« 東京モーターフェス2018へ ① | トップページ | 東京モーターフェス2018へ ② »

2018年11月13日 (火)

パンツァー 完全版

Kimg1935_2復刊ドットコムは懐かしい書籍や希少な書籍が少々値が張りますが新刊で購入出来るので、時折チェックしてますが、上田信のパンツァー 完全版を購入。 1960年代に連載されていた劇画ということで、読んだことも中身も知りませんでしたが、発売前から気になってました。 独軍をメインにした劇画というと、どうしても小林源文の作品が浮かんできてしまいますが、パンツァーはもっとずっと以前の作品として存在してたんですね。 文字も大きく振り仮名も振られていたり当時とかだと小学校高学年位からでも解り易く読めそうな感じに作られているようで、読みやすく一気に読めてしまいます。 大戦を追いつつ物語の柱に独中尉に恨みを持ち執拗に追い回す敵兵が話の軸になっているのが印象的。 現在の絵のタッチで描かれた描き下ろしパートも読めます。

« 東京モーターフェス2018へ ① | トップページ | 東京モーターフェス2018へ ② »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンツァー 完全版:

« 東京モーターフェス2018へ ① | トップページ | 東京モーターフェス2018へ ② »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ