« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月29日 (火)

スーパーフェスティバル69へ

1443492267474今のペースでブログを進めていくと、記事になると季節が変わってしまうので直近の記事も合間に入れていきます。 9月27日に開催されたスーフェス69に行きました。 ウルトラ警備隊のマグネットのマーク。 車に貼るような大型の物ではないので、これくらいならその辺に貼っていてもかっこよさそう。

1443492256647ウルトラホーク1号が分離したα、β、γ号。 70センチ級ということで、かなり大きく迫力がある。 合体も可能。



1443492229867当日は新マンのアーカイブということで、きくち英一氏や池谷仙克氏らがゲストで来られるとのことでしたが、午前中天候が悪く自分の出発が遅くなり拝見することが出来ませんでした。 当日は天気が良ければ模型ホビーショーもはしごしようと考えてましたが、スーフェスのみ参加しました。 画像はM1西村氏の新マン関係の当時物コレクション群。 すごい。
1443492245072当時、自分も持っていたような雑誌、玩具から、実際撮影に使用された物から、台本などなど。 開かれた飛び出す絵本のシーンを見て当時持っていたのを思い出し懐かしい。 開田裕治氏もゲストでいらしてて拝見出来た。

2015年9月25日 (金)

ワンフェス2015夏へ 1

1443144416527季節も変わってしまいましたが、ワンフェスも行ってます。 フィギュアや車輛を使ったDデイ ファイヤーファイト。 ファミコンが登場する以前の、アバロンヒルのウォーゲームなんかを思い出します。 箱絵が妙にそそる中上級者向けなんてのを購入していざ始めようにも、まずあまりに膨大複雑なルールを覚えなければならず、途中で挫折。 初心者向けのタイプや、バンダイのウルトラマンや出版社発行のブック型の戦国物なんかやりました。 一時期は様々なウォーゲームが販売されていたので一時代を築いてました。 当時もコマが立体だったウルトラマン(無彩色怪ケシでしたが)は臨場感があって良かったので、フィギュアやリアルなボードを使ったタイプは臨場感がある。
1443144442418ジオクレイパー。 この広がる都市群はベースにビルやら建造物をはめてブロック状のパーツをどんどん繋げていけば、広大な都市が出来るものでブースに展示されていて圧巻でした。 サッカー場のミニチュアがオマケにもらえました。
1443144621506魚類の骨格標本。 各々クリアーケースに納められているのでただ標本を飾っておくのとは違って、積み重ねなんかも出来る。


1443144532584紫電改のマキは、知りませんでしたがタイトルで紫電改のタカを思い出す。紫電改のタカは一度読んだことがありますが、もう随分前なので話も忘れました。 画像はマーキングにインパクトあり。

1443144555542メガヌロン。 昆虫タイプは装甲的でカッコいい。 ラドンも随分見てないですが、人間大サイズのメガヌロンが民家を襲うようなシーンは怖かったけど、子ラドンのエサなので山をせっせと上っていってラドンに襲われるようなシーン小さくてかわいく感じたような記憶。

2015年9月13日 (日)

デイトナ コンパクトジャンプスターター

1442130910565デイトナのバッテリー上がりの時等に接続してエンジンを始動させることが出来るコンパクトジャンプスターター。 近くのバイク用品店で一割引きで購入出来る期間に思い切って購入。 バッテリー上がりは過去、車で何回か、ハーレーで危うい時が数回。 最近は冬はヒートジャケットで電力を使うので、購入を考えていた。
1442130894154ただいざというときの為だけだと、使うか使わないか分からない物を買うのはかなり抵抗があるけど、これは、モバイル充電も出来るし、LEDライトも内蔵されていて、重宝しそう。 サイズは5インチ程度のスマホよりも一回り位小さい位のサイズでコンパクト。 カー用品店でもデイトナ製ではない同様の仕様の物が販売されていた。
1442130874444ライトは点灯、点滅が2タイプ。 夜間での使用時に助かる。残量も確認可能。 表面処理も光沢感がある。 持ち出す時に充電量さえ気を付けていればひとまずは出先での安心感を得られる。

2015年9月 9日 (水)

MADMAX 怒りのデス・ロード 鑑賞

1437273715639マッドマックスも公開直後に勿論鑑賞。 色々なタイプの鑑賞が選べたけど、字幕で3Dが見られるIMAXで鑑賞。 一般の3D版は見てないので比較しようもないけど、IMAXは今時にしては映画館は広いしスクリーンも大きいので3Dも迫力が感じられる。 価格が少し高い。 IMAX専用の3Dメガネは貸出なので安心。 画像はここの映画館に展示されていたオートアートのインターセプターのスケールカーとフィギュア。 フィギュアなんかは結構年代物になりつつあると思うので、置いてあったのがびっくり。

1441772567213前売り券、特典のステッカーやチラシ類。 もうDVDなんかも発売日が決定してるけど、どのタイプを買えば納得いくのか不明な状態。 マッドマックス3の砂漠感に2のカーアクションみたいなイメージを抱いて見に行ったら、始めっから、登場したインターセプターに興奮。 公開前に言われていたようにあっけなくやられて、その後は・・・。 トーカッターが出ているも嬉しい注目点ながら、役だと空気清浄器?を装着しており顔が見えに難く、あまり本人だと言う実感が薄かった。 

1441772588121いくらだったか忘れたけど、豪華パンフ。 旧マッドマックスのトリビアとか、当時の貴重なイラストとかも掲載されてる。 劇中の車輛で個人的にやられたのは、士気を高めるような、ギターをかき鳴らしたり、太鼓を猛烈に打ち鳴らすドラム・ワゴンや、振り子のような攻撃で自在に暴れまわる棒飛び隊のポールキャッツや、イワオニ族のバイクの地形を利用した4輪へのなるほどな攻撃方法とか、思いつかないような仕掛けがいっぱい楽しめた。 他にも多数の車輛が出てくるけど何故近年の車輛が使われていないのかも納得出来る話。 さて映像は、どれ、あるいは何種買おうか・・・。

2015年9月 6日 (日)

ドムとうふ

14415034046848月に行ったキャラホビ2015でも販売されていた、トリプルドムとうふがスーパーで売っていたので購入。 ザクとうふは知ってたけど、知人に画像で見せてもらったりするものの、自分の立ち寄る範囲のスーパーで時折見ても売ってなかったけど、ドムとうふが売っていた。 マッシュ、ガイア、オルテガの三種のチョコレート味。 チョコ味のとうふってどうよ、って感じだったけど、食べてみると意外と好きな感じ。 ドムの型からひっくり返して出してみてもプリンのような出方はしないので、姿はベタって感じなので、2個目からは裏返してすくって食す。 カロリー表示が無いので不明なものの、プリンとかと比べてカロリーが大分違うなら代用ダイエットとかで売れるかも。 1個あたりの単価が少々高いのがネックか数日したら割引き販売されていた。 要冷蔵物なので仕方ない。 ドムの型も両手握り、ヒート・サーベル、ジャイアント・バズと差をつけてる。  

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ