« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月24日 (日)

ワンフェス2014夏へ 3

Pap_0011_3いろんな意味で、話題になってた3Dプリンター。 体験コーナーがあって、話題でもあり、大変盛況でした。 自分も立体物をどうやって実際造られていくのか、ただ3Dプリンターと言われも謎な感じでしたが、画像の本体で小物が造られていく様子を見ていて、こういうことなんだと少し理解した次第。百聞は一見にしかず、ですね。

Pap_0012当時はよれよれで嫌いだったウルトラファイトのオリジナル怪獣たちのフィギュア。 今ではそのくたびれた感じや色使いも番組も味があって好感があります。


Pap_0016_2艦これもとても人気のようです。 艦砲などを身に着けたり背負ったりと言う感覚は新しい感覚がないと思いつかないようなアイデアに感じますね。



Pap_0017なにやら独軍のような、そうでないようなコーナーが気になって寄ってみると、シェイファー・ハウンドというコミックスの原画展や、グッズを販売してました。 この時初めて作品を知ったのですが、その後作品を実際読んでみました。






Pap_0018円谷プロがアニメと特撮の融合作品のボーンフリーやコセイドンとかをテレビで放送していたころは、もう見ていなかった世代なので、当時は今一つな感じも受けましたが、再認識されているよですし、このミニチュアやジオラマの雰囲気を見てると仕上が箱庭的で見てて楽しいですね。

2014年8月18日 (月)

東京人

1408335233289書店で、ガロが表紙に出てる雑誌が置いてあった。 東京人と言う雑誌で普段見たことはない雑誌でしたが、気になって読んでみると、「ガロとCOMの時代 1964ー1971」として特集が組まれており、当時の作品や漫画家が紹介されてます。 この時代の両誌は自分より上の世代の大人のマンガなのでリアルタイムで読んでいたことはなく、COMは全く接点がないですが、ガロのマンガの中で中学生くらいの時に、ちょっと上の世代の人から読ませてもらった「ねじ式」を読んでから、夢の世界のような展開に衝撃を受けて「いったいなんなんだ!?」と言う感じではまってしまい、他の作品も読みたくなって、その頃は、つげ義春のマンガで、当時読めた本は結構読んでました。 「ねじ式」は現実離れした内容で面白かったのですが、色々読んでみても、他の作品にもどんどんひかれていって、「ねじ式」とは全く作風も違う時代の貸本マンガの時代も、古書ではなく読めた復刻や単行本で気になって読んだりしてて、つまりはただマンガを読んでるわけではなくて、つげ義春と言う人が気になっていたんだなぁと思います。 で、ガロはこれよりも後の確か、1970年代後半~の一時期と、1990年代の一時期に購読してました。 東京人には、この「つげ氏」のインタビューが出ていて7ページ位にわたって近況など語られていて現在を知ることが出来ました。 なにげに見つけた貴重な雑誌でした。

2014年8月11日 (月)

ワンフェス2014夏へ 2

Pap_0010ガルパン人気もあってか戦車は多数のブースで商品を見かけましたが、さらに動かすことも出来るラジコンとくれば、動かしてみかくなりますね。完売ばかりで人気のようでした。






Pap_0009こちらは身近にある物のミニチュアで、細かい部分が造りこまれてて見てるだけで楽しい。 



Pap_0008メタルのカブトガニは重量感があって、持った感じがとてもいいです。




Pap_0007スカイリィ・J2の他にも多数の展示があったんですが、こちらのお店の展示物はほとんど光沢のあるぬめり感のある塗装に見入ってしまうほど深い色合いが気に入りました。


Pap_0006LEDをキットに配線してビグザムや王蟲の目が光るようになってるようです。 LEDはさすが映えますね。










2014年8月 3日 (日)

マルシン kimber GOLD MATCH

Kimg0011マルシンの排莢タイプのガスガンのキンバー ゴールドマッチ。 購入したのは一昨年位。 特に欲しかったモデルではなかったのですが、店頭でセールの新品で、かなりお安く買えたので購入。 店頭ではショーケースに飾られていてメッキ処理したモデルはあまり持っていないので、「ひけ」の無いスライドの感じに惹かれました。
Kimg0004手にすると、ABSなので冷たい感触もなく、プラスチック感を感じてしまうのは仕方ないです。 なので本体は軽いですが、マガジンを装填すれば全然気になりません。今はガスには季節も良いですし、スライドも軽いので快調に動きます。毎度ながらBB弾は発射してません。coldsweats01 カートを排莢する動きだけ楽しんでます。 スライドはぼやけた状態ながらも顔が写りこみます。
Kimg0013リアサイトのホワイトがはみ出ちゃってますが、自分で塗ったのではありません。 ガバメントはいくつか手にしましたが、こういったカスタム感のあるタイプは手にしたことがなかったので両サイト、ビーバーテール、セーフティ、トリガーなどなど色々な部分がカスタムって感じです。 ちなみにTOKYO MXで放送されてるアニメ番組「さばげぶっ!」なる、「サバゲ部」の女子が妄想のような形でサバゲではなく実戦みたいなシーンは銃は多種出てくるしボルトや排莢なんかのシーンもアニメでリアルに再現されてて面白いですね。 最近はガルパンとか、艦これとか、どちらかと言えば男性主人公でないと成立しないようなアニメを女子を主人公にすると、いままでなかったような世界観がうまれたりアニメ好きの人も入りやすいと思うのでまだ面白いのが出てきそうですね。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ