« タナカ M1897 トレンチガン  | トップページ | ウルトラ怪獣名鑑 新たなる挑戦編 »

2019年4月28日 (日)

特撮のDNA展へ ③

Kimg2109_2 ジェットジャガーの頃は、怪獣映画より違うヒーローに興味が移っていた頃でもあり、当時映像で見た記憶があまりなく、特にこのデザインは子供心にもあまりカッコいいとは思いませんでしたっけ。 メガロは甲虫イメージで好きでした。

Kimg2111 最初のモゲラは雑誌とかで写真で見る位で凄くカッコいいのに映像で見る機会がほとんどなく、それが却って幻っぽくて良かったのですが、後々に本編を見ると登場シーンが少なく、もったない存在だと思っていたら、ニューデザインになってうまく蘇りました。

Kimg2114 メガロもそうですが、やはり昆虫をモチーフにした怪獣はどれも惹かれます。

Kimg2124 ミニラは怪獣とかに興味を持つ頃には既に存在していたので、普通に受け入れてましたね。

Kimg2115 こんな小道具もありました。 弾があると更に雰囲気が出ますね。

« タナカ M1897 トレンチガン  | トップページ | ウルトラ怪獣名鑑 新たなる挑戦編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タナカ M1897 トレンチガン  | トップページ | ウルトラ怪獣名鑑 新たなる挑戦編 »

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ