« 2018年1月 | トップページ

2018年2月19日 (月)

モデルガンクロニクル

Kimg1250アームズマガジン発売前日位だったと思いますが、なにげに書店で見かけて、パラパラと見てみて、ビンテージモデルガンの紹介は恒例ですが、前半60ページにも及ぶMGCの記事、MGCクロニクルが興味深く購入。 モデルガンに興味を持ったのがSMG規制のちょい前位なので、70年代半ば位までは、良く分からない時代だったので、歴史が解る。 資料としては、当時でも過去のMGCヴィジェールとかの冊子は随分長い間、多分在庫が有る限り販売されていたので、古いモデルガンを写真で眺めることは出来たので、どんなモデルガンがあったのかは知ることが出来ました。 クロニクルに出ているチラシは、過去のチラシを多数譲って頂いた事が昔あって大半のチラシも一時期所有してましたが、今はもう手元にありません。 表紙のMP-40はチラシではなく大判で二つ折りのカタログとも呼べそうなタイプで見ごたえがありました。 既に買うことの出来なかったモデル達のチラシだけでも貴重でした。 52年規制後、暫くしてからぼちぼち自分の小遣いでモデルガンを買いに行ける年になって直営店でしか買えなかったMGCにアメ横、新宿、渋谷と楽しみに行ってましたね。 特にアメ横は他のモデルガン店もいっぱいあったので聖地なイメージでした。 そんなにお金も持てる年でもないのでMGCにはチラシが積んであったのでよくチラシを頂いて帰ってきました。 新製品のチラシがあった時は特に良かったですね。 電話でのMGCテレホンニュースなんてのもあったのでこちらも時折更新されて楽しみでした。 今でも電話番号覚えてます。w 本を読み終えて懐かしい時代が蘇ってきます。

2018年2月12日 (月)

第45回東京モーターショーへ ③

Kimg0386この時は市販予定モデルでした、Goldwing Tour。 先々代のGL1500を所有してましたが、それから比べると、ビッグサイズはそのままに随分洗練され最新のメカニズムに進化してますね。


Kimg0405ヤマハMOTOROiD。 確かに自分でスタンド出したり自立してました。 MOTOBOTは人間の操縦に、まだまだ勝てないとはいえロボットが自分で操縦してコースを走る映像は衝撃的でした。 モトターミネーターが現実的になってきますね。

Kimg0406TRITOWNはLMWと言う機構を備えた前2輪の簡単快適な小型な乗り物のようで現実感もありそうで、あると楽しく便利そう。



Kimg0415NIKEN。 水冷直3と言う大型エンジン搭載車。 足回りがメカメカしくて好み。




Kimg0485フォルクスワーゲンのI.D. BUZZ。 タイプ2を思わせる窓の感じやカラーリングが目にとまりました。

ポチッとよろしく!

2018年2月 5日 (月)

S.H.Figuarts ダダ

Kimg1226ウルトラシリーズには個人的に怖いとか、恐怖を感じる怪獣・星人が幾つかいますが、その中でも個人的にはダダ。 劇中のミステリアスな展開で、ダダに追い詰められていく中、急に現れたり怖すぎる。 妙な顔立ちで三面も持ってるし、体の幾何学文様は今では優れたデザインに見えますが、ある意味気持ちの悪い柄。 鳴き声?や音もそれに輪をかける。後半になっていくと、人間にも足を払われただけで、すっ転んだり、消え隠れ出来る分、素早い動きはなく、「だめだ、ウルトラマンは強い。」のセリフ通り戦闘能力は低そう。 巨大なミクロ化器も付属。

Kimg1225ダメージ顔バージョンも付属。 この顔もインパクト強すぎます。 細かい部分でダダが人間大の時に追い詰めてくる時の、撮影の時の自然光のあたり方が絶妙。 怖いといっても、娯楽性の回が多いウルトラマンの中でもダダは印象に残る好きな回です。 





Kimg1220劇中での弱そうにうごめくシーンも再現出来ます。 ダダー。 もう一面の顔ももちろん付属してます。

ポチッとよろしく!

« 2018年1月 | トップページ

最近のトラックバック

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ