« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

シェイファー・ハウンド

1412041703169ワンフェスで気になってコミックを1~3巻まで買ってみました。案外本屋さんを探しても見つからないので1、2巻は某大手古書店で格安で販売されていたのをゲット。 3巻は本屋さんで見つけたので購入。 3巻で一応のくぎりまで読めます。 ガルパンより前の若い女性主人公で戦車が出てくるコミックですが、ガルパンと違い、設定がWWⅡのドイツ軍SSの女性のみの試験部隊で、お笑い的なシーンも描かれていますが、エロ、グロなシーンもあり、実際の戦闘を描いているのでハードなシーンが多いです。 オリジナルのマークを持っているのが印象的。 実在の人物が登場したりしてますが、女性隊員がやはりドイツ人という顔立ちではないため、どこか異国のお話にも感じてしまいますが、堀の深い顔立ちで描いても、それはまた受けないのかもしれませんね。 三突やティーガーⅠなどで激しい戦闘をして、敵味方限らず兵士が失われていき、米軍女性部隊も出てくる。 最新4巻では英軍S.A.Sの部隊との話のようです。

2014年9月21日 (日)

桜花公園

Pap_0001某テレビ番組で、特攻機の桜花が保存されてる所があるのを知って、機会があれば行ってみたいと思っていた。 調べてみると、場所は目立たないので、少々分かり難い所でもありますが、下調べすると茨城県鹿嶋市の、数回通ったこともある場所でしたが、今まで全然気づくことはなかった。 この画像の反対側に格納されています。
Pap_0004掩体壕と呼ばれる、壕を小高い丘のようにして発見され難くなってます。 桜花自体もかなり小さいので、壕も小さく、ここに飛行機があるとは分かり難いでしょうね。 管理人もいないので壕には柵があり、画像は全体を撮るのが、ちと難しいですね。 爆薬とロケットだけの機体なのでホントに機体が小さくて驚きました。
Pap_0005こちらの角度の全体が写り難い。 操縦席の人間のサイズだけは変わらないので、それでも小さくしているのでしょうが、キャノピーを見る突出しているよにも見える。 「展示は実戦に使われた櫻花一一型」や、「復元機を置きました」など表記されている案内版があり詳細は良く分かりません。

Pap_0007この辺を見ると小ささが良く分かります。 公園となってますが、遊具とかは特になく、広場と言う感じで、植樹された木や、記念碑、お焼香出来るがスペースがありました。 今年の初夏位に立ち寄ったのですが、桜花の役割を考えるとただ見れたというよりも複雑な感じを受けました。

2014年9月15日 (月)

俺たちの昭和マガジン

1410654818049七月頃に発売していた雑誌。同じく雑誌の「昭和40年男」もなかなか面白いので目にしますが、この雑誌は単発の本なので、背表紙だけが見えるところの棚の雑誌だったので、暫く気づきませんでした。 この手の本は懐かしい物が載っているだけの似通った本も多く内容次第でしたが、特撮、お笑い、ドラマ、歌手などなど多数の方のインタビューが載っているのが貴重なので購入。 「昭和地下秘宝館」は他ではあまり見ない企画。 紹介されてるアニメのキャシャーンは、ガンダムより以前に量産型ロボットが出てきたりリアルな作品でしたが、当時見たきりでうろ覚えな作品でしたが、再認識しました。 この記事、第1回となっているので、定期的に刊行されるのか?。 オールカラーで価格がこんなに安くていいのか、不思議。

2014年9月 8日 (月)

ワンフェス2014夏へ 4

Pap_0019メディコム・トイのソフビ達。 テレビバエは当時も異色な感じでしたが、テレビが目になっているデザインが好きでした。 ライダーや、くも男もそうですが、程よいディフォルメ感がいいです。 現代にテレビバエが蘇ったら頭のアンテナは無くなって薄型で液晶になってしまうのでしょうか。coldsweats01

Pap_0020同じくメディコム・トイのガールズ&パンツァーから可動フィギュア。 RAHだと1/6だと思いますので、戦車もデカかったです。







Pap_0021ショウエイの電動エアーガンのMG42。 大変人気だったようで、開始から入場者の為に動かしまくっていたら、破損してまったとのことで展示品のようになっていたところ、この後お話しながら頑張って動かしてもらえました。  リコイルもあって電動なら安定して長い時間動くでしょうから、待たれていた電動化だと思います。




Pap_0022エクスプラスのバルタン星人の円盤のソフビ。 オマケのミニバルタンがいっぱい付いてていい。  自分が子供の頃、このバルタン星人たちは初代バルタン星人の子供たちが復讐に来たのかと思っていた頃がありました。 その後新マンのバルタン星人はジュニアなので、そうなんでしょうが、その後になって二代目、三代目・・・とか定義されていきますが、二代目バルタンの回に登場する多数のバルタンは○代目とかに入れてももらえることもなく、いれてもらえたとしても二代目の回に登場しながらも、姿はマルサンのソフビなので、初代のくくりになってしまうのでしょうか。coldsweats01

Pap_0023これにて終了します。 主催の海洋堂のカプセルトイは、やはり小さいものでも細かく良くできてる。 この他にも多数のブースを足が痛くなる位、堪能できました。

2014年9月 1日 (月)

実相寺昭雄研究読本

1409544509028実相寺氏の単独の研究読本が出ていた。 自分はセブンの監督作品が特に印象に残ってますが、読んでみると当たり前ですが、特撮以外の知らない作品も多数関わられている。 怪奇大作戦の「京都買います」はビデオが普及し始めた頃に、まだセルビデオなんてなかなか高くて手が出にくい時代、宣伝映像が多く入ってましたが、京都買います一作品を4千円前後位のサービス価格で販売されていたので購入したのを思い出します。 どアップ事件の話や、今では見るのは困難だと思いますが、特撮でないドラマ作品で、音楽が冬木透の作品が結構あり始めて知り、見てみたい。 セブン読本と同じく関わりのあった方々の膨大なインタビューがある。 ここ最近のインタビューではなく、随分前の未発表のものや、もう亡くなられた方、現在高齢の方など、貴重なインタビューが掲載されてます。 他の作品と同様な解説といった内容ではないですが、セブンの例の話についてもいくつか載ってます。 表紙の写真は氏が亡くなる一か月前に撮られたウルトラマンとのことで、シルバーの感じと陰影がとても美しい。 中表紙にもう一枚、氏らしいどアップウルトラマンの写真あり。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ