« パンツァー 完全版 | トップページ | プラ製 無可動 CMC ダイアモンドバック »

2018年11月18日 (日)

東京モーターフェス2018へ ②

Kimg1870ロードスターも最近は見かけなくなりましたが、この時代の車ではまだまだ見かける方だと思います。 歴代のなかでも初代が好きなデザインですね。 ユーノス、オートザムとかマツダではなく販売チャンネルがいっぱいあってバブルな時代でした。

Kimg1872日産パオ等のパイクカーと呼ばれた特別な少数生産の車も結構人気がありました。 なかでもパオは軍用車っぽい筋な感じやヒンジの感じが好きでした。


Kimg1873トヨタ、セラもガルウイングで話題でした。 デザインがフツーな感じでそれほど普及しなかったようなイメージがあります。 解放感がありました。 実際にはないと思いますが、当時窓枠付けのドリンクホルダーとかあったので知らずにつけてドア跳ね上げてこぼす・・・なんて笑話もありました。

Kimg1888このシルビアは人気でカッコ良かったですね。 今、こんなに綺麗な状態でノーマル車が見られて良かった。 時折見かけます。



Kimg1889GT-Rは当時からも今も人気衰えないですね。 むしろGTSとかの方が現存が少なそうです。 この他にも多数の車が展示、実際に販売もされてました。 またバブリーなイベントやトークショーなんかあって楽しめました。 今回で終了です。

« パンツァー 完全版 | トップページ | プラ製 無可動 CMC ダイアモンドバック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133039/67393030

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターフェス2018へ ②:

« パンツァー 完全版 | トップページ | プラ製 無可動 CMC ダイアモンドバック »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ