« ワンフェス2014夏へ 2 | トップページ | ワンフェス2014夏へ 3 »

2014年8月18日 (月)

東京人

1408335233289書店で、ガロが表紙に出てる雑誌が置いてあった。 東京人と言う雑誌で普段見たことはない雑誌でしたが、気になって読んでみると、「ガロとCOMの時代 1964ー1971」として特集が組まれており、当時の作品や漫画家が紹介されてます。 この時代の両誌は自分より上の世代の大人のマンガなのでリアルタイムで読んでいたことはなく、COMは全く接点がないですが、ガロのマンガの中で中学生くらいの時に、ちょっと上の世代の人から読ませてもらった「ねじ式」を読んでから、夢の世界のような展開に衝撃を受けて「いったいなんなんだ!?」と言う感じではまってしまい、他の作品も読みたくなって、その頃は、つげ義春のマンガで、当時読めた本は結構読んでました。 「ねじ式」は現実離れした内容で面白かったのですが、色々読んでみても、他の作品にもどんどんひかれていって、「ねじ式」とは全く作風も違う時代の貸本マンガの時代も、古書ではなく読めた復刻や単行本で気になって読んだりしてて、つまりはただマンガを読んでるわけではなくて、つげ義春と言う人が気になっていたんだなぁと思います。 で、ガロはこれよりも後の確か、1970年代後半~の一時期と、1990年代の一時期に購読してました。 東京人には、この「つげ氏」のインタビューが出ていて7ページ位にわたって近況など語られていて現在を知ることが出来ました。 なにげに見つけた貴重な雑誌でした。

« ワンフェス2014夏へ 2 | トップページ | ワンフェス2014夏へ 3 »

コメント

FATBOYさま、こんばんは、そーすです。^^
自分はガロという雑誌は知らないのですが、カムイ伝はその昔、テレビアニメとしても放映されていたのを見たことがありますので、懐かしいです。^^
それでつげ氏の描いた「ねじ式」というのも今回、FATBOYさまのレポートで初めて知った次第でありますが、よくある事だと思いますが、漫画家の方達のシュールな発想には時として物凄いカルチャーショックを受ける事がありますし、凄いなあ・・・って唸らされます。

そーすさま、こんにちは。FATBOYです。^^
そーすさまが、ご覧になってたカムイ伝の原作はガロの創刊期をささえて大変人気だったようです。
自分はカムイ伝ではありませんが、同級生がカムイ外伝を持っていたので、当時何冊か読ませてもらった事を思い出しました。^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/60170489

この記事へのトラックバック一覧です: 東京人:

« ワンフェス2014夏へ 2 | トップページ | ワンフェス2014夏へ 3 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ