« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月27日 (月)

マグニフィセント セブン 鑑賞

1490589688034西部劇はほとんど見たことがなく、その昔、~ロードショーと言ったテレビでの放送があったとしても、あまり見た記憶もないのですが、荒野の七人すらもタイトルや七人の侍をリメイクした位の知識しかない位でしたが、DVDで今になって見てみましたが、なんとも豪華なキャスティングですね。 で、新作のマグニフィセントセブンを鑑賞。 タイトルは荒野の七人の元々の英題と同じなんですね。 画像は前売り特典のマルチツール7カード。

1490589689145ムビチケカードとツール。 分厚い鉄板で結構頑丈な造り。 錆々仕上げ加工がされている。 荒野の七人とマグニフィセントセブン自体も大筋以外はかなり変化があって、ただのリメイクだけではなくなってる。 出てくるメンバーが時代的に変な意見もあり、なるほどそう感じますが、まぁ割り切って楽しみました。後半のある兵器が出てきてからの展開が凄いことになってきますね、 敵ボスの悪逆非道ぶりが植えつけられるので、敵がやられていくのは手に汗を握ります。 荒野の七人とマグニフィセントセブンを見て、七人の侍の菊千代に匹敵するほどのキャラがいないのと、七人の侍は七人を集めるまでの流れやそれぞれの際立った個性があって感情移入しやすかったので、やはり侍は偉大に感じます。 それぞれ映画を見てると、様々なシーンで「あっ、これはあのシーンだ・・・」と思ってさらに面白いですね。

2017年3月18日 (土)

アルティメット ルミナス ウルトラマン02

1489804093862テレビのCMで、このガシャポン知りました。 フィギュア的には、もう飽きる位表現されてきたので目新しさは無いものの、このサイズで(ガシャですが、HGよりは大きい)劇中で発光す箇所が光るようで、気になって購入。 気づいた時には2弾のセブンが売ってたので、何個か回すが後々恐ろしいことに・・・。

1489804086641ふくろう団地みたい。 こんな具合に情景に使えそうな発光する団地もラインナップなんですが、当初これはハズレ的な物なのか、とも思ってましたが、実は発光させられるルミナスユニットが内臓されているのは、この団地だけ。 上のセブンやダイナはルミナスユニットが付属されてないので、団地が出ないと只のフィギュアと化します。 

1489804077427フィギュアとルミナスユニットがあれば、セブンもこんな感じで光るので、とても臨場感が出ます。 ユニットはセブンの腹部の裏側に仕込むんですが、それで頭部がここまで綺麗に発行するのはよく出来てますね。 問題は価格と販売方法。 一個500円と高額ガシャなので、自分の場合団地があまり出ないので、結構な数を回してしうことに。 日にちをおいて回しに行っても改善しないので、かなりのフィギュアを抱えて諦めることに。 団地ばかり出て困っている人もいるのだろうと思うと、やはり額がデカいので食玩で選べるようにしてほしかった。 もはや初弾のマンもやる気がおきず、ネット販売の弾もやめました。 考えるに原価がかかる物なのでセット売りだとネットの弾、位の価格になってしまうということなのでしょうね。 アイスラッガー、取れます。

2017年3月12日 (日)

パラワンオオヒラタクワガタ

1489284899928子供の頃はもちろん夏には甲虫に夢中になって夏休み等夢中になって捕まえてましたが、オオクワガタともなると簡単に見つけられる種類ではなく、虫は買うのではなかった地域にいてもオオクワガタは恐ろしい値段で売っていたりで子供にはとても手に入れられる種類ではなかった。 近年、ヒラタ、オオクワとか育てる人や、外産から入手できるようになって、大きなサイズのクワガタ、カブトでも入手し易いようになってるようですが、見に行ったりもしたものの結局買うことはありませんでした。 いまでも甲虫は好きですが、外で捕まえる機会があっても、環境を整えて飼おうとまでの気がおきなかったからでしょうか。 これは食玩のパラワンオオヒラタクワガタ。 クワガタ界の怪物登場とパッケージにある。 軟質で色わけ部分もあるものの本体の色味はあまりよくない。

1489284893015この他にもクワガタ、カブトムシがあと4種あり。 昨年買ったので今はもう売ってないか、食玩の定番のようにも感じるので、また季節になると売ってるかも。  足や羽は可動するけど、肝心の大あごは動かなくてかなり軟質。あごだけで4センチ位あるので、硬質で可動だったりすると折れやすいことへの配慮でしょうか。 最近も外来種のクワガタが特定外来生物に指定されたとか記事を見て、こうなるのは分かっていたでしょうと思いつつ、入手しやすくなってるようですし、人気があるのもわかるのですが。

1489284886690個人的にこれの難点は実物よりデカすぎなんじゃないかということ。 画像とか見ても実物は確かにデカいですが、画像のミヤマクワガタは海洋堂製のわりと実物大的なカプセルトイですがこれでわかると思います。 ビッグサイズがうりのようですが、プラモデルとか実物より小さいサイズで再現する物になれてしまっているせいか、実物を超えるサイズには馴染めないようです。 例えれば大きくて迫力があると、実物の1.5倍サイズのガバメントのトイガンが発売されても買わないよなぁ~。 昔、「1/1サイズプラモデル」というシールを貼ったホンダCM250Tを出先でみかけたのを思い出しましたが、「んッ?」一瞬見入ってしまうので、これはセンスがあって面白いな、と当時思いましたね。

2017年3月 5日 (日)

超合金 ハローキティ

1488685642492知人のハローキティ好きな人もひょっとして知らないかもしれないと、サプライズでプレゼントでもしようかと思っていて渡すタイミングななくて、3年そのままになっていた超合金 キティちゃん。 箱も20センチ位あって大きい。









14886856576692頭身位ですが、頭部が合金なので、ズシリと重い。 頭、手、足などなど可動部が非常に多く、飛行、水中、走行モードなどパーツをくっつけての変形が可能。 ロケットパンチも飛びます。 頭部のハッチの中にミニキティを載せることも出来ます。 ロボットのようなのでマジンガーな感じですね。 その後、マジンガーZのハローキティタイプも出ましたね。 操縦席の中のボタンを押すと目が変わって怒ったりの表情を現せます。 






1488685676676お馴染みのポーズも難なくこなせます。 本体も11センチ位あるので、結構大きいです。 可動部はクリックされて動くので、ブランブランとかユルユルとかはないので安心ですね。 

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ