るタワーでの戦闘シーンは見ているだけで足がすくみますね。 その時のシーンでキカイダーが敵のハンドガンに正面から手のひらでふさいで連射に耐えてるシーンがありますが、薬莢がバシバシ飛んでいくもののガン自体はどうにもなっていないのですが、実際にこんなことがあるとガンが破損してしまいそうですが・・・。 ジローがギターを持ってるのはに理由がありいいですね。 キカイダーが本当の姿で人間の姿は人間社会で行動する時に必要な姿なのもうまい設定。 ギル教授が誕生して、なるほどなと思い、マリも出てくるしハカイダーの誕生にも少々気味悪さを感じた。 ハカイダーが目的地に向かうシーンでもの凄い速さでバイクに乗るシーンがある、確かカワサキ!。 しかしキカイダーは弱い。 弱すぎるなぁ~、と歯がゆい位の思いでどうなっていくのだろうと最後まで観ました。 あの方は残ってるし、ひょっとして次回作あり?なんて思いました。 オリジナル作品へのオマージュも有り。 キカイダーの額のランプが有るのと、スケルトンっぽい顔立ちがオリジナルの丸っこい優しい顔立ちと印象が違ってて、ハカイダーは顔の稲妻が横に走ってるがカッコいい。 目は光っていた方が引き立ちますが、現実的に居場所がばれてしまうので、一部のシーンを除いて光ったりはしないですね。 しむらけんのモノマネには初め?でしたが、なるほどそういう意味だったのですね。 画像は特典と、ハカイダーのピンバッジセット。 映画公開の時だけの販売かもしれないので購入。 キカイダーはなかったので売り切れかと思いきや、こちらは某コンビニ店で販売されているようです。 Ca3i1733_2

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ