« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

マルシン FN Five-seveN Amazing Toy

Kimg0021マルシン工業のHPを見ててFive-seveNのCO2ガスブロのBB弾発射機能を排したブローバックの動きのみ堪能出来る排莢は出来ないもののモデルガンのようなアメージングトイが発売になると知って、こういう物は好きではあるけど、マルシンのFive-seveNのCO2のエアーガンは持ってるし、何より好きなデザインではないのとで、目新しくないので迷ってました。 見た目の差はありませんが、右側がアメージングトイです。

Kimg0022生産数が少ないようで、試作、実験的な商品にも感じるのと、こういうのを出してくれる意気込みと、両者比べてみたいなという気持ちから入手。 モデルガン扱いなので対象年齢制限もないようなので購入出来る枠は広がりますね。 両者の違いは主に、バレルの口径が6ミリBB仕様と違い、5.7ミリ位を再現されてるのと、ブローバックが連続して楽しめるようにスライドストップが掛からないようになっているのと(手で上げれば掛かります)、当然ながらバレルは詰まってますし、マガジンは画像のように型は同じようですが、バネが入ってない方が、アメージングトイ用のマガジンです。

Kimg0023正直購入してから、数回作動させて以来いじってませんでしたが、今回両方を出してみて試射してみました。 両方を手に持ってみて連射し続けてみた結果、BB弾は装填してなくカラ撃ち状態でしたが、エアーガンは約90回位で弱まってきました。 アメージントイは160回位は作動しました。 この辺は書かれていたように燃費は良いようです。 作動に関してはキックは相当強く感じて感動物でしたが、連射に強いとは言え段々普通の只動くだけのブローバックになっていきます。 160回作動といっても終盤は弱弱しくなってしまいますね。 両者のブローバックの作動感は言われる程の差は感じられませんでしたが、両方とも強いキックには変わりはありません。 もちろん、フロンガスタイプとは動きに関しては比較にもならないでしょう。 重量はマガジンがないと軽すぎですが、材質のおかげでしっかりしてると感じます。 マガジンは互換があるので、エアーガンを持ってる人用にアメージングトイのマガジンだけ単体売りもあればと思ってしまいましたが、それだとアメージングトイの販売に影響が出てしまうでしょうか。

2017年7月23日 (日)

ビンテージバイクキット GSX1100S

Kimg0017エフトイズの食玩。 1/24サイズの塗装済み半完成キット。 スズキのカタナで全8種。 もう発売から暫くたってますが、自分の行くようなスーパーでは見かけないのですが、初めて行った所に戦場まんが・・・とか、ゼファーχとか、割と食玩に力を入れているような所で試に一個購入。 スーパーの価格で500何円とかだったので、ガム一個の食玩と考えると高いか、はたまた内容を見て妥当と思うかそれぞれですが、タイプが選べるなら良いですが。 どれでもよかったのですが、自分がひいたのは07 SYタイプ。 当然ながら専用の説明書ではないのでタイプの特徴が書かれたイラストでタイプを探しますが、デカールに書かれているナンバーでも判読できます。 それにしても小さな多数のパーツがちゃんと塗り分けられてます。 一番手間のかかりそうなエンジンとフレーム部は造られてます。
                            
Kimg0018調べてみてもこれを完成させるのは結構大変そうで、お菓子売り場で買えるとは言え、知らずに買うと精密さに驚いてしまいそうです。 組み立て工程的には解説書を見てもさほどの箇所はないのですが、小さなパーツを切って取り付けて固定させるのは根気がいりそう。
Kimg0019_2シリーズ化されているので、ある程度の年数販売されていてカラーリングや年式わけで何タイプかあるようなら出そうなので、エヴォリューションのFATBOYも出してほしいですね。

2017年7月18日 (火)

ハクソー・リッジ鑑賞

Kimg0011メル・ギブソン監督の映画で、今も公開中と思いますが、観客動員ランキングのような順位からは早々に見なくなりましたが、戦場のシーンはCGを避けてるにもかかわらず、音響やカットに迫力があり、見ごたえがある。  米軍側には人間ドラマがあるので、感情移入出来ますが、日本軍は日本語など場面で聞こたりしますが、ほとんど兵隊としてしか出てこないので、日本人だと日本軍側にも気をとられそうですが、それもあまりないです。入隊して、かたくなに武器を持たず、戦場でも武器を手にせず、衛生兵として周りから理解も得られない主人公の立場で観てしまいます。 あと一人あと一人・・・と力の限り仲間を降ろしてシーンが記憶に残る。 実話としてあの降ろし方が実際なら、手が痛くなるじゃすまないでしょうね。 画像はチラシ、ムビチケ、前売り特典の弾丸が十字になってる、ブレットクロス。 この特典、当初大きさがよくわからなかったのですが、ライフル弾よりかなり小さいサイズです。

2017年7月 9日 (日)

松本零士 戦場まんがコレクション2

Kimg0008_2

Fトイズの1/144スケールの塗装済みのキットモデル。 この手の食玩キットは人気なのでしょう、いまも続いてるよう。 それこそ、当時はDVDはおろか、ビデオも無い時代なので戦場まんがシーリズ等、何度も読みふけりましたので、このライインナップの中で、衝撃降下90度のキ99狙いで1個だけ購入。 しかし出たのは、わが青春のアルカディアのメッサーシュミットBf109G。 別に外れってわけでもないんですけどね。 Ta-152でも良かったです。

Kimg0009_2結局、数か月経っても造ってませんが、単価も結構するのでやはり丁寧に塗装されてますね。 デカール、解説書もついてます。

2017年7月 3日 (月)

S.H.Figuarts Vマシーン

1499052621375仮面ライダースーパー1は知ってはいましたが、世代ではないのでまともに見たことはないのですが、ハーレーとオフロード車を使い分けてること位は知っててS.H.Figuartsでスーパー1とVマシーンが出るとのことで、と言うことはショベルヘッドのハーレーだと言うことで、Vマシーンの単体を購入。 
1499052608300プラ製で、エンジンの塗装感は今一つながら、エンジンの外観はとても丁寧に造られてます。 しいて言うと特徴的なネジの頭が無いですが、全体的にかなりの再現度です。 これだけの為に埋もれさすのはもったいない位。 外装の塗装やデカールなんかも細かく再現されてますね。
1499052630035FLHのデザインは今でもシルエットは変わらないので不変なデザインですね。 上部から見てもタンク、メーター周りなんかも丁寧に再現されてます。 この時代はシート高が高いようで、多分またがり難そう。 この時代ではハイテクだったナビのようなレーダー辺りもモールドで再現。
1499052651370番組の記憶は当然ながら全くないので、あらためてDVDで初期を見分。 劇中同様可変することが出来ます。 良く出来てる。 前のカウルが横に開いたり驚きのシステム。 側面のシールドは乗り辛かったようで、直ぐに外されてしまったよう。 
1499052639080後部もここまでノーマルから可変で再現されてます。 どうにも前や後部から可変して見える部分は、なんかラジカセっぽくみえてしまうのは自分だけ?。スーパー1はもちろん、主人公の役者さんも自ら運転し、地下へ曲がりながら走っていったりスムーズに運転されてる感じでした。 パーツをいくつかばらしてパッケージされているので、結構部品を付けたりします。 
 

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ